あなたはプロです。

こんにちは、やまとです。

まだカメラ転売大辞典を手に入れられていない方は、

こちらから↓

button_012

 

今日もいい天気でした。もう半袖でも大丈夫ですね
ただ、夜になるとまだ寒い・・・・・。

 

こんな時は気温の変化で風邪をひきやすくなります。

皆さん気を付けてください。

 

 

さて、皆さんカメラ転売を取り組んでいますか?

 

これから、売りやすいシーズンがやってきます。
是非取り組んでください。

でも、一つだけ注意したいことがあります。

 

それは、商品を購入する側の事を考えてほしいという事です。

 

 

当り前の事ですが、入札してくれる方は、その商品が欲しいという事、
しかも、誰でもないあなたが出品している商品が欲しいという事なんです。

 

コレがわからずに、ただ仕入れるだけ、ただ出品するだけにされている方が見えます。

 

もしあなたが、本当に欲しいと思った商品が、そんな状況で出品されていたら、
悲しくなりませんか?

 

 

これから、長い間その商品を使って楽しもうとしているのに、

 

 

どうでもいい画像、どうでもいい説明文、しかもノークレームノーリターン。

どうですか?これで買いたくなります。

 

 

一般の方が、不要品の販売をしているのと、我々は訳が違います。
シッカリプロとしての意識を持ってください。

 

 

確かに、カメラは知らない方もいらっしゃいます。

 

でも、調べればすぐにわかる事も蔑ろにしての出品。

 

画像もただ移せばいいでしょ状態で出品。

 

それで、「高く買って下さい。」は、無いでしょう。

 

 

 

カメラ転売を取り組んでいる方は、特に出品ページにこだわりがそれぞれあります。

私は、こういうポリシーで、こういう事にこだわっております。と言うのが伝わってきます。

 

常に、入札者の方を意識して、わかりやすいように工夫をして出品してます。

 

そうです。我々はプロだからこそ、それぞれのこだわりを持って商品を紹介しているのです。

 

それを蔑ろにすれば、入札も増えませんし価格も上がりません。

 

しいて言えば、我々の仕入対象になるだけです。

 

よって、価格は相場の下ぐらいですね。

 

 

 

全てに詳しくなれと言っているわけではありません。

でも、詳しいですよと言うのは、アピールしなければ、

安心してオークションも楽しんでもらえません。

 

 

もし、わからないことがあれば、調べればすぐにわかります。

もちろん、本当にカメラ好きの方であれば、

逆に教えて貰うことだってあります。

 

 

それで、次に生かせばいいじゃないですか。

 

 

利益が出ればいいだけではなく、魂を込めた出品ページを作りましょう。

 

 

それだけで、きっと入札数も落札価格も上がります。

 

 

 

今回は、ここまで
やまとでした。

メルマガ登録

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。