boy writing

数字の“妙”と大きな勘違い。

売上は

客数×客単価。

 

もしくは

販売点数×平均単価

 

このネットを使えば、

一人1点の買い求めが多いから

客数≒販売点数

客単価≒平均単価

となる。

 

 

だから売上を上げようと思えば、

点数を上げるのか、

単価を上げるのか、

もしくは両方を上げるのかということになる。

 

 

月間の利益額も同様。

 

販売点数×平均単品益として考えれば

点数を増やすのか、

単品益を上げるのか、

それとも両方上げるのかになって来るのです。

 

その単品益を上げるには、

利益率を上げるか、

もしくは、一点当たりの利益額を増やす。

 

 

例えば、粗利率20%で1000円の利益と考えれば、

平均単価は5000円。

 

同じ5000円の商品を売っても

粗利30%になれば利益は1500円に増える。

 

逆に粗利10%で1000円の利益の場合は

平均単価は10000円。

 

粗利率15%で1500円の利益の場合には、

平均単価10000円。

 

つまり月間の販売点数を変えずして

利益額を上げようと考える場合、

単品益を上げなきゃならない。

 

その単品益1000円を1500円に上げようと考えた場合、

利益率を上げるのか、平均単価を上げるのか

そのどちらか一つとなるのです。

 

(この辺りで離脱が多いと予測する・・ニヤリ)

 

売上に関しても商品回転率で売上の確保の仕方は違う。

 

平均100,000円の出品金額で

月間の売上が100,000円の場合、

月間商品回転率は1回転となる。

 

これが平均50,000円の出品金額で

月間の売上が同じく100,000円であれば

月間商品回転率は2回転。

 

平均100,000円の出品金額で

月間の売上が200,000円であれば

月間の商品回転率も2回転。

 

実際に、こんな数字をイメージしながら

効率よく稼ぎ続けるのが私のカメラ転売。

 

結果、複数のデータから見ると

平均利益率20%、月間商品回転率1回転。

 

この数字を維持しつつ

『利益額を上げる』のが効率よく稼げるのです。

 

 

ただ、

平均利益率20%、月間商品回転率1回転は

目標ではなく最低限維持するライン。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

20%を下回って来ると、

利益額を維持するためには作業量が増える。

つまり数を売らなきゃならない。

 

月間商品回転率1回転を下回ると

出品数を増やさなければならず、

資金面で厳しくなる。

 

つまり作業時間と体力、

そしてお金の問題が出て来るのです。

 

 

重要なのは、ココから!

 

 

上回っている方が

さらに効率を求める時はいいのです。

 

ところが多くの方が間違えているのは

下回っている時。

 

例えば、利益率が15%だった方が

20%と聞いて目指そうとされる。

 

この時の間違いは、

「まずは20%に届いていないのだから、

20%を目標にする。」と考えられるのです。

 

だから20%の粗利が確保出来る商品を仕入れようとされる。

 

「20%でいいのですか?」と聞くと、

「今までが15%だったから、まずは20%で・・・」

 

これが利益率が改善されない問題なのです。

 

(商品回転率も同じような傾向ですから

置き換えて考えてみてください。)

 

 

そもそも15%の利益率が算出されたということは

商品を売っているから算出されます。

 

売れていなければ

あくまでも“見込み”となるわけで、

実績じゃない。

 

当然、今出品している商品。

在庫になっている商品も

同様に売れれば15%ぐらいの粗利と

なっているはずなのです。

 

そこに新たに粗利20%の商品を追加する。

 

それで最低限20%の利益率が確保出来るのでしょうか?

 

答えは“否”です。

 

いつまで経っても

20%には届きません。

 

理論的には20%以下の商品が全て売れて

20%の商品で埋め尽くされればいいのですが

現実問題として、それは出来ません。

 

必ず、売れる物もあれば

売れないものもあります。

 

ということは、

20%の商品をいくら仕入れが出来たとしても

1点でも20%を切っている商品が売れてしまえば、

20%に到達することはないのです。

 

では今現在、利益率15%ぐらいの方が

最低限20%を超える為には

どうしたらいいのか?

 

それは数、金額にもよりますが

基本的には25%~30%以上の

商品を仕入れ、売るしかありません。

 

今現在が15%なのだから

20%を超える為には、

それ以上の商品を仕入れ出品をするしかないのです。

 

そんな話をすると噛みつかれます。

 

「それは机上の空論でしょ?

今まで15%だったのだから、

いきなり25%以上と言われても

仕入れることなんて出来るわけがない。」

 

そう言われます。

 

だけど、言われる方にお伝えしたいのは、

「出来るわけがない」というのも机上の空論。

 

やってもいないことを

「出来るわけがない。」と言うこと自体、

最初からあきらめているのです。

 

例えば、CTCの中では

H山さんは22.5%の利益率。

北陸の本田さんは今現在25%以上の利益率。

YBさんなんて驚異の47.3%です。

今月は落としていますが

九州のmeguさんは年間通して22.3%。

「revive」開発者のMさんも年間通して23%以上。

 

上記彼ら彼女らの共通点は

誰でも仕入れられるヤフオクやメルカリ、

ネットショップ等々が主な仕入れ先。

 

それぞれ月間の利益額は多い方で

平均80万~30万までの方。

 

しかも月間販売件数も

50件を下回らない方々です。

 

ということは

時に20%を下回る商品があったとしても

ほぼ25%以上の商品を仕入れられている。

 

だから平均して

20数パーセントの利益率が確保出来ているのです。

 

そんな方々を真似ればいいだけの話。

 

今の自分が出来ていないからと言って

勝手に目標を下に組み替えようとするから、

いつまで経っても最低限の数字も超えられないのです。

 

 

だから今現在20%を下回っている方々は

20%を目標とされるのではなく

25%以上を目標とする。

 

そうすれば徐々に20%近づき、

いずれ20%を超えることになります。

 

 

再度お伝えしますが、

20%に辿り着いていない人が

20%を目標にしても辿り着くことはありえません。

 

間違った目標設定をすれば

間違ったまま意識し、

行動するところも間違ったまま。

 

結局は効率よく稼ぐことは出来なくなります。

 

ご参考に!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

そうそう今日の話、

月間50件売れていない人は

まずは50件の販売を実践しましょう。

 

例えば、月間10~20件の方が

「俺は20%以上だ!」

「私は月1回転している」

 

と言っても数が少ないから

上ブレ、下ブレしているだけです。

 

たとえ利益率が良くても

商品回転率が悪かったり、

 

商品回転率が良くても

利益率が悪かったり、

 

それよりなにより、

月間の利益額が確保出来ていなければ

本末転倒となります。

 

率はあくまでも指標。

 

問題点を探り出すためのものです。

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。