デジタル一眼レフって難しいんじゃないの?

こんにちは、やまとです。

 

 

 

ヤフオクで出品する際に、

 

カメラの状態を載せなければなりません。

 

 

誰だって、画像だけ載せても、細かな状態は見えませんから、不安になります。

 

そこで文章でカメラの状態を記載すると、

 

より落札しようとする方にわかりやすく説明が出来ます。

 

 

でも、全くカメラを触ったことも無い方は、

 

どうやって状態を記載すればよいのかわかりません。

 

 

その気持ち、よくわかります。

 

私も、触るまでわかりませんでしたから・・・(笑)

 

 

でも、大丈夫です。それほど難しく考える必要はありません。

 

 

カメラ自体、外で使うものですから、頑丈に出来ています。

 

だから、壊れる事なん余程なんです。

 

それは、フィルムカメラだけではなく、デジタルカメラも同じです。

 

だって簡単に壊れてしまうカメラは使えませんから、

 

とても売れませんしね!

 

 

チェック項目は大きく分けて3点です。

 

まずは、

①外観のチェック

スレやキズの有無を見ます。特にペンタ部(頭の周辺)や底面。

あれば、○○にキズありますと記載します。

他に、文字欠け。これはボタン部の文字が使用によって欠けてしまったり、

擦れて見えなくなってしまっていないかをチェックします。

 

他にはグリップの使用感を見ます。

 

外観は見た目、触った感じを記載すると良いでしょう。

 

次に

②光学系

ファインダー内のチリ、埃、ゴミの混入、カビ、くもりの有無を見ます。

 

そして

③動作確認をします。

 

レンズを装着して、シャッターが切れるか、ボタンが押せるか、

 

メニューボタンは作動するのかをみます。

 

もちろんAF(オートフォーカス)は正常に作動するのかも見ます。

 

動かしてみれば、スグにわかると思います。

 

また、どうしても不安な場合は、近くのカメラ店で聞いてもいいと思います。

 

 

私の場合、最初はカメラ専門店に持ち込んで聞いていました(笑)

 

今回も動画を載せます。

 

 

多分、1週間もかからずに覚えます。

 

まずは、やってみてください。

 

触っているうちに、カメラの魅力に取りつかれるかも

 

知れませんよ。

 

 

 

今回は、ここまで

 

やまとでした。

 

 

 

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP