person wearing white and red LED light suit

リアルをネットに落とし込め!

リアル:自分の会社勤め等々での経験

ネット:今行っているネットビジネス

 

そしてもちろん、

カメラ転売もネットビジネスの一つ。

 

そう考えて頂いて

話を始めたいと思います。

 

 

そもそもビジネスに関して、

ネットとリアルに分けてしまうのは、

このネットビジネスでの世界。

 

私がこの世界に飛び込むまでは、

「ネットビジネス」というワードも知らず、

それよりもITを使った業界として認識をしていました。

 

ですからパソコン、ネットを使える

一部の方が行える世界。

 

そう考えていたのです。

 

 

ところが自分が始めて「カメラ転売」という

ネットビジネスに飛び込んでみれば、

特殊なスキルは不要だということ。

 

仕入れに関しても

特殊な仕入れ方法があって、

利益が出るのも

それが理由だと考えていたのですが

 

至って普通。
~~~~~

 

せどり、転売って表現が

そのままだったのです。

 

出品することだって、

別に一般の方でも出来る。

 

特別なことなんて

無かった。

 

ただ、初心者当時、

そうは思えなかったのです。

 

 

仕入れも満足に出来なかったから、

「他の人はきっと秘密の方法で

仕入れているに違いない。」

 

「別の教材には、

その秘密があるはず。」

 

“自分自身が勝手にそう解釈をしていただけ”と

言われればその通りだったのですが、

当時は、本当にそう思って買い漁っていました。

 

教材やノウハウを案内するレターや広告に関しては、

なんだか特別感があったのです。

 

このコンテンツを知らなきゃ稼げないとか

この教材でなければ損をするとか。

 

 

もちろん、買った教材は全部プリントし、

穴が開くまで読みましたが、

自分の中では特別なことも無く、

 

「最初に頂いた教材だけで良かった。」

 

そう後悔したこともあります。

 

 

結局、数多くの教材を入手したとしても、

驚く様な内容はなく、

どれを買ってもそれほど変わりない。

 

そんな普通のことしかなかった教材で、

普通のサラリーマンが

想像出来ないような金額を稼ぐことが出来る。

 

夢は広がったのですが、

その“謎”が解けないのです。

 

 

そもそも間違っていたのは、

自分が出来ない理由を、

「他人は特別なことをしている。」

 

そう頭から離れなかったから。

 

そんな疑念があったまま

仕入れリサーチを行っていても

そりゃ身に付くはずもありません。

 

 

その中で、いくつもの教材を手に入れて

わかったことは、

「別に特別なことはしていない。」

ってことだけ。

 

それも自分が参加したスクールで

相談したことで

はじめて知ったのです。

 

 

しかも、既に稼いでいる方も

特別なことはしていないってこと。

 

 

そこで辿り着いたことは、

自分自身で

ない“謎”があると思い込み、

その、ない“謎”を解こうとしている。

 

そこに気づいたのです。

 

 

そう考えれば

後は気が楽になりました。

 

 

特別な技術も才能も、

特別な機械だって必要ない。

 

特別な場所で

仕入れていることだってない。

 

特別なことがなければ、

自分だって出来ると思ったのです。

 

 

ところが他の方、

ライバルの方々を見てみると

稼げている人と稼げていない人がいる。

 

稼げていない人は、

「今日も仕入れが出来ない。」と悩み、

稼いでいる人は、

「今日も売れた!」と報告がある。

 

 

仕入れが出来ないのは自分が悪い、

自分はダメな人間だ、

出来ない人間だと

自分を責め立てている人もいる。

 

そして、

やっぱり、ない“謎”を

解こうとしている人もいる。

 

それが、

ネットビジネスを煽られているだなと

思ったのです。

 

 

だって、そうでしょ?

 

「誰でも稼げる」ってあるのに

自分が出来ないと考えれば、

自分は「誰でも」に当てはまらない。

 

ダメ人間だと思ってしまうのです。

 

それがネットビジネスに

煽られてしまっている。

 

でもビジネスと考えれば

別の側面も見えて来ます。

 

 

例えば、今や国民食のラーメン。

 

そんな誰でも好きなラーメン屋を始めても

上手く行く人、行かない人が必ずいます。

 

では、上手く行く人と

失敗する人の違いは?

 

「ラーメンなら儲かる。」

そう考えて

何も学ばずに始めれば

きっと失敗するでしょう。

 

 

そう考えれば、

“学ぶ”ことと“研究”すること。

 

ではないかと考えたのです。

 

じゃ、学ぶことは?と考えた時に

教材が浮かんだわけ。

 

 

今までは自分が知っていることばかりだ!と

読んでいたものを

学ぶための教材として読むと

意外に自分が知らなかったこともあったりしたのです。

 

その発見、気づきがあった。

 

これも会社員時代に体験したことなのです。

 

どんなマニュアルでも本でも、

知っていると思って読めば

何も入って来ない。

 

同じ本でも

何かを知ろう学ぼうとすれば、

何かが得られる。

 

そんな経験があったからなのです。

 

 

そして今度は“研究”。

 

稼ぐ額だって

10万の方もいれば100万円の方もいる。

 

同じ教材、

同じノウハウであったとしても、

出来ない人も出来る人もいて、

稼ぐ額もそれぞれ違う。

 

それをやる気や、

資金の大小だけで考えれば

それまでで終わる。。

 

だから少ない資金から

大きく稼ぐためには?と

考えたのです。

 

 

だって、

どんな教材やノウハウの広告や

レター等々も

みんなジリ貧から稼いでいたから。笑

 

 

だけど先程の話と一緒。

 

お金がないのに、

一気に稼げるわけがない。

 

なのに、

お金がない時代と

稼いだ後のフリ幅はあっても、

その過程がなかなか出て来ないのです。

 

そこに夢や希望を持たせ、

いずれ“謎”となるから

ネットビジネスは特別なものだと思うのでしょう。

 

だから自分は、

実現可能な計画を作ろうと思ったのです。

 

特別じゃなく

実現可能なもの。

 

それは、誰もが目にしたことがある

事業計画だったのです。

 

それも会社員時代の経験から。

 

 

無謀な私は

最初は3ヶ月で月収100万越えの

計画書を作ろうとしたのですが、

とても実現不可能。

 

資金もないし、

ない資金で計算をすると

無茶苦茶な利益率か、回転率となる。

 

 

そこで思い出したのは、

自社製品ではなく、

商社等々から他社製品を仕入れて売る時。

 

どれくらいの粗利で

利益率を出していたのか?

 

そしてチェーンストアの販売員時代の、

在庫の持ち方、

坪売り、坪在。

そして回転率。

 

資金を少なくするためには

『在少豊売』を考えなきゃ行けなくて、

それも数字に当てはめてみた。

 

もちろん、

その時に売れている人に話を聞いたり、

自分でも調べたりしたのです。

 

 

ただ、苦労して作った計画書も

絵に描いた餅。

 

そこからアジャストして

計画書を再作成したのです。

 

 

で、ここで気づいたのは、

こんな計画書を作っている人なんて

ネットビジネスでは知らない。

 

出て来ない。

 

今までリアルなビジネスでは、

経営方針や目標、計画が

どれだけ大切なのかを言われていたけど、

 

ネットビジネスでは、

「稼げる」「稼げる」ばかりで

出て来ていないってのを気づいたのです。

 

 

そうなって来ると

一事が万事。

 

ネットビジネスでは

リアルなビジネスの話をされない。

 

買うお客様は

ネットでもリアルであっても

同じ人間なのに、

ネットでは特別な話になっている。

 

そう考えれば

このネットの世界のアラが見えて来たのです。

 

 

例えば、

「ネットであれば、世界中の多くの人が見る。

だから売れる。」

 

確かに、それはそうなのですが

現実的には売れない人もいる。

 

同じ商品でも

売れている人もいれば

売れない人もいる。

 

価格を下げれば売れるはずってのも

高い価格で売っている人もいる。

 

同じテンプレでも

売れる人もいれば

売れない人もいる。

 

 

これ、リアルな世界と

全く一緒じゃん!って話なのです。

 

 

同じ看板のお店でも

売れるお店と売れないお店はある。

 

売れる商品があっても、

売れるお店と売れないお店はある。

 

同じ看板のお店でも、

高い価格で売れる店もあれば、

安くしても売れないお店はある。

 

 

自分がリアルな社会で経験したことが

そのままネットビジネスでも起きているのです。

 

 

そしてリアルなビジネスでは

改善策があって対応策も必ずある。

 

そんなコンサル会社もいくつもある。

 

現に私も、

「立て直し屋」と言われ、

リストラ寸前の事業を幾度となく

立て直した経験があります。

 

しかし、

ネットでは“謎”のまま。

 

あっても小手先のテクニックだけ。

 

 

つまりリアルなビジネスでは、

“謎”解きがあったとしても、

ネットビジネスでは、

“謎”が“謎”のままなのです。

 

 

でも考えてみれば

簡単なこと。

 

自分のお店しか見ていなければ、

わからないことなのです。

 

ネットであれば、

自分が出品している商品、

自分が出品しているお店、IDしか見ていなければ

わからないこと。

 

それが“謎”だったって話なのです。

 

 

結局、

市場を見ていない。

お客様を見ていない。

 

 

リアルなビジネスでは、

“見ていれば”わかることも、

ネットでは見ようともしない。

 

リアルでは学んでいること

研究していることを

ネットではしていない。

 

だから逆にネットは稼げるって

気づいたのです。

 

同じビジネスをしているのに、

ネットとリアルで分けてしまうから

上手く行かない。

 

だからリアルをネットで実践すれば

単純に抜きに出ることが出来る。

 

そして、そう考える新規参入者も少ない。

 

であれば、実践したもの勝ちじゃないかと!

 

 

それは数字となって現れました。

 

そして生き残れる秘訣にもなったのです。

 

 

だから今、

カメラ転売が上手く行かない人。

 

ネットビジネスが上手くいかない人も、

「リアルをネットで落とし込め!」と言いたい。

 

これからの時代、

落とし込める方は生き残り、

いつまで経っても

リアルとネットは別だと考える人は淘汰される。

 

これは今現在でも起きていることなのです。

 

 

ネットビジネスは

“謎”ではなく現実。

 

夢や魔法が蔓延る世界ではありません。

 

 

お客様は人間であるから

当たり前のこと。

 

この当たり前のことが

わからない限り

ネットビジネスも上手くは行かないと

心得てください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

 

【追伸】

6/20~『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP。

1週間集中して行います。

Zoom講義は、

■6/20(月)は22時から オリエンテーションと「売れる商品の探し方」の実践と講義。
■6/22(水)は22時から 「ライバルセラーの探し方」の実践と講義。
■6/24(金)は22時から 「リストの作成」実践と講義。
■6/26(日)は19時から 総括。

 

Zoom、チャットワークを

使いながら行いますので

参加される方は今からご準備ください。

 

ヤフオク、オークファンも

使い倒しますからね。

 

ご検討ください。

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。