カメラ転売!資金は必要か?

こんにちは、やまとです。
本日も仕入れていますカメラやレンズ。

家内が仕入を行うと、コンデジやミラーレスが中心となります。

が、これがまた結構いいのですよ。

日数も少なくて価格が上がるし、
ほぼ毎回同じ金額で売れていく!
しかも、カメラ転売をメインで行っている方は、
結構見逃している、コンデジやミラーレス。

レンズと比べたら仕入がしやすい。
だから、毎回同じモノを仕入れてきています。

最近の家内は10個ぐらいを平気で出品していて、
しかも私のIDでも出品画像はほぼ家内。

ちょっとは、社員がしていますけどね。

ある意味、外注化が進んでいます。

でもね~
流石に仕入のメインは私が行っています。
やっぱりすべて任せてしまうと数が足りない。

ある程度数は必要ですからね。
さて、質問が来ました。
カメラ転売は資金が必要ですか?との事
それは~

【詳しくは編集後記で】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
物販ビジネス・不動産投資・書道家
・コピーライター・・・等々
絶対に見逃せない対談動画はこちら
http://yamatocamera.com/wp/16um
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このセミナーに参加するかしないかで、
あなたの人生が決まる!
ガンの宣告を受けた
センゴクさんのセミナーはこちら
http://yamatocamera.com/wp/9mty
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラ転売は資金が必要ですか?との質問!!

そうですね、流石に0では出来ませんね。

商品を仕入れなければ転売が出来ませんから(笑)

でも、始められる時にクレジットカードでも充分できるのですよ。

カードにもよりますけど、締日から25日ぐらいは時間が開いております。

例えば、○月2日に購入した物は、
翌月の26日ぐらいの支払いになるという事です。

50日以上期間があります。

ですから、その間に販売を出来れば現金は回転します。
実際に私は始めた当初は全てカード。

カードでまずは支払って、予定額まで使ったら、
後は現金で仕入れをする。

このパターンでした。

でも私もすぐに、カードの枠がいっぱいになって
カード会社から枠を上げませんか?
と来ましたね。

それでカードの利用限度額を上げて回転させたという事です。
実は、この時に培った手法が今でも生きています。
というのは、いくら仕入れても売れなければ意味がない。

いくら利益が出ると見込んだ商品も
売れなければ意味がないという事に気づいたのです(笑)。

当たり前なんですよね。
実際にカメラやレンズは1カ月以内には売れて行きますが、
全ての商品を1カ月も掛かっていたら額は稼げません。

稼ごうと思ったら、かなりの在庫数と金額が必要となります。
平均2万の商品を50個揃えれば、100万円が必要になります。
それで、月間1回転と考えれば、月の売上が100万円。
利益率が20%としたら、20万の利益となります。
そこで私の場合、
例えば、5,000円儲かると見込んだ商品。
これに費やす時間が1か月と考えるより、
同じ商品を1,000円から2,000円安くして、早く売り捌く。

そして1カ月以内に3回転させた方が、
3倍稼げるという手法です。
もちろん、そこにはより人気が高いく、
仕入れ値が低い商品を考えなければいけないですけどね。

なんだかんだ言っても、ヤフオクのおかげです。
入金は直接の振り込みが多いので助かりましたね。

今のeBay無在庫販売はPAYPALに一旦入ってから、
自分で引き出すという作業が必要ですから。

しかも手数料が引かれているし・・・・(泣)

当たり前なんですけど、
後で手数料を払うシステムとはちょっと違います。

結論からすると、資金は無いよりはあった方がいい。
でも、そこに注力するよりも、
よりリサーチに力を入れた方が稼げるという事です。

ご参考に・・・・・。
今回は、ここまで
やまとでした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。