「でも」「でも」「だって!!」

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

私は基本、新しいノウハウを見つけた時、

自分で検証し、「コレは行ける!」って思った時、

必ずゼミ生に、まずはお伝えします。

 

それから、私の媒体を使ってお話をする。

 

この順序は、もう2年以上も変わりません。

 

やはり、私を信じた仲間に対する私なりの義理みたいなもの!

 

しかも生徒に伝えるのも、伝える順序があって、

その時に努力している人、なかなか成果が出ない人に一番最初に伝えます。

 

それは、こちらから個別スカイプを呼び掛けたり、

個別チャットでお話を持ち掛けたりして・・・。

 

そして、その翌日にゼミ生全体に伝えるという感じですね。

 

ただ、残念なことに、最初に伝えた人が一番最初に取り組むという事がない!!

 

 

必ず、「明日から」「今日は〇〇があって・・・」等々の返事。

即行動が出来ていないからこそ、稼げないのでしょうね。

 

一方、成果が出るのが早い人って、

スグに取り掛かる。

 

たとえ、

「あなたはやらなくてもいいよ」と伝えても、

「自分がやって見ないと気が済まないから」とか言ってくるのです。

 

しかも、自分のタスクを終了後に取り組む姿勢があったりして・・・・。

 

これ、昨日の日報のコメントなんですけどね。

 

この方は単身赴任でお仕事をされていて、週末に自宅に帰る生活。

ですから、昨日は仕事が終わった後に赴任先から自宅に帰って、

子供と一緒にいる日なんです。

 

それで、日報を出された後に新しいノウハウを

スグに取り掛かろうとされていた。

 

という訳なのです。

 

 

何気ない話で、当たり前の事の様に考えられますかね?

 

しかし、この当たり前の事を当たり前に行う人って少ないのです。

 

今までも、散々いろんな事をテストし、時間を掛けてゼミ生にも

またこうして皆さんにも伝えるのですが、

「親の心子知らず」ではないのですが、

全く考えていない!!

 

だいたい

「やった??」って聞くと、

ほぼ

「これからやろうと・・・。」

「今日はいろいろ調べてて・・・。」

「まだ、その域じゃ」

「もう少ししてから」

「〇〇万円超えたら、やろうと・・・」

 

まぁよくもま取り組んでいない言い訳を考えますよねーって感じなのです。

 

それで、だいたい翌日の日報は提出されないパターン。

やってないんでしょうね。

それで

「どうした?」って聞くと

「やろうとしたけど、出来ませんでした。私には、(俺には)難しいです。」

これですから!!

 

 

人ってそんなに頭良くないので、

時間が経てば経つほど記憶があいまいになるのは皆さんご存知!

 

有名な「エビングハウスの忘却曲線」ですよね。

 

どんな事かと言うと、

 

人は話を聞いてから、

20分後には、42%は忘れて、

1時間後には、56%忘れる。

24時間後つまりは1日後には、74%忘れている。

つまりは26%の事しか24時間後には頭に残っていないのです。

 

そりゃね、コレをみても

やろうとしても出来ませんよ!

だって伝えた事の3割以下しか残っていないんですから!

いくらメモを取っていたりしても、

そりゃ忘れる事の方が多いですよ!!

 

だから出来ないんです。

 

プラスしてそもそも、ほとんどの人が話を聞いていない!

 

 

諸説ありますがメラビアンの法則でもありますよね、

音声であれば、全体の38%しか伝わらず、

しかも全体の7%しか言葉としての記憶が残らない。

 

その7%から1日後には74%を忘れてしまうのであれば、

一体どれだけが自分の記憶として残っているのでしょうかね?

 

それで、出来ないと言われましても・・・・。

 

と話をすると必ず

「でも、でも、だって 」 が連発される。

 

話をしていても、

「俺が」「私が」「俺は」ばかり。

自己主張はされるんですけどねー。

 

結局事実としては、「やってない!」それだけなのですけど。

 

「俺は人より劣っているから、時間が掛かる」とか良く言われますが、

そのほとんどが、スグに取り掛かろうとしていなだけなんですけどね。

 

もし、本当に時間が掛かるのであれば、

人よりも先に始めないと行けない訳で、

だからこそ、先にお伝えするんですけど・・・・

 

 

結局取り掛かるのが一番最後じゃ

話になりません。

 

俺は

「時間が掛かる」

「覚えられない」

「ドンくさいんです」とか

言われる人って、まずスグに始めようとしない。

 

しかも、

「迷ってしまうんです。」

「スグに決められない」

「慎重派なんです」

と自己弁護がはじまる。

 

そりゃ、私も人を教えていましたから、

「なぜ」と言う問い掛けではなくて

「どうやったら~」と問い掛けるのが効果的って知っていますよ。

 

でもね、同じビジネスを取り組んでいるんだから

自分がそんな特徴?があると知っているのであれば、

それを逆手にとって、誰よりも早く始めるとか

そんな発想、考えにならないものですかね????

 

ビジネスをしているんだから、

自分だけが特別扱いされるってことないと思うんですが・・・・。

 

そうそう名探偵コナンの映画でも

「走るの苦手だけらなぁ~、Jリーガーにはなれないね?」と

子供たちが聞いたら、

遠藤選手だったかなぁ誰だったか忘れましたが、

「足が遅ければ、他の選手より先に走りだせばいいし・・・・。」

先に走りだすために

「考えるスピードを速くすればいい~」

なんてセリフがあったような気がします。

 

記憶、あいまいですが(笑)

 

自分が遅いと考えるのであれば、

誰よりも先に走りだす事を考えればいいんじゃないですか?

 

それだけの事!!

 

自分が遅くて、しかも誰よりも始めるのが遅ければ

結果は歴然です。

 

修正箇所は、どこにでもアリます。

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP