いじめられっ子の反撃!

こんにちは、篭橋です。

 

いじめられっ子でしたか?

 

いきなり失礼な質問ですよね?

 

もう数十年前の事でしょうし、

忘れてしまった方もあるでしょう。

 

無理やりにでも忘れてしまったことも

あるかもしれません。

 

一体、日本の人口で

何人の方がいじめられて来たのでしょう。

 

実はこの記事を投稿する前に

いじめっ子といじめられっ子の

数値等々を調べましたが、

切り口が多くて実態がわからないのです。

 

そうですよね。

 

一度でもいじめられた経験があるのと、

・いじめられっ子を克服した

・ずうーっといじめられっ子だった 等々

それぞれ違います。

 

それに言いたくない人もいるでしょうしね。

 

しかも自称、傍観者になっている方も多く、

無意識にイジメていることもあったりする。

 

本人からしたら

「いじめていません」と言い、

イジメられた側からすると

「あの子からいじめられた」と

なるわけなのです。

 

基本的には、

いじめられた子の意見を尊重し

データも取らなければならないはずですが、

いじめられた本人の“過剰な意識”もある様。

 

そう、被害妄想的なモノ。

 

それに・・・いじめられているのを

一緒に遊んでもらっていると考えるのもあります。

 

ということは

数値で捉えようとすること自体が

不毛なことかもしれないのです。

 

いじめられたことがある方は、

これ以上いじめは無くして欲しいと思いながら、

自分のことは放っておいて欲しい。

と、心の中に閉まっておくものでしょう。

 

ただアニメ漫画の人気キャラも

いじめられっ子キャラに

共感される方が多い。

 

ということは

そんな経験を持たれる方は少なくない。

 

そのいじめられた経験を持ちながら

大人になった方も多いのです。

 

そのいじめられて来たことは

学生時代で終ればいいのですが

社会人になってもあるわけ。

 

しかも“構図”的には小学生時と変わらない。

 

いじめる側からすれば

「指示・指導・指摘だ!」と言い、

言われた本人は、精神的に弱って行くのです。

 

しかも学校と違い、

会社の中には役職という

目に見える肩書もある。

 

だからパワハラだ!と言っても

通じない事もあるし・・・。

 

逆に、セクハラだ!パワハラだ!と

病的に騒ぎ立てる方もいるみたい。

 

最近では「ハラスメント」と言う言葉が

使われ過ぎて逆に弱体化が見えるらしい。

 

それでまた方向転換が見直されている様なのです。

だから結局は

「本人のみぞ知る」って事になるのです。

 

そんないじめらて来た方は、

それこそトラウマもある。

 

自分はいじめられっ子だったからと

過剰に卑屈になってしまう時もある。

 

だけど、話していて思うのは、

いじめられっ子の方が、

単純に“根性”も“我慢強さ”もあるのです。

 

俗に言う、

ストレス耐性が出来ている。

 

そして、“素直さ”も。

 

これは大きなアドバンテージです。

 

転売ビジネスに必要な事が

最初から備わっているということ。

 

だからコツコツ続けながら

成果を上げることが出来るのです。

 

 

しかも厳しいことが

言われ慣れている。

 

これ変な事では無いのです。

 

厳しいことを言われて

ヘソを曲げる人も、

いなくなる人も多い。

 

それに耐えられるのです。

 

厳しい事というのは

本人にとって厳しい事で

 

図星なことだったり、

当たり前のこと。

 

だから逃げてはいけない事なのです。

 

問題なのは、

それを聞いている第三者。

 

「それは当然だ!」と言う人は

稼いで成果を上げている人が多く、

「そんな厳しいことを言わなくても・・」と

言う方は、ほぼ成果が出せていない。

 

「自分でも言われそう」

「自分は言われたくない」と

 

言われた人のことを慮るような、

優しいフリして

自分の事しか考えていない。

 

それも、いじめられて来た方って

敏感に感じ取るのです。

 

「いい人のフリした傍観者だな」って!

 

だから過去、いじめられて来た人って

ビジネスを始めるべきなのです。

 

それから私の個人的な意見。

妄想が好きな人が多い。

 

これって想像力が豊かであるということ。

 

この商品はどうなんだろう?

売れるのかな?売れないのかな?

どんな人が使うのかな?と

考えることが出来る。

 

だから人が狙わない

自分だけの狙い目を見つけることも上手い!

 

転売ビジネスに向いているのです。

 

だから

いじめられて来た人は、

「自分は向かない」「出来ない」と

考えるのではなく、

 

「自分だから出来る!」

そう考えて下さい。

 

きっと他の方よりも

早く大きな成果が出るはずです。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。