知らないのが“悪い”わけではなく、知ろうとしないのが“悪”!

そう言えば自分が社会人になった時、

「書留って何?」と聞いたことがあった。

 

学生の時まで

書類や重要な郵便物を送るということは

全くしたことがなく

一般常識に欠けていたのが私。

 

先輩社員に指示をされ、

言われた通りに行おうと思うのですが、

そもそもの“知識”が少なかったのです。

 

 

そりゃ私も学生時代には

いくつもアルバイトを重ねました。

 

だから社会人になっても

通用するって勝手に思っていました。

 

だけど結局はそれが間違いで、

勝手に“働ける”と

思い込んでいただけでしたね。

 

 

そんな小さなことから大きなことまで、

社会人なって

はじめて知ることは沢山あって

 

歳だけ重ねて来た今でも、

それは変わらない。

 

 

やっぱり他の方にとって常識であったとしても

自分が知らないことって

誰しも多いはずなのです。

 

 

しかも今の様に「ググる」という言葉もなく、

自分が知らないことに直面した時に

はじめて調べる。

 

だから自分が知らない分、

仕事の進み具合にも影響していたのは

明確で、それが当たり前の時代でした。

 

それで自分が教える立場になった時には、

知らないことを前提に

新人教育マニュアル等を作っていた覚えがあります。

 

 

それが

~今の時代は自分で簡単に調べることが出来る。~

 

 

ほとんどの方は

自分でスマホを持ち、

自分が知らないことは

その場で“ググる”ことも出来る。

 

それが今の時代なのです。

 

 

そうそう以前、

サラリーマン時代の同僚と飲んでいた時、

 

「最近の新卒は怖いぞ!

上司の話は生返事をしながら聞いて、

 

いざ、自分で言われた作業をする時には

youtubeを見ながら作業をしているんだぜ。」

 

と、聞いた時には絶句しました。

 

もちろん上司側の片一方の意見です。

 

 

だけど、まず新卒者が生返事。

 

これに驚く。

 

上司が「感じる」ぐらいでしょうから、

さぞ「うぜぇ~」と思っているのでしょう。

 

 

だけど上司の目の前ぐらいは

それらしい態度で接してきたのは

我々世代なのでしょうか?

 

 

それから

言われたことを行うのではなく、

自分でyoutubeを見て

調べるってことにも驚く。

 

 

社内の研修期間でさえ、

この有様ですから

配属された先ではどうなんでしょうかね。

 

上手くコミュニケーションが

取れるのでしょうかね。

 

 

ただ、これも

私が会社員生活が過去の話になっているのです。

 

つまり、今の世代を全く知らない。

私の方が無知なのです。

 

なにせ、

「そんなヤツ、採用するのが悪い!」と

私が言うと、

「有名大学卒でも、そんな子が多い!」と

返されたのですから多いのでしょう。

 

もちろん知らない私は、

「世も末だな~」と言っていましたけどね。

 

 

しかしながら

時代は変われば変わるもので、

本から知識を得ようとして来た世代と、

ネットで知識を得ようとしている世代。

 

雑学も含めて

明らかに最近の若い人の方が

中高年より知識を持っている人が多い気がするのです。

 

 

そもそも中高年には

「ググる」ことが苦手な方もいます。

 

これが時にはネットビジネスでは

致命的になることもあるのです。

 

 

そもそも私もカメラ転売を始めた時は

知らないことだらけ。

 

カメラ、レンズの商品知識が

足りないならまだしも、

それ以外のことも知らないことだらけ。

 

ヤフオクの名前は知っていても

ただ、それだけ。

 

出品作業も“カンタン”と聞いていたのですが

実際に自分が行った時には何時間も掛かったのです。

 

 

だいたい、「HTMLタグ」と出て来ても

意味も言葉も知らない。

 

教材には、「さも知っているでしょ!」って

感じで出て来て、

知っているのが当然の様に話が進む。

 

それに劣等感を感じながら、

ググっても

「さっぱり、わからない」

 

そんな自分が知らない言葉を

その都度調べてまた作業に戻る。

 

こんなことを繰り返し、

何時間も掛かりました。

 

 

だけど、どの教材を読んでも

自分が知らないことが

さも当然のように出て来るのです。

 

だから自分の認識が変わったのです。

 

それは教材が悪いのではなく、

自分の中でも「知らなきゃいけないこと」と

教材が教えてくれている!

 

 

ネットビジネスをするなら

知っておかなきゃ行けないこと。

 

転売ビジネスを行うなら

知っていることが基本的なこと。

 

それが、教材の中では

そのまま進んでいるのです。

 

 

つまり、教材が

「知らなきゃ行けないことですよ。」と

教えてくれているわけで、

躓きながらも自分で調べるから

次に進めるのです。

 

現にHTMLタグは

ebayの出品ページを作る時も

他の転売ビジネスでも

結局出て来る。

 

知らないから

避けて通ろうとしても

結局、どこかの段階で出て来るのです。

 

もちろん

プログラミングの言語を学ぶ必要もなく

簡単に意味を知って、

少しだけ使えればいいわけで、

ダメなのは、

「わからないから飛ばす。」

という人。

 

 

一旦、飛ばしたとしても

後で戻って来ればいいのですが、

結局、「ヤラナイ」と選択をしてしまえば、

高く売ることも

早く売ることも

出来なくなるのです。

 

転売ビジネス自体が続かない。

ネットビジネスでも致命的になるのです。

 

 

今の時代は動画でも説明があったりします。

 

だから動画通りに進めればいいのですが

自分で勝手に取捨選択をしてしまうのがダメ。

 

 

一番の問題は、

知らないのがダメなのではなく、

知ろうとしないのがダメであるということ。

 

そもそも自分がはじめて転売ビジネスをするのですから

知らないことがあって当たり前。

 

その知らないことを

自分で調べようとしないのがダメ。

 

もっと言えば、

自分が「飛ばしてしまおう」としたところに

稼ぐコツが潜んでいたりするのです。

 

だから、飛ばしてしまえば

稼ぐことが出来なくなるのです。

 

 

何度も言いますが、

自分が“知らない”のが悪いのではなく

自分が“知ろうとしない”ことが悪。

 

その為に、

「検索能力」も上げる必要があるってこと。

 

 

今の時代に生きているのですから

今の時代にアジャストしなきゃ生き残れない。

 

そう考えて

ネットビジネスに向き合ってください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。