カメラ転売は、「5年落ち」が狙い目!

5年落ち!

 

こんにちは、やまとです。

 

凄いね、売れ筋商品や

傾向や対策の話になると、

急に『熱』を持たれる。

 

昨日も、「2012年~・・・・」と

ボソッとつぶやいたように

1,2行だけ載せたのですが、

早速問い合わせがあったので、

すこしだけ説明しましょうかね。

 

あまり新しすぎる商品は、

新モデルが発売されたり、

その情報が流れて来たりすると、

やはり相場が崩れ始めます。

 

その点、古い商品の方が、

相場は左右されにくく、

安定している。

 

だから稼ぎやすいのですが・・・・。

 

一つ問題が!

 

売れにくいのです。

古い商品は最近は売れにくいのです。

 

昔は古いカメラに、

レンズを2本つけて『レンズセット』にして

販売するという手法が流行りましたが、

これも、あまりにも古いと売りにくい。

 

特に初期モデルは10年以上になって来て、

少々見た目も古さを感じるのです。

 

これ、ミラーレス一眼の世界でも同じ。

初期モデルに古さを感じるのです。

 

確かにレンズをセットにして

1万円台、2本セットにして2万円台は

初心者に手が届く範囲なのですが、

やはり他の商品と比べると「古さ」が

画像からも感じ取れるのです。

 

となると、以前と比べて

「欲しい」と思う人が少ないのです。

 

新しければ、相場の変動があって

古すぎると売れない。

 

その「匙加減」が難しいと思われるかもしれませんが、

だいたい5年落ち前後の商品は

相場も安定していて、

しかも古さを感じる商品も少なく、

売りやすい。

 

もっと言えば、

現行モデル(今発売している商品)よりも、

【おしゃれ】なデザインが多い。

 

これはお客様からの

ご意見なんですけどね。

 

だから、この5年落ち。

狙い目なのですが、

ココにも問題が一つ。

 

結構この辺りの商品、

競争が激しいのです。

 

タイミングが合えば、

仕入れやすいのですが、

その「タイミング」の見極めが

難しい。

 

そこで少しだけ『スラす』のです。

それが2012年以降のモデル。

 

これは微妙なラインなのですが、

6年、7年前のモデルは、

意外に【狙い目】。

 

私の場合は「アラート」機能に

仕入金額を入れて、

設定しております。

 

すると意外にノーマークで

仕入が出来るのです。

 

ということは、

この辺りを狙う方は意外に少ない。

 

カメラ自体にも1万後半の相場から

2万円台で、

これにレンズをつけてセットにすると

サッサと売れて行くのです。

 

これ2月の売れないと言われていた時期にも

かなり効果的に売れましたので、

是非チャレンジしてみて欲しい。

 

売れるだけでも、

仕入れやすいだけでもダメ。

 

仕入れやすく売りやすい商品。

 

これを考えるのが

一番難しい。

でも「楽しい」と思えるのは、

難しいコトにチャレンジすること。

 

 

この週末、騙されたと思って、

是非リサーチにチャレンジしてみてください。

 

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP