若いヤツらに負けられない。

こんにちは、やまとです。

この暑さ、もう夏ですよね。
これで8月になったら、
50度超えるんじゃないかと思えるくらい(笑)

夜になると虫が沢山出てきましたよ。
もう蚊にも刺されました。

なんだか、最近は若い人たちの活躍が見られそうです。
良く思うのですが、確かにネットのビジネスなんて
若い人達が主流。確かに私たちの就職活動時に
ネットビジネスなんて言葉もなく、
あるのはシステムエンジニアとかデザイナーぐらいでしたからね。

いろんなネットビジネスが出てきても、
やはり主力は若い方々。
大体が若い方の先生が多いようです。

なんかもっと60代ぐらいの先生が見えられても良さそうな気がします。

では20代の方々に我々バブル世代が勝てるモノは何でしょうか?

ゆとり世代と呼ばれ、土曜日に学校は休み。
少子化の中で育ってきた若者です。

体力的にも、頭の回転も、目も腰も勝てるものが見当たりません。

でも、私は思うのですが、根性論でしたら
我々の世代の方が強かったのではないでしょうか?

うさぎ跳びもさせられました。部活中は水も飲めませんでした。
ただ、「精神力も鍛える」と言う名のもとに、
厳しい練習もしてた学生時代。

今思えば、無駄な事が多かったように思えます。
でも、結局乗り越えてきたんじゃありませんか!

という事は、若い奴らが体験していなかった、
こんな経験をもとに、もっと頑張らなきゃいけませんよね。

確かに、
「ついていけない」
とボヤキたくなる時はいつでもあるのですが、
ここで諦める様なことは、学んでいないはず。
頑張らなきゃいけない時は頑張ってきたはずです。

ここが若い方々と違うはずですよ。
という事は、諦めたら若い方の悪い所だけを真似している事になります。

確実にビジネスを行う為にも、
確実に稼ぐためにも、
若い方と違った方向で頑張らなきゃ意味がないですよ、ホント。

オヤジになって、若い方々に舐められるような事だけは
したくないですからね。

オヤジの方々、若い奴らに見せたりましょう。

今回は、
特定の方に向けたお話でした。

今回はここまで
やまとでした。

 

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。