自分に必要なお金はいくらだ?

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

昨夜は考えさせられました。

 

お金のことについて!

 

「今年中にいくら貯めたい」という話から、

何故のその金額なのか、

何に使うのかという話の流れ。

 

遠ざかっている社長連中とは別に、

今も尚、仲間と呼べる方々と飲んでいる時でした。

 

そりゃあればある程嬉しいのは間違いがなく、

ないよりはあった方がいいのは間違いがない。

 

 

 

思い起こせば、結婚したのが95年。

 

それまでは、お金なんて生活が出来て

遊べるぐらいで満足していた。

 

それよりも認められたい思いが強かったのを覚えていて、

肩書、サラリーマンでは役職が欲しかっただけ。

 

結婚式が2月。

 

その前に起きたのが

阪神淡路大震災。

 

当時、結婚するために横浜から

名古屋に異動してきて、

新居や家具、結婚式の資金に

かなりのお金が必要だった頃。

 

知り合いも被害にあっていたし、

とにかく財布の中の小銭は毎日募金箱に入れていました。

 

その他にも銀行振り込みで1万円位。

 

お金がない時だったので、

自分ではいっぱいのお金でした。

 

ただ、急な生活の変化を余儀なくされた方と

これから結婚するという私の温度差。

 

なんとなく、落ち着かなかった。

 

16年後。

東北大震災の時。

 

ちょうど岐阜に単身赴任をしていました。

 

サラリーマンの2重生活はお金が掛かるし、

私立に行きたがった子供の学費に

お金が飛んで行ってしまった時だった。

 

それで生活費の中から

1万円を捻出するのがやっと。

 

建設機械を扱っていた事もあって、

知り合いは東北へ向かっていた。

 

自分はといえばお金も時間もなく、

そんなことは出来ないと感じて落ち込んでいた時。

 

これが自分にとっては決定的でした。

 

普段は感じないのであるが、

いざという時にお金を出せる余裕。

時間が使える自由。

そして正しい情報。

 

私には、この3つとも備わっていなかったから。

 

 

そして2016年熊本地震。

 

紙おむつやトイレットペーパー、そして水を

軽トラックいっぱい分を直後に送った。

 

避難所までの配送方法の情報が入って来た。

 

必要物資を集めるのも、

東海地区では購入も限定されていたが、

そこは情報戦で集めることも出来た。

 

運送業をしていた事もあって

配送方法も他の方よりも上手く行ったはず。

 

まだ必要物資が不足しているといいながら

被災地域に入れる車両は限定されていて、

配達するのもままならなかったと聞いていた。

 

 

その他募金も出来て、

なんとなく過去の自分の呪縛からは解き放たれた感覚があった。

 

 

つまりそれだけのお金は常に持っていたい。

何かあった時にすぐに出せるお金。

 

情報や、時間だけあってもお金が無ければ

何も出来ないと考えているから。

 

あとは、死ぬまでの生活費。

子供に残すは、わずかで

それよりも生き抜く知恵を残してやりたい。

 

そして夢は学校を持ちたい。

もしくはそれにかかわる仕事。

 

それをあと5年ぐらいで達成する。

 

 

学校に関しては伝もあるし、

なんとなく実現できる。

 

あとは、自分が必要な分を兎に角短期間で稼ぎ、

身体も頭も柔軟なうちに達成させる。

 

 

そんな話を飲みながら話をしていた。

話せば話すほど、

自分がやらなきゃいけないことが山積み。

 

深夜2時ごろ

徒歩で帰る途中に頭の中で整理した。

 

本来ネットビジネスに理解を示さない人達との

飲み会程、苦痛なものは無く、

「今何やっているの?」と聞きながら、

絶対に理解をしようとしない社長連中。

 

それとは違って、

理解をしてくれる仲間との飲み会は

自分にとってはビタミンと一緒で、

無くてはならないと思えます。

 

ただ理解してくれるのは

1割程度。

 

この1割を仲間を探すために、

今年も話し続ける必要があるのかと。

 

ただ、出来た時には私に圧倒的な力を与えてくれる。

 

なんとなく仕入れる商品をみつける

リサーチに似てなくもないが  (笑)

 

ビールと焼酎のお湯割り、

スコッチと赤ワイン。

 

昨夜私の胃袋に入ったアルコール。

 

こんな燃料を摂取しながら

仲間作りも大切であると考えた。

こればっかりはパソコンの画面を通しては

出来ねぇ~なと。

 

ネットビジネスをしていると

人とかかわるのが苦手と考える人が多いけど、

やっぱり最後は人と人との関わり合いの中で

人は生きていくと思う。

 

だから、いくら時間がなくても

そんな時間を作れるようにはした方がいいと思います。

 

ただ、最初の3ヶ月から半年は、

集中しなきゃいけませんけどね。

 

また今回もオヤジっぽい話なのですが、

ご参考に!

 

今回はここまで

やまとでした。

 

 

 

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP