考える“脳”を作る!

3月の

『売れる商品の見つけ方』

WORKSHOPも

第2回目のZoom講義が終わりました。

 

 

この2回目が終わると

“安堵感”がネットを介して伝わってきます。

 

顔色もパッと明るくなるのです。

 

 

もちろん初回は緊張感もあって

固い雰囲気もあるわけで

2回目となるとその緊張感もほぐれて来る。

 

そして1日目2日目と

「なんで、こんな作業をしなきゃいけないんだろう?」と

考えながら行って来たと思うのです。

 

 

ところが、

その“意味”と“意図”を理解した瞬間、

急に流れる雰囲気も明るくなるのです。

 

これは人間、年齢も性別も関係なく、

「理解できる、わかった」時に

嬉しさが相手に伝わって来るのだと思います。

 

 

その証拠に昨夜参加された方から、

「一つ一つのお話が奥が深く、

明確に数値化し分析し続けることが重要なんだと思いました。」

「今回は人数も少ない関係で

ライバルセラーの見つけ方についても実践しながら、

わかりやすく教えて貰えたので良かったです。 」

と一言感想も頂きました。

 

この感覚は、

WORKSHOPに参加された方々が

皆同じような感想を持たれるのです。

 

 

過去の参加者の中には

残念ながら2回目のZoom講義は

休まれた方も見えるのですが、

これが非常に残念。

 

お仕事の急な都合もありましたし、

お子さんの体調の変化もありました。

 

だけど、

「理解不明」→「理解可能」と

なる瞬間を体感出来なかったのは

残念だったと思います。

 

コレ録画じゃ伝わりませんからね。

 

 

私は、この雰囲気、空気を

体感することは非常に需要だと思っていて、

何かが、

「出来た!」という喜びの瞬間って

子供のころから変わらないと思うのです。

 

 

ただ大人になると

新しい発見もチャレンジも少なくなって

体感するチャンスも減るわけ。

 

それで顔色が変わることも少なくなって

無表情の大人の一丁上がり。

 

シワだけが増えた

能面が出来てしまうのです。

 

だからWORKSHOPに参加すると

驚きとか感動とかの体験も出来るから

いいと思っているのです。

 

そんなメソッドになっていますしね。

 

 

じゃ何故そんなメソッドを作ったのかというと・・・。

 

 

どんな転売ビジネスでも

ノウハウ通り、

言われた通りに行うって大切なことですよね。

 

いろんなノウハウ、

PDFの教材や動画コンテンツもそうですが、

全ては作成者の成功事例から

出来ているものだと思うのです。

 

ですから、その通りに行えば

基本は同じように稼げる。

 

だけど、あくまでも

“基本は・・・”なのです。

 

実際は言われた通り

教材通りに行える方は少なく、

特に40代50代になると、

自分では

「教材通りにやっている」

「言われた通りにやっている」と

言われる方が多い。

 

しかし、上手く行っていない。

 

その理由は

ちょっとやり方がズレていることが多いのです。

 

 

もちろん本人、

ズレている意識はありません。

 

その通りにやっていると思っています。

 

しかしながら、

「それ違うんだよな~」ってことが多く

本人だけは気づいていないことが多いのです。

 

もちろん、言われた通りに行っている“つもり”の本人は

ノウハウに疑問を持ち、

「もっと違うやり方があるに違いない。」と

【他】を求めて彷徨われる。

 

アッチのノウハウを手に入れてみたり

コッチを覗いていたりとされるのです。

 

これをノウハウコレクターと言うのですが

結局、「知っている。」と言っていても

全く出来ていない人間が出来上がるのです。

 

それが40代、50代に多い。

 

結局、他責になっているのにも

気づいていないのです。

 

そんな方々の特徴は

一言で言って

「やり方」しか見ない。

ってこと。

 

常にやり方しか求めず、

そのやり方も間違っていることにも

気づかないのです。

 

 

そもそも、素直に“やり方”を実践出来れば

問題ありません。

 

正しく行っているのだから

成果も出るはずです。

 

 

ただ、ただですよ

40代50代は、

凝り固まったガッチガチの頭。

 

頭が固いのです。

 

だから素直に真似をすることが

ホントに出来ない。

 

そんなオジサンを見て

「素直になりなさい。」と

30代の先生が言われるものだから、

また40代50代は固くなる。

 

意地を張って逆に

“素直”になれないのです。

 

もうこうなると

何を言っても出来ないワケ。

 

正しいことを伝えても

“自分なりに”

“自分らしさ”

という言葉を武器に、

 

稼げていない“自分”の考え全開で

ことを進められるのです。

 

これでは誰が見ても

正しくノウハウを遂行出来ませんよね。

 

でも何度も言いますが

本人は気づいていないのです。

 

それでいろんなスクールや

ノウハウを買い求めて

1年で100万、200万を使われてしまうのです。

 

こんなことになりたいですか?

なりたくありませんよね?

 

であれば、理解する“脳”

考える“脳”を作ることが先決だと

私は思うのです。

 

だから今まで考えても見なかった

そのビジネスがなぜ稼げるのかを“知る”。

 

そのノウハウの意味と意図を“考える”。

 

この2つをお伝えしているのです。

 

 

そもそもお金に飢えている人は

1分1秒でも早く稼ぎたいわけで

「なんでもいいから稼ぎ方を教えろ!」

「教えてくれ」と

クレクレ星人になっています。

 

しかしながら、例えそこで教えたとしても

その通りには脳ミソが凝り固まっているから出来ないワケ。

 

もっと言うと人間、楽したい生き物だから

エネルギーを使いたくない。

 

人間、最もエネルギーを使うのは

筋肉ではなく脳ミソ。

 

つまり考えることだから

そこを楽したいと考えないようになるのです。

 

結果、考えなくていい

やり方だけを知りたい、教えろ!

 

だけど、その通りにも出来ない。

 

この悪循環を断ち切るために、

なぜ、その作業をやらなきゃ行けないのかを

考える。

 

そのノウハウを

どうしてやらなきゃ行けないのかを考える。

 

 

それが理解された時は

正しいやり方も遂行出来るでしょう。

 

また自分なりのやり方をしても

間違ったやり方はしないはずです。

 

なぜなら意味と意図から

外れないから。

 

そして人間は

新しいことが分かった時は

喜びを感じます。

 

喜びを感じると

「もっともっと」と

知識欲も出て来ます。

 

それで新たなノウハウも知りたくなる。

そんな新たなノウハウも

「こんな意味があったんだ!」とわかると

間違ったやり方はしない。

 

稼げる。

 

つまり好循環が生まれるのです。

 

だからWORKSHOPのメソッドは

「理解できる、わかった」を

体感してもらうように作ってあるのです。

 

 

 

そんなWORKSHOPも

折り返し地点を過ぎました。

 

最後の売れる商品で埋め尽くされた

オリジナルリストの作成手前。

 

今回もどんなリストを皆さんが作られるのか

楽しみです。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。