原点回帰・・・!

こんにちは、やまとです。

 

 

「自分を変えたい」と

言いながら、

「自分は正しい!」と

どうしても考えてしまう人間の弱さ。

 

言葉だけは、

「自分でも正しいとは思っていませんが・・・」と

付け加えてはみるモノの、

やはり変わっていない。

 

変わるのも自分で、

変わらないのも自分。

 

最後には『自分』でしかないと思うのです。

 

よく人間関係が上手く行かない人って、

「自分でも変わらなければいけないと思います」とは

言うのですが、

いつも、

「自分は~」と言葉が続く。

 

自分がやった事だけ、

自分が考えた事だけを

相手にわかってもらおうとする。

 

つまり『相手が何を考えているのか』を

考えることに欠如しているのですよね。

 

ボクシングの山根会長しかり。

そして若い子も同じ。

 

もう一つ共通点。

過去の反省をしない。

 

すべての『今』は『過去』からの延長にあり、

『未来』はコレからの自分。

 

これからなのに、『過去』のまま

同じ様にやっていたら、

変わることも変えることも出来ないのです。

 

だから、必要なことは

今まで『無意識』にやって来たことの

洗い出し。

そして『意識』的に変えるのが必要なのです。

 

 

とまぁ、自己啓発本からの

受け売りの様なことを投稿してみましたが、

結局、いろんな本を読まさせて頂いても

内容的にはほぼ変わらない。

 

ということは、

それだけ『自分を変える』ことが

苦手な人は多いのです。

 

 

リサーチも同じ!

 

私はいつも思うのですが、

やり方が間違っているって感じた時。

仕入れられる商品が探せないなって思った時。

 

なぜ、同じことを続けてしまうのか?

なぜ、やり方を変えることが出来ないのか?

 

ってことが疑問なのです。

 

変えるべきか、問題点を修正すべきかですよね。

 

ただ、コレって本人は

なかなか自覚が出来ないことなのです。

 

やり方は間違っていないと考えてしまうのです。

 

そうなって来ると、

どうしても『他』のせいにしてしまう。

仕入れ商品はないとか、

○○は儲からないとか。

 

実際私も同じでした。

出来ない時は、

『他』のせいにしてしまっていたのです。

 

そうなって来ると、

なにをしても上手く行かない。

 

結局、『スランプ』のような状態になってしまうのです。

 

そんな時にどうするのか!

 

それは過去のやり方を一旦強制的に止めるのです。

 

なぜなら『今』あるスランプ状態は

『過去』からの延長上にあるから。

 

そして一旦真っ白な状態にする。

 

それから、

出来ていようとも、

知っていようとも、

一から再度教材等を見ながら、

自分のリサーチ方法を再確認するのです。

 

 

すると、自分では出来ていたとか

知っていたと思えるような事も、

実は出来ていなかったり、

問題点が見つけられたりするのです。

 

コレを知っているだけでも、

実は仕入れも大きく変えることが出来る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そしてリサーチが出来ない人って、

かならず『過去』の

出来なかった『やり方』の延長で

無理やりやろうとするから

先に進まないのです。

 

たったコレだけのこと。

 

しかし、それも

正しいやり方や

リアルにやっている方からのお手本が必要。

 

コレが無ければ、

自分が行っているのが

正しいのか、間違っているのか、

判断も付きませんからね。

 

ですからコレ!

残り10席ほどありますから

是非ご来場ください。

================

【リアル】リサーチ勉強会

日時 9月8日(土)13:30スタート 開場は13:15
場所 東京品川駅周辺セミナー会議室
参加費 無料
~~~~~~

http://yamatocamera.com/wp/research

※詳細は追ってメールでお知らせします。

最近迷惑メールフォルダに紛れ込むことが多いようです。
登録後5分以内にメールが届かなければ、
迷惑メールフォルダの確認をお願いします。

また、@icloud.com等のメールは届かない可能性が多いようです。
別のアドレスでの登録をお願いいたします。

===================

 

今回はここまで

やまとでした。

 

 

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP