ベンチマークとは?

『ベンチマーク』

 

Weblioからの引用です。

 

ベンチマーク(benchmark)とは、

基本的には「基準」「水準」あるいは「指標」といった意味の表現である。

比較評価の基準と位置づけられる対象を指す場合もあれば、

「目標」に近い意味で用いられることもある。

~中略~

ビジネス分野では「基点」というより「目標」に近い意味で

「ベンチマーク」あるいは「ベンチマーキング」の語が用いられることも多い。

これは、自社の成長や効率化を実現するために、

優れた企業や競合他社を調査・分析し、自社の改善に活かすという考え方である。

 

上記内容は Weblioからの抜粋です。

 

金融関係ではまた別の意味もあるそうなのですが、

私が行っているのはビジネス。

だから、

「基準」「水準」「指標」

一番は「目標」。

 

そう考えれば

ベンチマークという意味もご理解頂けると思います。

 

ただ、私自身は、

『ベンチマークとは、超えるべきライバル。』

そう考えているのです。

 

夢や目的は誰にでもある。

 

その夢や目的を達成するために

目標は存在し、

自分が次に目指そうとする人、数字、

それがベンチマーク。

 

数字や夢は自分で作ることは出来ますが、

ベンチマークは調べなきゃ出来ないのです。

 

『超えるべきライバル』を見つけるわけですから!

 

では、その『超えるべきライバル』を

どうやって見つければいいのか?

 

今回は、ヤフオクのライバルセラー、

ベンチマークとなるべく出品者IDの見つけ方を

お届けします。

 

 

こちらの動画は前回の動画をご覧にならないと

その意味が理解できないと思います。

 

前回の動画をご覧になられていない方は、

こちらをご覧ください。

https://wp.me/p7rx96-eT6

 

確かに今、苦戦している方は多い。

 

だけど、【今】しか出来ない事もあって、

それが「売れている商品」を見つけるということ。

 

今は「売れている商品」と「売れていない商品」が

ハッキリ分かれている状況で

非常にわかり易いのです。

 

だから、今は売れている商品を見つけることをして

市場リサーチを行ってください。

 

これ『カメラ転売クラブ』の方々にも言うのですが、

「本当に売れませんか?」っていうこと。

 

実は売れる商品は売れているんです。

同時に、売っているセラーは売っているのです。

 

じゃそのセラーはどうやって見つけるのか!

 

それは、コチラの動画をご覧ください。

https://youtu.be/LnBFF0eK4cY

 

今回は、ここまで

それでは、また!

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。