『カメラ転売クラブ』参加後に行う7つ+1のこと

こんにちは、篭橋です。

 

 

流石にクラブの案内を行いながら、

「カメラ転売道場2.0」を実施し、

ほぼ深夜から早朝まではPCに張り付く。

 

日中は日中で、

予定を入れようと思っていなくても

何かしら予定が入って・・・

 

夕方読みたい本があって、

読み始めたら

寝落ちしちまって、

額をテーブルにぶつけた。

 

しかも久しぶりに

「たんこぶ」が出来た。

 

マジ睡眠不足。

 

まぁでもね、

楽しいっす。

 

昨夜も参加を決めてくれた方もいましたし、

本当に嬉しいです。

 

一緒に頑張りますよ!

 

 

さて、本日は

「カメラ転売クラブ」に参加をされた方も、

これから「カメラ転売」で稼ぐぞって方も、

 

『カメラ転売クラブ』に参加をしたら、

何から始めるのかってお話をします。

 

これは別にカメラ転売クラブに参加されなくても

カメラ転売のススメ方にも共通する部分が多い。

 

だからシッカリお読みください。

 

1、自己紹介。

どこでもそうですよね。

自己紹介から始まる。

 

「なんだ、そんな当たり前のことか!」

そう思うことなかれ、

 

自己紹介を記入する時ほど、

自分の今まで行って来た事、

今の現状、

そして『決意表明』をする場所はないはずなのです。

 

これから稼ぐぞ!って

覚悟を決める場所でもある。

 

デッカイ目標をぶち上げて、

自分自身を奮い立たせる自己紹介をしてください。

 

2、教材やグループのルールに目を通す。

 

まずは、PDFの教材はプリントアウトする。

 

紙ベースで進める人ほど

やっぱり稼ぎます。

 

それは書き込みとアンダーラインで

教材を自分自身のオリジナルの教材に変えるから。

 

だから、あなたも

あなた自身の教材を作る感覚で!

 

 

また、カメラ転売クラブのポータルサイトには

沢山のコンテンツがあります。

 

最初から全てを見て読んで欲しいのですが、

それじゃスタートダッシュに出遅れる。

 

それぐらい『量』『質』共にあるのです。

 

だから全部を隅々とまで行かなくてもいい。

 

まずは、ザァーっと目を通す。

 

何がどこにあって、

自分がもしこの悩みがあった時には

ココを見ればいいんだなって記憶に残すぐらい。

 

そして早速始めた方がいい。

 

そして、わからないことは

スグに聞く。

 

最初はやさしく皆が教えてくれます。

が徐々に、

「それはココに書いてあります」とか

「この動画を見た方がいい」ってなります。

 

それは、そろそろ全部読めよ。

しっかりコンテンツ見ろよって合図。

 

その時にはしっかり読まないと

後で恥ずかしくなります。(笑)

 

慣れてきた時には

検索能力が上がる様に、

答えよりも検索方法を指導したりします。

 

面白いのは、

カメラ転売クラブは私だけじゃなくて

先輩方々も教えてくれます。

 

優しい先輩方々が多いのです。

 

というのも、

みんな同じ道を辿って来て、

同じ様に言われて指導されて来たから。

 

だから、あなたの悩みもわかるのです。

 

安心してチャットにも書き込んで下さい。

 

 

3、各種サイトの登録

 

『カメラ転売クラブ』では、

基本はヤフオクで出品。

 

もちろん行いながら

マルチで他のサイトの出品も行いますが、

まずはヤフオクから。

 

ヤフオクでは、

2つのアカウントを作成し、

仕入用と出品用を作ります。

 

そして2つのブラウザに分ける。

 

私がオススメしているのは

仕入用にchromeを使い、

出品用にIE(インターネットエクスプローラ)を使う。

 

同じブラウザでアカウントを

その都度変更をするのは手間ですし、

ツールや拡張機能を使っても手間。

 

ブラウザを分けた方が早いです。

 

そして仕入れ用のブラウザには

その他の仕入れサイトも

ブックマーク。

 

もちろん、仕入用のブラウザに

オークファンや価格ドットコム、

モノレートも使えるようにすると便利です。

 

出品用には

ヤフオクの他、他の出品用ツール、サイトも使える様に。

私はお気に入りにフォルダを作って

ワンクリックで使用するサイト全てが立ち上がる様にしています。

 

 

4、ヤフオクの評価集め、店づくり。

 

出品者の信用度が生命線の

ヤフオク、メルカリ。。

 

新規アカウントを作った場合は、

まず評価を集めておいた方がいい。

 

ヤフオクの場合は100以上。

 

昔は50でもいいって言われていましたが、

50や60では最近は反応が良くない。

 

100以上が好ましく、

出来れば110以上の「非常に良い・良い」の

評価が欲しいところ。

 

私の教材のやり方を行えば、

最短で1日、遅くても3日で評価は集まります。

 

 

そして、「店づくり」。

 

これは私が勝手に名付けたのですが、

ヤフオクでも新規アカウントで

最初から高額商品を出品すると

出品制限になる確率が高い。

 

同時に出品数が少ないと

信用度も低く

「売れない」「価格が上がらない」

という状況になります。

 

そこで小物を出品して、

出品数を稼ぐ。

 

つまり「上げ底」みたいなもの。

 

販売価格数百円のモノを沢山出品して、

出品数のかさ上げをします。

 

私は評価集めと店づくりで

5000円ぐらいの予算。

高くても10,000円未満。

 

「売れたら儲け」ぐらいに考えて

出品しましょう。

 

って参加者の方にも言うのですが、

実際は出品するとなぜか小物も売れる。

 

意外に発送の作業が入ったりします。

 

 

5、資金集め(不用品の販売)

 

これは3の「評価集めと店づくり」と

同時進行で行った方がいい。

 

資金がある方も、

ぜひ不用品の販売にはチャレンジして欲しい。

 

特に自分が趣味で集めた

大切にしていたモノを売る。

 

ゲームでもDVDでも漫画でもいい。

 

売っちゃう。

少しでも仕入れ資金にする。

 

この作業を行うと覚悟が決まるし、

自分が好きだったモノ、

大切だったモノを売ってしまい、

もう一度稼いで取り戻してやる!って

気持ちにもなる。

 

ただ、面白いのは

稼いだ後には、

また、違う物が欲しくなるのが

パターンなのですけどね。

 

 

6、機材購入

 

カメラ転売の最大の作業とも言える撮影作業。

ココは他の転売ビジネスよりも手間がかかる。

コストも掛かる。

 

だけど、カメラ転売のいいところは

機材も最後には売ることが出来るってとこ。

 

まぁ撮影するカメラも、

都度変えたりして、

これも楽しめる。

 

だけど、最初はお金を掛けずに

・撮影ブース

・レフ板

・デジタル一眼レフ

・フラッシュ

・調光コード

等々を揃える。

 

だいたい全て揃えて

予算としては4万円ぐらい。

 

意外にamazonが安かったりする。

 

先月、新たに外注さん用に撮影機材を揃えた時には

3万円ぐらいで揃えられた。

 

中古品でオークファン見ながら、

安いもので揃えればいい。

 

これが仕入れリサーチの時にも役に立つ。

 

但し使い方がわからないものは避けること。

 

教材にないカメラは

意外に設定に手間取ります。

 

特に詳しくない方は

教材通りが無難です。

 

最近は簡略的に

スマホで撮影出品する人もいますが、

やっぱり高額商品となると売れない。

 

欲しいと思う人が

カメラや撮影好きな方になるので

ある程度の画像は必要。

 

そしてやっぱり一般の方との差別化。

 

安心感を与える為にも

撮影ブースは必要で

フラッシュとレフ板を使って

バウンス撮影は必要です。

 

 

7、中古カメラ、レンズを仕入れる。

 

いよいよ商品を仕入れましょう。

 

ここで注意点は

出来れば2万円前後の商品を選ぶこと。

 

最初は誰でも不安で、

「本当に売れるのか」が心配。

 

だから数千円の商品を狙う人がいるのです。

 

「もし、売れなかったら・・」って

思うのでしょう。

 

数千円の商品であれば

周辺機器ならまだ売れる。

 

だけど、レンズとかカメラになると・・・。

・・・・

その前に、

あなたがその商品を欲しいと思うのか!です。

 

そもそも今までカメラやレンズを

触ったことが無かった人にとっては、

未知の世界。

 

だけど、それなりに

「これなら欲しい」と思える

カメラが必ずあるはず。

 

少なくともカメラに興味は無くても

「カメラ転売」には興味があるはず。

 

だったら、その商材にも

きっと何かしらの興味が持てるはずなのです。

 

だから、自分が

「これなら欲しい」と思えるもの。

 

これを選ぶ。

 

数千円の商品よりも

格段に売れる。

 

少なくとも、あなたと同じような人は

いるはずなのです。

 

だから自分が欲しくないと思う様な

数千円の商品は最初は避けること。

 

そして気を付けるのが

最初の1品を仕入れて、

その商品を出品して、

売れるまで待つって方もいる。

 

それじゃ商売にならない。

 

1品仕入れられたら

怒涛の様に仕入れが出来る様になるはず。

 

だから間髪入れずに仕入れを行うのです。

 

こうして自分の出品ページに

売って利益が出る商品を集めて、

売りまくる。

 

あとは商品管理や

もっと売れる様にするには、

チャットを読む事。

 

私の方からも

先輩方々もドンドン売れる情報が出て来ます。

 

自分がコレだ!って思えることから

始めて下さい。

 

なにしろ、今その時に売れた情報が入るのですし、

どうやってどこから仕入れたのかまで

日報に上がって来るのが

『カメラ転売クラブ』なのです。

 

日報以外にも

情報はガンガン上がって来ますけどね。

 

読めば読むほど

気づきが一杯です。

 

8、番外編

 

これは下記の案内レターにも載せていないのです。

 

が、毎週行っているのです。

 

スカイプやZoomによる

グループコンサル。

 

最初は今年の春から

参加後1ヶ月間限定としていたのです。

 

特典として行っていたのです。

 

実際、私もかなり時間も取られますから。

 

だけど、希望者が多くて、

今や毎週行っているのです。

 

コレに参加すること。

 

今は、毎週水曜日の深夜に行っています。

 

 

自分はまだ何もしていないからとか、

まだ参加するまでに至っていないって

勝手に思う人もいます。

 

いやいや全然違う。

全く何もやっていなくても

参加するのです。

 

参加しまくるのです。

 

もちろん参加するには

資料の提出は条件なのですが、

やっていないのであれば

やっていないと言うこと。

 

そうすると

他の先輩方々も

「あ~するといい」

「こうしたほうがいい」って

アドバイスもくれる。

 

もちろん私からは

厳しい言葉も掛ける。

 

だから次はやるようになる。

 

自分のモチベーションの維持にも

繋がるのです。

 

そして他の方々のディレクションやアドバイスを

聞きまくる。

 

一歩と言わず、半歩先を走っている先輩方々ですから、

もの凄く参考になるはずです。

 

最近は先月から参加したANDOさんが

他の方のディレクションを読みまくり

聞きまくり、

鬼人の勢いで稼ぎ始めた。

 

これも稼ぎ方としては一つの手。

 

私以外の方は

ホント優しくて面倒見がいい人が多く参加してくれるので、

是非、カメラ転売クラブへ参加したら、

このグループコンサル、グルコンも

参加をした方がいいです。

 

私自身も出来るだけ続けようとは思っているのですが、

これもいつまで続かはわからない。

 

もしかしたら有志が集まって

継続するのかもしれない。

 

だけど、やっぱり参加をすると

必ず稼げる様になります。

 

なにより、飲み会の時に

初対面って気がしません。

 

あ、このグルコンは

音声通話のみで行っていますけどね。

 

こうして

『カメラ転売クラブ』の中に入って行くのです。

 

さて、こんな

『カメラ転売クラブ』なのですが、
~~~~~~~~~~~~~~~~

今回募集を行うのも明後日まで!
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

8月限定価格も明日まで!

申込みを忘れていた!ってことに

ならない様に

本日中に参加登録をお願いします。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『カメラ転売クラブ』

https://truscon.net/CLUB24

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

それでは、今回は

超絶長文になってしまいましたが、

ここまでとします。

 

ありがとうございました。

 

【追伸】

【音声通話のみ】

『カメラ転売クラブ』Zoom相談会実施中!

https://truscon.net/y3wy

 

【追伸2】

カメラ転売クラブ参加者の声はこちらから↓

https://wp.me/p7rx96-emu

 

【追伸3】

1ヶ月も経たず、月収10万円を超えた清水さんとの

音声対談はコチラから!

https://wp.me/p7rx96-ene

 

【追伸4】

なぜ、急遽募集となったのか、

その謎を知りたい方は、こちらから↓

https://wp.me/p7rx96-emR

 

 

 

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP