記憶なんてコンなもの!!

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

今の中学生はスキー合宿なんてものが
あるのです。

今2年生の娘は、今年にスキー合宿。
それから進級後は修学旅行と、
連続している様で、
楽しみにしているようです。

ウエアを持って行くか、レンタルするのか
迷っている様なのですが、
結局は荷物になるという事でレンタル。

中学生で、目立つのは嫌だそうです。

高校1年生の3番目の息子は、
生物の成績が1番だったのに対し、
理系で物理を取ってしまったと
嘆いています。

宿題が少ないコースを選びたいと
言っていたのに、
何となく先生からの
無言の圧力に負けた~と言っていました。

そんな息子と話している時に、
高校生の時のクラスの事を言われて、
何組か忘れてしまっている私がいて・・・。
なんと、大学時代の学籍番号が
思い出せない事も本日気づきました。

もしかしたら、全てが夢だったかも・・・。
と言う気になっています(汗)

人間の記憶力って、こんなものですかね。

20代の頃は、学籍番号って言えたと思うのですが・・・。
そういえば、はずかしながらカメラやレンズも
覚えるって事が少ないは私です。
あくまでも販売するためのネタとしてしか
覚えていません。

カメラマンの方に、
「どんなカメラやレンズがいいですか?」
って聞かれた時に
「わかりません」
って答えた事を覚えています。

興味がないのかと言われると、
そうではなくて、
興味はあるのですが、
それほどドップリ浸かろうと
思っていないと言った方が正しいのでしょうかね。

一眼レフや白くてバズーカみたいなレンズが手に入った時には、
うれしくて外に持ち出したりするのですが、
それも長続きしませんし、
撮影するのが楽しいのかと言われれば、
その時の気分でしかありません。

だから、カメラが好きな人にとっては、
物足りないかもしれません。

しかし、転売目的に商品として仕入れているわけで、
ドップリ浸かりたくないという
思いもあるのです。

当初は雑誌や本を読んだりして勉強したり、
そんなクラブに入ったりもしましたが、
何せ趣味の世界。

好き嫌いが激しい方が多いのを
そこで知ってしまいました。

自分が使っているメーカーが一番!!
っていう感じ!!

まぁ、そうなるのもわかりますけどね。

カメラ転売で一番ダメなパターンは
選びすぎてしまう事です。

好き嫌いで判断してしまって、
売れる売れない、
利益が取れる取れないで
判断しない事がダメなパターンです。

見向きもしないというか、
見落としてしまうというか・・・・。

メーカーが偏ってしまうのです。

あくまでも商品として見られる様にしたいですね。

よって、特徴やスペックを知る事が
悪いのではなく、
そればっかりに走ってしまって、
リサーチにならない事の方が問題です。

一番は、「ほどほど」に!!

コレですね。
今回は、ここまで
やまとでした。

 

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。