セミナーに参加する理由

篭橋 やまと

【セミナーに参加する理由】
 
有料、無料いろんなセミナーがあります。もちろんバックエンド販売まで考えてあるセミナーもあります。
 
私は年間8から9ぐらいは受講しているようです。
それが多いのか少ないのかはわかりません。
ただセミナーを受講する理由は、セミナー終了後に自分がこうなっていたいと考えるからです。
 
例えば、
〇〇が出来る状態。
〇〇が学べている状態。
この〇〇を知るためにセミナーに出るという目的があるから受講します。
実際セミナーはあくまでも机上論を学ぶ場として考えおり、
実践はセミナー後になっていますから、
セミナー受講後の自分が熱い状態のうちに何か一つを動き出すと言う目標を持っています。
 
ところが、このセミナーにも良かったセミナーと、もうちょっとだったな~と思えてしまうセミナーがあります。
良かったのは目的を達せられたとき、もうちょっとは目的とかけ離れた、もしくは達せられなかった時です。
 
でも、このセミナーも自分が思いもよらぬ発見があった時はサイコーです。
私の中では、こんなセミナーを「自分におみやげが出来たセミナー」と呼んでいます。
 
多くのセミナーは東京、大阪が多く、私は名古屋から新幹線を使って・・・。
という事は時間にして東京であれば往復4時間。交通費で3万円以上かけてセミナーに参加するのです。
せこい話ですが、セミナー代金にその時間と交通費を足して、それ以上の成果をいつも期待して行きます。
 
成果と言うのは常に3倍以上。だから3,000円のセミナーで交通費と合わせた額の3倍、約10万円の成果がその1か月後以内に出るというのがセミナー受講の成果としています。
 
コレが私の考えです。
 
しかし、このセミナーに参加した時にいつも『おみやげ』を頂ける方がいます。それが昨日お話しした時さんであったりします。時さんのセミナーも素晴らしいです。
 
実はもう一人いるのです。それが転売トレーダーの前村さんです。
前村さんのセミナーはそのスピード感、その実績に圧倒されるだけではなく、参加者に必ず『おみやげ』を出してくれます。
それは無料のセミナーでも同様なのです。
メンタル面でのおみやげであったり、ビジネスのヒントであったり・・・・e,t,c.。
その優れたプレゼン力と言葉の巧みさが前村さんからは伺えます。だから妙に説得されてしまいます。
 
いつも帰りの新幹線の中、
「今回のセミナー良かった。」ではなくて「今回のセミナー、サイコーだった。」と振り返る事が出来るセミナーをされる前村さん。
 
凄いのです。
 
ただ、一つ個人的に残念なのは、前村さんのギャグでであまり笑えた事が無いという事(笑)。
聞き漏らさない様にと身構えて受講するから、ギャグを聞き逃してしまう傾向に私はあります。
周りの方が笑っているのに、自分だけ気付かないという状態ですね。
わざわざ和やかな雰囲気に使用としているのに気づいていないという情けなさ。
次回からはギャグも聞き逃さない様にしますと宣言したいです(笑)
 
そんな方々の対談がこちらです。
 
熱すぎる人たちの対談を見て学んで、明日からの生き方を考えて見て欲しいものです。
merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。