商品知識を増やせ!

こんにちは、やまとです。
なかなか布団から出る事が出来なくなってきました。
従来のサボりたがりを、なんとか精神力で払拭すべく
努力しております(笑)
でも、私自身言える事は、サラリーマン時代とは違うという事。

 

寝る前には、
「明日も仕事か!」

起きる時には、
「今日も仕事か!」

という考えが頭を過って、
中々毎日を楽しむ事が出来ませんでした。

 

 

今は、どうかと言うと、
確かに布団から出るのは根性が要りますが、
「嫌だ!」
と言う思いにはならないという事です。

 

大きいんですよね。この違い。

 

サラリーマン時代は、どうしても
やらされ仕事!

 

今は自分の為の仕事を出来る様になりました。
サラリーマンは会社に行けば、給料を与えられるような気がして・・・・。

 

給料をもらう分、会社に行かなければいけない気がしてましたね。
当然これでは仕事の量が違って来ます。
これ、サラリーマン時代には気づかないんですよ。

 

 

自分のポテンシャル!

 

当時は、自分より仕事をするヤツはいないなんて思っていましたし、
会社にこれだけ利益貢献しているだからという自負はありました。
しかし独立してしまえば、そんなプライドはどうでも良くて
ただ明日の為にお金を稼ぐことに注力していましたからね。

 

 

結局、井の中の蛙、茹でカエルの状態で
外海に飛び出せば自分の可能性が会社によってスポイルされている事に
気付く事が出来ました。

 

コレ上から目線でもなくて、
本当にそうなんです。

 

このメルマガを読まれているあなた自身も
もっと可能性がある事に早く気付けると自分自身が大きくなれます。

 

今すぐ辞めちゃえ!なんて乱暴な事は言いませんけど・・・。
このカメラ転売に出会えたことが大きいのは事実。

 

 

出会えてなかったら、運送屋のオヤジで終わっていましたからね。

 

 

さて、本日は商品知識の話。

このカメラ転売を行う時に、細かな知識を必要とはしません。

私は趣味でカメラを持った事もありませんでしたし、
写真に興味がある事もありませんでした。
でも、始められるのです。

 

 

始めはカメラやレンズの状態チェックをする為の知識だけで充分なのです。

量を扱っていると、そのうち知識も増えて来ますから。

 

 

ただ、初期の頃の知識だけで取引が行えるのかと言うと、
そうではありません。

 

 

徐々に扱う幅が広がってくると、やはり知識は必要になって来ます。

どんな方が、どんなカメラやレンズを使うのか。

このカメラを購入する方は、どんな方が多いのか。

プロの方や中級者や、初心者が扱うのか。

なんて事は、知識と共に経験を積みながら覚える必要はあります。

やっていれば、そんなに難しい事は無いのですけどね。

 

 

昨日、新しいカメラが発売されますよと報告したら、
センササイズ(イメージセンサ)についての質問を頂きました。

 

実は、私もカメラ転売をはじめて1カ月間、
全く意味も言葉も知りませんでした(笑)

 

なんで、同じような機能でこんなに価格が違うのか?
なんて疑問に思っていましたから・・・。

 

そこで復讐の意味も込めて、今回はこちらの動画をご覧ください↓

今では、コンパクトデジタルカメラにも
大きなセンサを搭載した高性能カメラもありますよね。

 

 

そのアタリは、自分で仕入れた商品に興味を持って調べると
結構楽しいものです。

少しづつでもいいから、商品知識は増やした方が
絶対に有利に立てます。

 

今回は、ここまで
やまとでした。

 

 

そうそう、今回のメルマガでは

「注目のオークション」についてお話しております。

是非、メルマガ登録してご覧ください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。