高校生が稼ぐのです!

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

どうも、フツーと言われる様な、

サラリーマンで満足している人には、

ネットビジネスは理解されない。

 

最近はそこに労力を割くのもバカらしくなって、

ほぼ話はしない。

 

聞かれたとしても、

「ホントに聞きたい?」と

聞き返すシマツ。

 

嫌な奴と思われても、

結局説明して嫌な気分になるのも避けたいのです。

 

 

と、ここまでは

自分のことだから何とでもなる。

 

ただ、今日はちょっと困った。

 

それは娘からの相談。

 

「お父さんは何をやっているの?」と

職場で聞かれたらしい。

 

日中もブラつくし、

夜中は事務所もしくは自宅でもPCを叩いてるってことから

質問されたらしいのです。

 

「堂々と言っちゃえ~」と言っても

「ヤダー」と返って来る。

 

どうやらオヤジの仕事が

ネットビジネスって言いにくいらしいのです。

 

そこで、

「パソコンを使った仕事とでも言っておけ。」って言うと

「職種が~」とくる。

 

言いたくないのでしょうね。

ネットビジネスと言って、

胡散臭く思われるのが!

 

 

その点、まだ高校生の下二人は、

「お小遣い」をチラつかせると、

カメラのリサーチはするわ、

本もゲームも売るわで、

大賑わい。

 

口座に入金があると

1000円、2000円と

すぐ引き出す。

 

手数料は親持ちですし、

その度にコンビニに行かされるのが

たまったもんじゃないのです。

 

そんな高校生の娘が昨日、

「お父さんお金貸して!」と突然言って来ました。

 

こりゃいよいよ不良の第一歩かと身構えたら、

「〇〇でゲーム買ってくる」とのこと。

 

「ちゃんと、すぐ返すから!」と

高校1年生らしからぬ発言を返してくる。

 

そのまま家を飛び出し・・・・。

 

帰宅後、私の撮影ブースを出してきて、

スマホで撮影をしはじめた。

 

理由を聞いてみると、

「前、○○円で売れたから」と

言って来る。

 

 

たまたま学校のイベントの為に

友達とリサイクルショップに行ったらしい。

 

すると、自分が以前売ったゲームが

格安で売っているのを見て、

あわてて帰って来たとのこと。

 

「それって、立派な転売だゾ!」と言うと、

「あ~そう」と気のない返事をしてくる。

 

 

そんな話を上の娘に伝えると、

「それはお小遣い稼ぎであって、

お父さんが言うところのビジネスじゃないでしょ」と

生意気にも言ってきやがった。

 

 

その通り。

 

ええ、ご想像の通り、

反論も出来ない情けない親であります。

 

 

ただ、私考えたのです。

 

こんな高校生でも、

ちょっとした『お小遣い稼ぎ』が出来てしまうのを

ビジネスにしているからこそ、

子供からしたら『嫌』なのではないかということを。

 

たしかに、間違いはないのです。

 

・自分が必要と感じないものを売る。

・「こんな値段で売れた~」と喜ぶ。

・店でもっと安いものを見つける。

・「コレもっと高く売れるはず」とヒラメく。

 

たぶんこれだけで、

「高校生でも儲かっちゃった」と喜ぶ。

 

中学生、高校生でも出来るってのが、

プライドが高い娘には

引っかかるのかもしれません。

 

 

ただ最初に商売を閃く方って、

同じなのです。

 

あ~こうすれば儲かるって閃く。

 

それで最初はいいのです。

 

誰もいないから、

やっていないからソレでも儲かる。

 

ただ、それを継続して、

商売として成り立たせようとすると、

途端に難しくなる。

 

例えば、もっとお客様が喜ぶには、とか

もっと効率よく儲けるには、とか

考え始めると急にハードルががったりする。

 

人間欲深いから、

その欲が邪魔をするのかもしれませんけどね。

 

そしてここからが成功体験と失敗体験の

繰り返しが始まり、

 

その中でも成功体験の積み重ねが

ノウハウになるのですけどね。

 

とまぁ難しい話はさておき。

 

一度やってしまえば、

高校生でも商品見つけることは出来るのですよ。

 

欲が無ければないほど

簡単に見つけることが出来る。

 

最初はこんな成功体験を

積み重ねればいいんじゃないかなぁ~初心者は。

 

特にゴールデンウィーク中、

これからネットビジネスを始めようとされる方は、

「もしかしたら、儲かるかも~」って

商品を見つけるだけでもいい。

 

宝探し感覚ではじめれば、

そのうちお宝がドンドン

探せるようになるでしょうしね。

 

ただし、正しですね、

娘が難しい。

特に年頃の娘がいらっしゃるのであれば、

一番難しい。

 

うちは二十歳を超えても反抗期。

 

オヤジがやることなんて、

すべて認めようとしませんから難しい。

 

その点、男の坊主は単純で言うこと聞かない。

高1の娘は、我が道を行くタイプ。

 

子供が4人いて、

性別も2班に分かれると

いろんな事が見えてきます。

 

 

ただ、私の場合。

 

特に親に言われても気にしませんし、

家内に言われても気にしない。

友達や、その他の方から言われても

特に気にしないのですけど、

 

子供から一言、

言われるのが心に響く!

 

冷めた目で見らるのに、

うろたえてしまう。

 

実はサラリーマンの時と、

何ら変わりませんけどね。

 

ご参考に!

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP