レンズ、レンズ、レンズ

こんにちは、やまとです。

 

 

 

ヤフオクで出品する時、商品説明文って、最初はどうやって書けばいいのか、わからないものです。

 

簡単に言えば、画像でわからない事を文章にしてわかりやすく伝えるのが

 

基本なんですけどね。

 

 

 

全くカメラがわからない方が、カメラ転売を始めると

 

デジタルカメラのボディのチェックに不安がよぎりますが、

 

実際始めてしまうと、カメラは触っているうちに

 

すぐに、どうやって撮影するのか、どうやって動かすのかが

 

わかるようになってきます。

 

 

iphoneと一緒ですね。説明書がなくても触っているうちにわかるという理屈です。

(私は時間がかかりましたが・・)

 

説明も問題個所がなければ、そんなに難しくありません。

 

もちろん、カメラの知識が全く必要がないと言えば嘘になりますが・・・・。

 

 

 

 

でも、レンズは、専門的な知識が最初にちょこっとだけ必要です。

 

 

商品説明を文章にするのも、最初にコツを覚えないといけません。

 

 

 

だいたい、『光学系』という言葉ですら、最初はなじめませんもんね。

 

光の通り道の所とでも、覚えればいいんでしょうですけどね。

 

私も、他の出品者の説明文をよく見て勉強しましたもんね。

 

 

簡単にいえば、レンズのチェック方法は

 

①レンズの外観のチェック

 

②光学系のチェック

 

③動作のチェック

を、行えば大丈夫です。

 

 

①と③は見て、触って、動かしてという感じでチェックします。

 

 

②の光学系のチェックだけは、レンズの状態がどのようになっているのかを

 

文章にしてわかりやすく伝えてあげるのが、コツです。

 

伝えるのは、

㋐ちり、ほこり、ゴミの混入

㋑キズの有無

㋒カビの有無

㋓くもりの有無

㋔バルサム切れの有無

を伝えるという事です。

 

 

今回も動画を作りましたので、どうぞご覧ください。

 

実際にレンズを使ってのチェック方法はこちら

 

 

今回も豪華2本立てです。

 

詳しく知りたい方は、メルマガもお読みください。

 

 

今回はここまで、

 

やまとでした。

 

************メルマガ************

「おじさんでも出来た!もちろん若くても・・・誰でもできるカメラ転売!」

あなたもプラス10万円稼げます。

購読希望はこちらから↓

おじさんでも出来た!もちろん若くても・・・     誰でもできるカメラ転売!



 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP