謝る勇気

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

実は先日個別のスカイプを行ったのです。
日中だったのですが、私はその方が都合が良くて了承。
時間前からPCの前にスタンバイしていたのです。
ところが・・・
時間になってもスカイプはつながらず、チャットでの返答もない。
仕方なく他の作業を始めたのですが・・・。
およそ1時間後にチャットが入って・・・・

普通だったら激怒する所です(笑)
しかし、彼は平謝り。
申し訳ございません。ごめんなさい。すみません。を何度も・・・

私は許してしまいました。

というのも、過去このようなことがあった時には、必ず理由というか訳というか、言い訳を先に言われる方が多いのです。

「〇〇をしていました」
「〇〇が遅れました~」etc
その後に「すみません。」って言われる方が多いのです。

コレって違うのではないですか??

待たした相手に、まずは先にお詫びするのが基本じゃあありませんか?
相手に対しての、申し訳ないというお詫びの気持ち。
こちらの方が先ですよね。

しかし、怒られる。怒られたくないと。いう気持ちが先に立って、まず言い訳から先にされる方が多いのですよ。
私の場合は、ほぼ聞く耳持たず、目線は逸らしているのですけどね(笑)

でも、彼の場合は、先に謝って来ました。
遅れた理由は勘違い!!
これも素直に言って来たので許してしまいました~。

まぁ始めて事ですし、いつも時間を守ろうとする男ですから・・・・

確かに最近の若い人は、「すみません」「申し訳ございません」って言えない人が多いと思いますが、しっかりしている若者もいるんですよ。なんだか逆に嬉しくなってしまいました。

一方で私の様なオジさんが、申し訳ございませんとか、すみませんって言えない人が増えている様な・・・。

特に若い人に対して言えない人がいる様な・・・・。

謝るにも勇気は必要です。

私自身も気を付けますm(__)m

 

今回はここまで

やまとでした。

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。