犯人は誰だ!!

こんにちは、やまとです。

 

 

次男も無事高校に合格し安心しております。

 

この次男なんですが、全く受験勉強をしなかったですね。

「宿題だけでいい、受験勉強をしないで合格する!」

と豪語し始めたのが去年の夏。

 

面談の最中に先生の前で言ったらしい(笑)。

 

学年でも結構いい順位だったので、先生も必死だったらしいが、

結局しないで寝てばっかり!

それでも、まあまあの高校に合格したのは立派。

 

とりあえず、親としてはホッとしております。

で、今日は入学案内と共に、何だか試験があるらしく、

順位によってクラス分けがあるんじゃないかとの事。

学生は大変ですよね~

 

さて、最近はカメラも好調になって来て、

先日は、ゼミ生から

「今月は20万から脱出できます。」

なんて来ました。嬉しい限りです。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
物販ビジネス・不動産投資・書道家
・コピーライター・・・等々
絶対に見逃せない対談動画はこちら
http://yamatocamera.com/wp/16um
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このセミナーに参加するかしないかで、
あなたの人生が決まる!
ガンの宣告を受けた
センゴクさんのセミナーはこちら
http://yamatocamera.com/wp/9mty
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

カメラは相変わらず好調なのですが、

嫌がらせの落札にあっていたりします。

 

落札後に連絡が無い!!(怒)

 

これ去年の2月にもあって、あまりにも酷い状況になって一つIDを無くしたのですが、

今年も2月からこの3月にかけて不穏な空気が漂っているという状況です(汗)

 

たぶん、オークションの取り消しが問題かもしれません。

先日長期在庫品の処分を行おうとした時に、

あまりにも価格がががらなった商品を終了直前に取り消しましたから。

 

普通は再主品した時に、質問欄に抗議してくるとか、

他の出品商品に抗議してくるとかあります。

 

しつこい人は、ヤフオクに違反商品として申告したりする人もいます。

こんな方のIDはさっさとブラックリストに登録した方がいいですね。

 

オークションの取り消しについては賛否両論あり、

一度は無くなりそうだったのですが、結局は今現在もそのルールは適用されています。

 

という事はヤフオクの公式ルールなのです。

このルールに文句を言ってきたり、嫌がらせをするような方は、

一般の方には少ない様なのですがいますね。

 

今回面白いのは、そんな抗議文を入れて来た方の評価を見ると、

すべてがカメラやレンズの落札。

たぶん、カメラ転売をしていらっしゃる方(笑)

まさかとは思いますが、無在庫で転売しようとでもしていたんですかね~。

 

 

それでも、2つIDがあると安心できるのがこんな時。

別のIDで出品していればいいだけですから・・・・。

 

私はこの2つのIDでいろいろテストしながら販売しています。

 

例えば、フィルム系で統一したり、レンズのみにしたり、コンデジ、ミラーレスで統一したり。

結構その時々で変えたりしています。

一番良かったのは、ハイアマチュアからプロ機と呼ばれるカメラのみの専門。

 

平均単価は約7万円ぐらいになっていましたね。

去年の秋に試していたのですが、販売個数は少なくて

高額利益が見込める。

しかも作業は少なくて済むという形。

 

ただ一つの問題はお金がかかるという事。

月間4回転を目指している私には2回転ぐらいではちょっときつかったですけどね。

まぁ売れましたから・・・・。

 

それを年末まで試して

1月末からまた新しいものに挑戦していた矢先の嫌がらせ(泣)

 

犯人出てこいと言いたい!

 

あかん、愚痴っぽくなってきた。

 

このIDを残すか、削除して新しく作るか検討します。

 

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。