man standing in the middle of the street carrying black and gray video camera

3ヶ月目、マイナス8万。。。。

WORKSHOPを行う時に

参加される方から

コメントを頂いています。

 

その中で異彩を放つコメント。

 

「資金が本当にないのですがそんな私でも大丈夫ですか?
正直スクール代は払えません。
以前に別なカメラ転売スクールで高額な費用が掛かるので諦めたことがあります。」

(原文ママ)

 

「大丈夫ですか?」と聞かれても

参加申し込み後。笑

 

だからWORKSHOP初日、

最初にお話をしました。

 

「別にCTCカメラ転売クラブの案内に関しては、

聞くも聞かないも本人の自由。

 

参加するのもしないもの自由。

 

私は自信を持っているから

勧めるだけ。

 

だから案内にも熱はこもります。

 

ただ別に強制はしませんから

安心してください。

 

その代り、

この1週間で必ず稼げるように

自分でイメージを作り上げてください。

 

その為のノウハウも情報も

コレでもかってぐらい提供します。」

 

そう、約束をして、

WORKSHOPを始めました。

 

 

ただ、本来であれば

こういったコメントはNO!です。

 

他では真似をしないでください。

 

ご本人さんからすれば

宣言をしているつもりでしょうが、

主催、運営する側からすれば、

やる気は削がれるのが普通。

 

別に宣言する必要もなく、

CTCに参加しなければいいだけなのです。

 

 

例えばアーティストのライブに行きながら

「友達に誘われただけ、

別にコレから聞くことも

ダウンロードするつもりもありません。」

と言われれば、

アーティストだっていい気はしない。

 

それよりも、例えば、

「このWORKSHOPで

売れるノウハウを身に付けたいです。」

だけでいいと思うのです。

 

その方がお互いに

気持ちよく運営も参加も出来るはずです。

 

 

ただその本人は

正直者を地で行くような方。

 

悪気があるわけでもなく、

正直に気持ちを伝えたかっただけだと思うのです。

 

 

そんなコメントをしながら

当の本人、

最終日のクラブの案内。

 

そのコメントの主が

聞こうとされているのです。

 

私からすれば参加はされなくても、

何か大きなヒントを与えることが出来れば

と思っていたぐらい。

 

Doiさんとも、

「宣言されているのですから・・・」と

打ち合わせはしていたのです。

 

 

が、CTCに参加をされた。笑

それがIBさん。

(メルカリマイスターYBさんではない。)

 

正直言って驚きました。

 

ただWORKSHOPに参加されて

何かを掴み、

それで、強い覚悟で

参加をされて来たと思うのです。

 

ただ、本人曰く、

「この内容でこの価格、

他よりも格安。」と・・・。汗

 

 

いずれにせよ

お金が無いのは間違いがなく、

それでも参加をされたのですから、

こちらもそれなりに覚悟は決めたのです。

 

なにしろ私は

『返金保証』を付けています。

 

諸々条件はありますが、

CTC参加費用も稼げない場合、

参加費用を全額返金すると伝えているのです。

 

 

そして参加後、

!~2ヶ月目までが毎月数万円程度の利益。

 

大きく実績は上がっていなくとも

少なからず利益はあったのです。

 

ただ跳ねていない。

 

この原因は、ナント言っても商品が悪い。

 

せっかく売れる商品を知っていても

自己都合に走ってしまうのです。

 

 

というのも資金の問題が

頭から離れていない模様。

 

そこで低価格の商品ばかりを

狙ってしまう。

 

当然、売れそうにない商品が集まって

尚且つ、出品ページも・・・。

 

 

しかし、たとえ売れそうにない商品も

なんとか売るのがCTC。

 

そこで行ったのは

出品ページのディレクションだったのです。

 

 

基本形の型を作り、

グルコンごとにアドバイス。

 

その間に出品された商品は、

チャットでメンバーがアドバイス。

 

その修正があってか、

少しづつ売れる様にはなったのです。

 

 

そのまま行けばよかったのですが、

問題の3ヶ月目。

 

彼にとっては勝負に出たのです。

 

「売る為に出品数を増やす!」

そして

「高額商品も取り込む」

 

 

狙いは全く間違ってはいません。

 

作業が進まない分、

単品益を上げ

販売件数をそれほど増やさずに

利益を上げる。

 

それはアリなのです。

 

今までは低価格の商品を狙っていたのですが、

基本は自分が仕入れられる商品ばかり。

 

 

本来、低価格の商品であっても

売れる商品で、尚且つ利益が出る商品はあります。

 

そんな商品を

CTCの諸先輩方々の真似をしようと思ったのですが

思うように仕入れられない。

 

結局仕入れてしまうのは

低価格で仕入れられる商品ばかり。

 

結果、売れない。

 

そこで単価を上げて

単品益を取りに行こうと思ったのです。

 

それにある程度単価が高い商品にも

慣れておきたい。

 

そんな思惑。

 

 

まず、実感されたのが出品数。

 

出品ページが出来る様になり、

しかも出品数によって

それぞれ売れ行きも変わることは

体験された。

 

自分自身が徐々に出品数を増やせば

売れるということを実感したのです。

 

これはいいのです。

 

ココも間違っちゃいない。

 

そこで単価高めの商品も

バンバン仕入れる。

 

自分で変わろうとされていたのは

良くわかります。

 

だけど焦り過ぎで

高買いの傾向が目立ってしまったのです。。。

 

 

そもそも私は思うのですが

資金が少ない方は

低価格の商品を狙われる。

 

具体的な事例を出すと

1万円以下の商品を狙う方や

2万円以下の商品を狙う方もいる。

 

そんな方は

商品を絞ってリサーチをされています。

 

ということは

数を絞ってリサーチをしながら

それでも商品を仕入れている。

 

であれば、

今度は単価を上げたところで

商品を狙っても同じように

仕入れが出来ると思うのです。

 

 

ただ気をつけなければならないのは

相場の読み取り。

 

これが希望的観測になってしまう方が見えるのです。

 

 

少し単価が高い商品を見て頂くと

わかるのですが、

相場から離れて高く売れている商品も

チラホラ見えるのです。

 

その高い価格で

自分の商品も売れると思ったら

ヤバイ。

 

高く売れている商品には

それなりの理由があるのです。

 

そこを調べないとダメ。

 

だけど、調べずに

「自分も売れる。」

そう勘違いしてしまうと

高買いの傾向になってしまうのです。

 

当然、売れないから

再度相場を調べる。

 

CTCでは、

他の方が売っている価格も

参考にする。

 

すると

気づいてしまうのです。

 

自分が高買いをしてしまったこと。

 

 

そして泣く泣く

相場価格での再出品。

 

売れるけど

ほぼ利益が出ないのです。

 

 

そして最も大きな要因が

作業のペース。

 

仕入れた商品が出品されない。

 

疲れてしまって

何も出来ない日も時々・・・

というか、

日報をチェックすると週の半分以上。

 

「何も出来ませんでした。」と

報告があったのです。

 

私の経験上、

活動されている方は

いいんです。

 

活動されている内容や

方向の修正で成果は変わる。

 

ただ、活動0の方を

1にするのは

ディレクションやアドバイスではなく

本人の気づき。やる気。

 

ここが大きな要因と

なってしまうのです。

 

 

しかも資金が少ない状況は

まだまだ続いてるはずで、

月数万円の利益では

クレジットの支払いに追われているはず。

 

なのに出品していなければ

売れることは絶対に無いのです。

 

 

そこで行ったのは、

出品するまでの期間。

 

この期間が長ければ長いほど、

利益が減るって話を伝えたのです。

 

ただ、これを伝えたとしても

本人に響かないので、

実際に自分でシュミレーションを提案したのです。

 

 

しかしながら

作業が止まる人って

このシュミレーションも行わないのです。

 

ほとんどの人は、

「そんなことは知っている。」と

考えるだけで

自分で実際に行われる方は少ない。

 

どれだけロスをしているのかも、

わかっていないのです。

 

しかも知っているなら

活動をされればいいのですが、

そんな方は変わらないのです。

 

IBさんも同じ部類。(だと思ってた)

 

だから、詳しくは聞かず、

やったこと前提で話を進めていたのです。

 

 

良かったのはCTCメンバーの日報や

グルコン。

 

IBさんは少なからず

参加をされているから、

生の声が聞ける。

 

そのメンバーの方々も

私のことを慮って、

それとなくIBさんに伝えて行ったのです。

 

そうして意識も変わり

行動パターンも変わった。

 

いい傾向だったのです。

 

ただ、それまでの期間に

事件は起きた。

 

 

1円オークション出品をしておきながら、

寝落ち。

 

取り消しも出来ないまま

意気消沈。

 

とんでもない大赤字になってしまったのです。

 

 

少なくとも

事件が起きた直後なら

アドバイスも出来たのですが、

その時の彼は

「しょうがないか・・」と

取引を進めてしまった。

 

報告があったのは

商品発送後。

 

流石に発送した商品を

「戻してください。」とも言えず、

泣き寝入り。

 

大きなマイナスとなったのです。

 

 

それが引き金になると

自棄半分の半ばやけになる。

 

「どうせ利益が出ない商品だったら。」と

 

この月にきれいにしようと

売り捌いてしまったのです。

 

そして終わってみれば

ナント8万円弱の赤字。

 

本来、赤字になる商品があったとしても、

単月でコレだけ赤字は出させません。

 

少しでも高く売れる方法をお伝えし、

それでもダメであれば、

利益が出ている月に

少しづつ消化をしていく。

 

そんなことも

お伝えしているのですが、

やってしまったのです。

 

 

私は2015年から

カメラ転売のスクールやコンサルを

開催しており、

延べにしても300人近くになります。

 

その中で赤字の更新。

 

たぶん今後も更新されることはない記録を

マークしてしまいました。汗

 

 

ただ、ここで終われば

私は主催が出来る人間ではないことになります。

 

しかも折角

単月で利益が出ない商品を捌き切った後。

 

ここからが再スタートと考えたのですが

問題は商品。

 

売れる商品と売れない商品、

そして売れる商品の売り方。

 

仕入れ方。

 

ここを理解し体感して頂かないと

この先も「カメラ転売」は続かない。

 

そこで企画したのが

「仕入れツアー」だったのです。

 

 

ネット上で伝えるよりも

実際に商品を目の前にして、

仕入れる商品、

仕入れた方がいい商品、

の説明が出来る。

 

しかも、商品によっては

その場で組み合わせも出来るから

セット販売等々の説明も出来る。

 

しかも、この仕入れツアーは

初心者の方だけが参加されるのではなく、

飲み会目的のベテラン勢も参加される。

 

というか毎回

ベテラン勢は北は北海道、

南は沖縄の方まで参加されます。

(もちろん飲み会目的で・・・)

 

だから参加された方も

実際に相場検索の方法や

ミリオンセラーの“目の付け所”までも

知ることも出来るのです。

 

 

そして当然、

手に持ちきれないほどの

商品も仕入れられる。

 

一石二鳥、三鳥にもなるのです。

 

その時の状況がこちら

実際はテーブルに乗せ切ることが出来ず、

私だけが焦って写真を撮っていました。

 

こんな成功体験をして頂き、

4月の下旬以降、IBさんの動きは

確実に変わったのです。

 

動きが変われば、

成果も上がる。

 

4月以降に売れ出し、

5月も50件以上の販売や

月間の商品回転率も1.3回転以上。

 

イッパシのセラーとなったのです。

 

 

いかがでしょうか?

 

決して平坦な道のりではなく

山アリ谷アリ。

 

だけど、

「絶対稼ぐぞ!」という

信念のもとに活動を続けられた結果です。

 

そして人って

信念がある人には必ず助け舟を出される。

 

仕入れツアーの時なんて

古屋さんとH山さん、

 

トップセラーの二人が

IBさんの目の前に座って

マンツーマンで指導されていた。

 

その横で私が茶化していたぐらい。

 

だって1年半以上付き合っている二人ですが、

そんなマジメな姿を始めて見たのですよ。

 

 

そしてIBさんの素晴らしい所は

感謝を忘れないこと。

 

先月の月度報告も

「皆様のおかげで~」から

始まっていました。

 

たぶん、これからも

一気に駆け上がるのではなく、

彼の場合は一歩づつ確実に

階段を上る感じ。

 

だけど、そんな方が

この「カメラ転売」の世界では

一番強い。

 

 

継続は力なり。

 

これからのIBさんに期待します。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

6月の『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP。

開催が決まりました。

 

期間は6/20(月)~6/26(日)までの1週間。

 

Zoom、チャットワークは使えるようにし、

スケジュールの調整をして

お待ちください。

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。