泥棒じゃないねん!!

午前12:00頃、歩いていると遠くから
「助けて~!助けて~!」の声。
かすれた声で鳴きながらの声がどこかでする。
とても小さな声だったが、
「こりゃ、一大事!」
という事で声のする方へ行くと
「お風呂から出れないんです。」との声。
しかも、女性!!

「どうされたのですか?」と聞くと
「お風呂に入ってたら、お風呂のドアがどうしても開かないんです。開けて下さい、助けて下さい。」と言われる。
部屋を伺うと集合住宅の2F!
「とりあえず、玄関に向かいます」と言って玄関に向かうと
当然カギが掛かっている。
また声のする方に向かい、
「カギが掛かっていますけど・・・・」と言うと、
「そうなんです。」と言われる。

考えて見れば、女性が一人でお風呂に入るのだから、
カギが掛かっていて当然。

「ベランダの窓は開いていますか?」と聞くと
「たぶん・・・・」
こうなったら覚悟を決めて、集合住宅2Fの部屋の玄関をたたくと
都合良く隣の方が見えられた。
「隣の方がお風呂に閉じ込められてて・・・・」
「隣の方はいないはずだけど・・・。」

この瞬間、私は幽霊を疑う事となる。が、

「ベランダから隣に部屋を確認してほしいのですが」
と言うと、一旦ドアが閉まりベランダで声を掛け合う気配がした。

間もなく玄関が開かれ、部屋の奥からベランダへ行く事になった。
ベランダには間仕切りがあって、流石にブチ破るのは抵抗がある。

結局ベランダの「外」から隣の部屋にお邪魔する事となった。
2Fと言えども、一旦ベランダの外に出るのは流石に怖い。

すると気を利かせた奥さんが椅子を持って来てくれた。
椅子をお借りしてベランダの外から隣のベランダへ侵入。

d9fb2927882269e4fd4b7275de29c576_m

お陰様でベランダの窓は開ける事が出来た。

 

ここでもう一つの問題。
それはお風呂・・・・。しかも女性が一人!!

「開けてもいいですか?」
と声を掛けると、泣きじゃくる声しかしない。

ヤバイと思ったが、お風呂場のドアを力いっぱい開けた。

中に女性が一人。『服』を着た女性が一人、髪の毛が濡れたままの女性でした。

話を伺うとなんと3時間も風呂場で声を上げられていたとの事。
お風呂のフタを閉じて立って窓から声を上げていたのに、気づいたのは私一人だったらしい。

フタが落ちて膝を怪我をされていたが、一人の部屋に長居するわけにも行かず、早々に部屋を出た。

隣の方にお礼を言うと、逆に隣の方が住まわれている事がわかり安心したと感謝された。

ベランダを飛び越えた時に私は膝を痛めたらしく、
帰りの階段を下りる時、手すりに掴ったのは言うまでもない(泣)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。