だから、あなたはカメラ転売でも血の海から抜け出すことが出来ないのです!

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

本日は粉雪が舞い散る中、
出張査定に行って参りました。

 

途中こんな所にも立ち寄ったりして・・・・。

IMG_5083
そもそもの始まりは、
ヤフオク仕入れをしている中で
知り合った方からの依頼です。

カメラやレンズを主に査定する事になっておりまして、
大きな買取や遺品整理等に伺うのです。

これがまた楽しい。

2ヶ月に1度、もしくは2度ぐらいのペースなのですが、
非常においしいのです(笑)

しかも今回は、かなりのマニアの方で
2眼レフの山。
大判中判も少し・・・。

Nikonのフィルムカメラが数台。

デジタル系のプロ機までありました。
しかも、まだ新しめのカメラ!!

プラス今回は、依頼者から気に入れられて
車の査定も頂いたのです。

車に関しては大雑把な経験はありますが、
査定士の資格があるわけでもないのです。

ですから、急遽知り合いの中古車屋さんに依頼して
価格の設定をしてもらいました。

依頼者の方も、高齢の方だったのですが、
「お兄さん気に入った!なんでもいいから引き取って!!」
という事だったのです。

まぁ紹介して頂いた方もいて、
話を通しながら行うのですが、
これがまた15万円以上抜けるような話になりましたし、
この日だけで総額25万以上になりましたね。
いつもはお店に出向いたり、
査定に同行したりしていただけで、
ヤフオクに売れるもの、ebayに出した方が良いものの
判断をして値付けをする。

カメラやレンズに関しては
優先的に買い取り価格を提示できるという商売。

ただ、それでも最高額は15万円程度だったので、
今回は大幅UPなのです。

コツというモノは、それほどないのですが、
依頼者(お客様)と話をしている時に
他者を寄せ付けないようにする事。

今回も相見積となる予定だったところが、
その場でキャンセルをして頂きました。
だから独占状態で、ほぼ言い値。

車は別として、カメラやレンズなどは
市場価格の2割から3割程度の価格で
買い取ることに成功しました。

もともと私はネットビジネスで培ったら、
いろんな手を考えて方が良いと話をしております。

例えば、リピーターの方との取引。
個人的な直接取引等々を行った方が良いと考えております。

利益も大きく取れますし、自分の商売の幅も広がる。

いつもは一方通行のやり取りが、相互のやり取りとなりますが、
安定的に利益確保が努められるという利点があります。
バイヤーさんとの直接取引などは
一気に売り上げも利益も確保できますしね。

ただ、皆さんはなかなか行わないのです。

販売できた商品に手紙を同封するだけでも
返答はあったりしますし、
今回の相手とは、
ヤフオクで商品を仕入れた時に
「他にはありませんか?」
と聞いた事によって始まった事なのです。

確かに、こんな一言やひと手間で
毎回反応があるはずもありません。

ただ、商売に繋がる様な話は
毎月1件以上は返信があったりします。

私は初心者の頃、
手紙の同梱やお礼状などを行っておりました。

最初は全く反応がなかったのですが、
そのうちコツを掴み、毎月数件のリピーターが
ある様になりました。

大きくないですか?
1年以上続けている私はリストとしては300件以上、
声を掛けてくれたお客様は70件に上ります。

すると、どんな事が起きるのかと言うと・・・。

なぜか自分が困っている時に、
「こんな商品ありませんか?」
って声を掛けてくれるのです。

買取も含めたりすると、1件に付き数万円以上の利益。
大きいのです。

あと100万まで、あと150万までに
数万円が足りないって時に、
決まって声を掛けてくれるのです。
もちろん、運もあるのでしょうが、
それでも無いよりはあった方が良いのです。

しかも、相手からの話は非常に楽に取引できます。

ほぼ画像を送るだけ。

後は入金をしてもらって
購入して発送するだけなのです。

ネットビジネスをしていると、皆さん右向け右で、
その先はネットショップの開設とか、
外注組織化等を考えます。

私ももちろん外注や小さいながらも組織化はしております。

しかし、顧客を作るという商売の基本を考える人は少ないのです。

そこに私は活路があると思うのです。

あなたがもし、ネットビジネスだからと言って
ドライな関係を望まれるのであれば
古い言い方ですがレッドオーシャンに飛び込むようなモノ。

血で血を洗うような競争の激しい所に飛び込むという事です。

すこしでも、ブルーオーシャンに行けば
もっと楽に商売が出来ると思うのです。

そんなブルーオーシャンはどこにあるのか!

それは人がやりたくない、やらない事に
ヒントは隠されていると思います。
今日は、私の成功事例でした。

今回は、ここまで
やまとでした。

 

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP