【今夜21時まで!】WORKSHOP打ち合わせの裏側を公開!

いよいよ本日が募集最終日、

今夜21時に第1回目の教材を

配布予定。

 

ですから案内自体も

最長で本日21時までとなっております。

 

公式サイトはこちら

 

 

持つべきものはGIVEの精神を持つ仲間です。

 

ただ、決して

自分だけに利益がある様なことを思っていれば、

そんな仲間は集まりません。

 

大切なのは相手に対して

どれだけのことが出来るのか。

 

仲間というのは

人に対しての“思い”だと思っているのです。

 

何か壮大な様に思えますが、

人と人とのかかわり方の基本。

 

 

自分は借金だらけだし、

お金もない、

〇〇の経験値も少ない。

 

だから相手にGIVE“与える”ことなんて・・・

 

そう思っていれば、

自分の周りの人間も

そんな人間が集まります。

 

“仲間”とか“友人”、“知人”なんて名ばかりで

自分のことしか考えないような人しか

お互いに集まりません。

 

私が良く言う

クレクレ星人が集まっただけの集団なのです。

 

 

結果、同じ穴のムジナ。

傷を舐めあい、

時にはお互いに探りをいれているような集団。

 

思いやることなんて一切ない。

 

それが仲間と言えるでしょうか?

 

 

 

 

ところが昨日、

私は仲間から感動をもらいました!

 

 

昨日の記事でお伝えした通り、

あれからDoiさんH山さんと今回の

1周年特別企画

1stAnniv『売れる商品の見つけ方』

WORKSHOP!の運営方法を話し合ったのです。

 

 

カンタンに言えば役割や注意事項、

講義の内容等々。

 

そこは毎回行っていますし

前回の反応を見ながらブラッシュアップ、

そして今回の参加者の『経験値』を見ながら

大体のフローを作るのです。

 

 

が、私が感動したのは、

ソコじゃない。

 

今、募集している参加人数について。

 

 

そもそもこのWORKSHOPは、

グループでワークするのではなく

あくまでも個人ワーク。

 

ですから一人一人に状況に応じて

適切なアドバイスが必要と考えています。

 

だから自分たちがマネジ出来る人数を

募集人員とさせて頂いているです。

 

 

当然、経験者は、

より「カメラ転売」で稼ぐためのコツを

知りたいでしょうし、

 

初心者の方は、「カメラ転売」という

ビジネスそのものを知りたい。

 

 

だからいつもは募集初期段階で集まった

参加者の方の自己紹介から

WORKSHOPの内容やパターンを考え、

募集人員をコントロールしているのです。

 

 

当然、今回も同じパターンで

参加される方のために

WORKSHOP自体の運営をスムーズにと

考えてはいたのです。

 

 

ところが今回、DoiさんやH山さんから、

 

「まだ、悩んでいる方はいるはず、

特に今回は1周年特別企画で“祝い”を兼ねています、

だから参加出来る方の間口を広げて、

もっと参加人員を増やしてみてはどうか」と

 

意見を頂いたのです。

 

これに私は感動した!

 

 

つまり彼らからの提案は

参加を“悩んでいる”方だけではなく、

「カメラ転売」や転売ビジネスにも

“悩んでいる”方にも参加が出来る様に!

 

 

募集人員を決めてしまうと

悩んでいても参加を躊躇される方は見える。

 

カリキュラム進行のためにも

“期限”“時間”は必要ですが、

“参加人数”には『制限』を増やしてみては?

 

という内容だったのです。

 

この提案に私は心打たれたのです。

 

 

いつもは聞く側に回るDoiさんも

今回は別。

H山さんと一緒になって

意見や提案をしてくれたことにも感動した。

 

 

当然、簡単に人数だけ増やして

今までと同じフローでは

とても出来ないことも彼らも考えていて、

 

だから3つのメソッドを

こなすためのフローを私から提案。

 

 

議論の中から、

ぶっつけ本番的な要素もありながら、

過去の経験上、

それも楽しく出来るのではないかと。。。

 

そんな話にまとまったのです。

 

 

提案してくれたのも嬉しいのですが、

それよりも彼らの心の広さ。

 

ここに感動したのです。

 

 

少なくとも7月は“7月商戦”と言われる時期で、

彼ら自体も忙しいはずです。

 

H山さんは、商品ラインナップを変えながら

すでに7月折り返しで

70件以上の販売と40万以上の利益を出されています。

 

そんな彼が暇なわけはない!

 

お子さんも小さいし、

家族のために使う時間もあるはずです。

 

 

Doiさんも4人のお子さんを抱えながら

プロカメラマンの仕事が

7月は増えているとも聞きます。

 

だけど自分のことだけではなく、

参加者のことを気にかけてくれることが

嬉しい。

 

 

これも、まだ見ぬ相手を慮る、思いやる

そんなGIVE精神が見えるのです。

 

 

だから稼げるんだなぁ~と

勝手に思ったのもある。

 

 

H山さんも今では最高月収80万だ!

売上も350万以上だ!とお話しますが、

彼もクラブ参加時は「5万円」で

カメラ転売を始められた強者。

 

それまで幾度も失敗を繰り返し・・・。

 

それが、

今月も半ばで40万以上の利益を出されている。

 

カメラマンのDoiさんもそう、

投資系や発信系のスクール、コミュニティに参加され、

同じく数百万を使ってしまったとのこと。

 

でも、今は全く別。

 

 

そんな彼ら2人に共通しているのは、

今、余裕があるからGIVEが出来るんじゃない。

ということ。

 

GIVEがあったから

今があると思うのです。

 

 

というのもGIVEを続けていると

相手の成果だけではなく

自分の成果にも繋がります。

 

 

人に伝えることはカンタンじゃなく、

やっぱり時には勇気も必要です。

 

ですが人に伝えることによって

自分の状況を見直すことも出来る。

 

自分自身の“戒め”にも

自分自身を“鼓舞”する働きもあるのです。

 

そして何より

人に伝えようとすると

自分の成功事例を明文化することになる。

 

明文化することによって

ポイントやコツを抑えることも出来る。

 

それが上手く行けば

自分の「稼げる」という確信にも繋がる。

 

というワケなのです。

 

だから成果も上がるのです。

 

 

ただ、そんな自分に返って来る

ロジックよりも

純粋に「人に対して」の思いが嬉しかった。

 

 

同時に、

自分も「ハッ」と気づかされました。

 

それは、

参加される方、参加された方の

『満足』と『成功』ばかりを考え、

その為の人数制限を考えていたから。

 

 

でもWORKSHOPに参加されていない方の中にも

悩んでいる方もいるし、

上手く行かない方もいる。

 

そんな方の為にも

間口を広げてはどうか。

 

 

上手く行かない人の情報収集は、

「後で、アトデ」となる傾向が多く、

あきらめるのもアッサリの方が多い。

 

だから『満席案内』を見ただけで

「次回にしよう」と考えてしまう。

 

当然そんな方に「次回」はなく、

あったとしても

「後で、アトデ」と同じパターン。

 

そして、またあきらめる。

 

お金に悩む、

悩むから悪い方へ流れる。

 

また借金。

 

 

そんな悪循環をどこかで断ち切る為にも

「我々が一肌脱ごう!」という意気込み。

 

これが嬉しかった!

 

 

もちろん私も賛同します。

 

だから同じように『賛同』してくれる方、

是非、参加をして欲しいと思います。

 

そして悪循環を断ち切り

人生を変えて頂きたいと思います。

 

 

この『売れる商品の見つけ方』WORKSHOPは、

「売れる商品」を教えるだけの

WORKSHOPではありません。

 

自分自身で、「売れる商品」を

見つける力を付ける為のWORKSHOP。

 

骨太で稼ぎ続けたい方は

是非、ご参加ください。

 

公式サイトはこちら

 

 

1周年記念の特別企画だから、

参加費500円だから、

 

そんな手抜きを一切しない、

俺達の“本気”。

 

参加して、是非見てください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

 

【追伸】

今夜の定時配信のメルマガは

18時にしますね。

 

毎回、19時に配信して

21時の締め切りに間に合わない方も見えますから!

 

 

【追伸2】

売上約800万、利益160万を6月に上げられた古屋さん。

 

実は、カメラ転売をはじめて初月は1.5万円

ただ2ヶ月目にはマイナス1.5万円だったらしい。

 

その後、徐々に利益は増えても

クレジットの支払いに追われる生活。

 

それが『売れる商品の見つけ方』

WORKSHOP参加後には

商品回転率が上がり、

キャッシュフローも改善。

 

そして売上約800万、利益160万。

 

ネタ持ってんな~と思いつつも

ご存じない方は、

こちらの対談動画をご覧ください。

 

https://truscon.net/7nry

 

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。