自分の『限界』とお金の『現実』。

こんにちは、やまとです。

 

=============

【カメラ転売での稼ぎ方】
メルマガ講座を読んでください。

https://lounge-ex.com/rg/19951/59/

<登録出来るのも本日まで!>
~~~~~~~~~~~~~~

==============

 

【今日は、アツ苦しいマインドの話】

 

子供の時って、
『夢』も自由に持てた。

 

「○○になりたい」って言っても
自由だった。

 

そうではありませんでしたか?

 

ところが、
年齢を重ねるたびに、
『夢』も自分の限界を知り、

都度あきらめるようになり、

 

それでも、『いつかは』なんて
考えたりして・・・。

 

そして、上書きされる『夢』は、
いつの間にか『お金』が頭を過り、

『お金』の為にあきらめる様になった。

 

あれって、
いつ頃からでしたか?

 

自分の『限界』と、
お金の『現実』。

 

この2つの『夢』を邪魔する
阻害要因。

 

もしかしたら、
今もあなたの状態は、

この2つの阻害要因を
持っている状態かもしれません。

 

ただ、気を付けて下さい。

 

年齢を重ねると、
自分の『限界』に

『体力の衰え』が加わるのです。

 

その『体力の衰え』を
補うのが『経験』。

 

『経験』によって

『体力の衰え』を補う『知恵』が
出来るのです。

 

が、時に、

 

『経験』が『夢』を
邪魔をする要因にもなる。

 

これも、私は経験しました。

 

ほとんどの場合、
『経験』は黄信号を灯すのです。

 

 

それもそのはずで、

自分の『経験』は、
社会からはみ出ないための『経験』。

 

つまり、普通の人と呼ばれるための
『経験』だったのです。

 

ところが、一般の方で言う
『普通の人』では、

ほとんどの方の『夢』は
実現が出来ないはず。

 

だから、ほとんどの『経験』は
『夢』を邪魔をしてくるのです、

つまり自分が、

やりたいこと、
なりたいことを、
邪魔をすることって、

いくつになっても、
終わりがない。

 

ということは、

いくつになっても、
いつまでも、

『阻害要因と戦うのが人生』と言っても
過言ではないのです。

 

そして、戦っている以上、
勝者と敗者が存在するわけで、

『あきらめ』が続いている以上、
『勝者』にはなれないのです。

 

ただ、『勝者』というと、
なんだか大げさに聞こえますが、

ほとんどの方が、
『あきらめ」=『やらない』

という選択を取っているだけ。

 

つまり『やらない』と言う選択の元に、
『敗者』を選択しているのです。

 

それは、自分では意識せず、
無意識に選択しているのです。

 

ということは、
ここを意識することが、

『勝者』への道を
選択するコツなのです。

 

「やらない」という事を
選択せず、口にもしない。

 

まずは、ココからなのです。

 

そして、『やる』こと。
~~~~~~~~~~~

 

ここから『勝者』への道の
第一歩が踏み出されるのです。

 

そして今、あなたは、
こうして私のメルマガを読んでいます。

 

『稼ぎたい』

言うなれば、
『稼がなきゃいけない理由』が
あるはずなのです。

 

なのに、読んでいるだけでは、
『お金』が手に入ることは無い。

 

『お金』が手に入らない以上、
あなたの『夢』を実現することは
出来ないのです。

 

ネットビジネスも同じ。

 

知っているだけでは、
稼ぐことは出来ないのです。

 

もちろん、『カメラ転売』も
同じ。

 

知っているだけ、
読んでいるだけ、

では稼げないのです。

 

全ては動かなきゃ、
稼げない。

 

『お金』は手に入らない。

 

だから、今からでも真剣に、
『カメラ転売』に

取り組んではいかがでしょうか?

 

いくつからでも始められて、
いつまでも稼げる転売ビジネスです。

 

その為にもコチラの

【カメラ転売での稼ぎ方】
メルマガ講座を読んでください。

https://lounge-ex.com/rg/19951/59/

<登録出来るのも本日まで!>
~~~~~~~~~~~~~~

 

今すぐ動き出したくなるはずです。

 

そして、その気持ちのまま
動き出してください。

 

必ず、成果は生まれます。

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP