飲み会を制する者はネットビジネスを制す?

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

「今日は無礼講だから~」

 

無責任な大人の口から吐き出される言葉。

 

ほぼ仕事が出来ない大人、

もしくは下心アリの大人が口にされる。

 

この「無礼講」という言葉を聞いただけで、

緊張感が走り身構えてしまうのは私だけでは無いはず。

 

そもそも会社の上司と飲み行っても、

礼儀やマナーががあるから楽しく飲めるわけで、

そこに目上の人に対して尊敬の念が無かったりしたら、

失礼に当たる。

 

気を許せる上司だったら、

逆に「無礼講」なんて言葉は出てこない。

 

気も許せず仕事も出来ない上司の言う「無礼講」という言葉には、

「俺、これだけ心広いよ、若い人も気を使わなくていいよ」と

若い人に対するご機嫌取りが含まれる。

 

仕事が出来ないから、

飲み会の場だけは人気が欲しいとの考え。

 

あなたの周りにもいるはず。

 

嫌われている上司ほど、

「今日は無礼講だから」と言う。

 

ただ、その仕事が出来ない上司。

上座にどっかり座っているのがセオリー。

どこが無礼講やねんと思う。

 

私の場合はちょい違う。

 

仕事の話の時は上座に座り、

それ以外は下座に座る。

「トイレが近いからと言って・・・」(笑)

 

これがサインみたいなもの。

 

ただ、無礼講なんて存在しないと

私は思っていて、

無礼講に見せかけるテクを身に付けた。

 

 

最近は、こんな話がめんどくさいと言われる人も多い。

 

「だから飲み会に行かない」なんてことも。

 

 

ただ避けて通りたいと考えられる方も、

避けられないのが酒の席の話。

 

 

 

覚えておいてほしい、

仕事が出来るヤツほど

スマートに酒の席を盛り上げることが出来る。

 

 

 

例えば、一昨日一緒に呑んだ東山さん。

慶応→博報堂のエリート街道を走り抜けてきて

今やカメラ転売クラブを一緒に盛り上げる仲間。

 

今月の実績も良さそうなので、

機会があれば紹介はさせて頂くが、

それはまた後日の話。

 

彼が凄いのは、絶対に上座に座らない、

必ず私を誘導する。

私が躊躇している時にもスマートに私の背中を押す。

 

乾杯の後にも箸を付けるのは一番最後。

会話を誘導するし、必ず「場」を見ながら盛り上げる。

 

見るに見かねた私が若い公務員に、

「東山さんから学べ」と言い出すぐらい(笑)

 

推察するに

「宴会」の場で学び、「接待」に生かしてきた男。

 

 

こんな場を経験した事がない、つまらんオジサンほど、

「そんな細かいことは~」と無責任にいう。

 

自分が出来ないから、若い奴にも求めない。

 

つまり自分主義。

 

ハッキリ言って飲み会の場が、

ただ自分の胃袋を満たすだけの場になっている。

 

見ていて飽きないオジサン。

 

友達であれば許せるが、この人から学ぼうとかが無くなる。

つまり尊敬されなくなる。

 

 

 

今私の周りには多種多様な人が集まって来ている。

 

バリバリのサラリーマンをして来た人から、

個人で起業してきた人、

工場の作業員も、営業も、カメラマンも、介護士、看護師、

事務員、ちょっと集まると異業種交流会になる。

 

そこで思うのは、

「この人達、上司に恵まれてないな~」ってこと。

飲み会の場を上手く使えてないなぁ~ってこと。

 

 

勘違いしている人が多いのですよ。

 

ネットビジネスをはじめると、

サラリーマン時代よりも、

ビジネスの場での飲み会が増える。

 

そして、この場が成功のカギとなることが多い。

 

成功している人達は、

ほぼ教材やメルマガでは収集できない、

コアなノウハウはココで仕入れていると言っても過言では無いはず。

 

それを知らずして、損している人間が多い。

ってことなのです。

 

 

胃袋を満たすだけ、

血中アルコール濃度を増やすだけじゃ、

モッタイナイ。

 

飲み会を制する人は、

ネットビジネスを制す。かも・・・・。

 

ちょっと言い切る自信ナシではあるが、

知っていて絶対に損しないのは、

酒席でのマナー。

 

逆に知らないのは、損しています。

 

知っている人は、黙って見ているだけ。

 

そして重要な相談や質問は決してして来なくなる。

 

 

 

こうして今夜の飲み会にハードルを上げる私。

 

飲み会は私にとって戦場である。

 

今日はこの曲を聞きながら、

戦場に向かう。

https://youtu.be/midDfBli_iY
 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP