なぜ、あなたはカメラ転売をしないのか?

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

あなたは、毎月100万円を稼ぎたいとは思いませんか?

私は最低でも毎月100万円以上欲しいのです。

 

では、この100万円、毎月稼ぎ続けたくはないのですか?

私は、いつか稼げなくなってしまう様な心配がなく、
稼ぎ続けたいのです。

 

 

もし、あなたが私と同じ意見であれば、
今日は真剣に10分、
いや5分だけ私に時間を下さい。
『カメラ転売特別セミナー』の話をさせて頂きたいのです。
http://truscon.net/8u5f

 

やっぱりネットビジネスを始めるのであれば、
まずは月100万円を手にしたいと思うのです。

 

100万円を手にするには、
星の数ほどあるネットビジネスの中で
なぜ「カメラ転売」なのかをお話ししますね。

 

まずお話ししたいのが、
ヤフオクのガイダンスに沿った転売ビジネスだから。

もちろん、amazonやメルカリも同じです。

 

最近はメルカリで騒動があって、
アカウントが削除されたり、
この稼げる7月に出品できなくなる方もいらっしゃいます。

 

そのほとんどが、ツールを使った無在庫の大量出品。
しかも複数のアカウントを使用して・・・。

 

メルカリは本腰入れて取り締まりの強化をしていますからね。

 

そもそも、無在庫での販売を認めているのは
BAYMA以外は無いのです。

 

厳密に言えば、ebayを使った無在庫輸出も本当はダメ。

 

ですから、メルカリが取り締まりを強化するのも当たり前なのです。

 

今まではツールを使った大量出品が見つかって出品制限を掛けられたり、
そもそも出品数を確保するために複数のアカウントで出品していたのが
メルカリでの主な販売手法。

 

しかし、この手法は今まで私は
「限りなくブラックに近いグレーなビジネス」
と呼んでいましたが、もうブラックですねこうなってくると。

 

ですから、かくれんぼをしている子供みたいに、
ビクビクしながらビジネスをしていく事となります。

 

あなたは、そんなビジネスをしたいのでしょうか?

それが本当に、あなたがやりたい事なのでしょうか?

 

昨年の年末もamazonの取り締まり強化があり、
年末の一番稼げる時に大ダメージを受けた方も多いはず。
出品できるメーカーも制限されましたし!

 

 

今や強風の中100Mの高さの高層ビルの上を
綱渡りしているぐらいの怖さですよね。

 

そういえば、メルカリもこのタイミングですから
きっと商戦に合わせて強化しているのでしょうね。

 

一方で、カメラ転売は?と聞かれたら
クリーンなんです。

 

手元に商品がある有在庫のネットビジネスですから。

 

もちろん手元に商品があって、
メルカリ、amazon、ebayに出品するのですから、
どこのガイドラインにも引っかかりません。

 

そもそも全くの初心者が月収100万円って、
ほぼ初月にできる人はいません。
半年ぐらい掛かって稼げる様になります。

 

ただ、その半年の間に
出品停止、アカウント停止になったら
稼ごうと思ってもムリですよね。

 

この辺りはセミナーでもお話ししますね。
http://truscon.net/8u5f

 

 

 

そして次に「カメラ転売」がいいのが
ファンが多い商材を扱うから!

 

多いのです。カメラやレンズが欲しい人が!
マニアの方やカメラが趣味の人。

 

しかも、少し値が張る趣味になるので
お金持ちが多い!

 

お金持ちは余裕があっていい人も多い。

 

だからリピーターもすぐに出来てしまうのです。

 

 

もちろん、カメラ女子や
子供が生まれたりして家族が増える方も
カメラが欲しい!

 

職業としているプロのカメラマンもいたりする。

 

これだけ欲しいという人がいるから
需要が安定し稼ぎやすい。

 

 

 

そして、中古商品を扱うメリット!

 

新品の商品は、もっと新しい商品が発売されたりすると
一気に値が崩れます。

その他にもメーカーが在庫として持っていた商品を急に放出したりして、
市場に商品が溢れて値が崩れる場合もしばしば。

 

だから新品の商品は相場を読みきるのが大変。

 

しかし、中古品であれば相場は緩やかに安定していますから、
より把握しやすく、
その安定した相場よりも低い価格で仕入れられれば、
ほぼ相場で売れますから残りは利益。

 

だから稼ぎやすいのです。

 

 

もう一つ中古のメリットを言うと・・・・

 

 

実は新品の出荷台数は減っているのです。
それはカメラも同じ。

 

しかし、ファンの数が少なくなったのではなく、
高い買い物を控えているから!

 

だから賢い消費者は新品から中古品へ流れているのです。

 

少しでも安いもの、お値打ちなものを手に入れたくて!

 

それはバブルが景気が崩壊後、
「新車が売れなくなった」
と自動車メーカーが騒いでいた時に
実は中古車は年々伸びていて、
しかもカーナビ等の周辺機器も
確実に売上を伸ばしていたのと一緒。

 

 

中古のカメラやレンズは安定してお客様が付いているのです。
http://truscon.net/8u5f

 

 

そして、100万を手にするその仕方にも問題があります。
なぜならば、自分に力をつけていない人は
稼ぎ続ける事ができないから。

 

つまりは応用も利かないのです。

 

ツールを使うと確かにリサーチやその他は楽になります。

 

しかし、実際にリサーチをしていたのはツールであって、
あなたでは無い事に気づいて欲しいのです。

 

なぜ私がこんな話をするのかと言うと、
私は昨年ebayのコンサルを受けていました。
高額でしたから人数は少なくて15人ぐらい。

 

無在庫販売の手法を学んでいたのです。

 

その教えてもらう仲間の中に、
既に無在庫で稼いでいた方もいるのです。
その方が行っているのが国内の転売でした。

 

私は親戚の不幸が重なり
実質参加したのが1ヶ月遅れ。

 

当然、既に他の方は先に進んでいると思いきや・・・・。

 

ツールを使って稼いでいた人が稼げていないのです。

 

実はebayってプラットフォームはリミットってあるのです。
まだ始めたばかりの人は
出品数も10とか金額も5万ぐらいまでって決まりがあって、
それを徐々にあげていく作業をリミットアップというのです。

 

ただ、初月は出品できるのも少ないために、
ほぼ手作業となるのです。

 

その中で、悲鳴をあげていた人がいたのです。

 

それがツールを使っていた人。

 

言われた言葉が、
「リサーチが出来ません、差額のある商品が見つかりません」
という声だったのです。

 

少なくとも実績がある人がですよ。

 

出来無いのです、リサーチが。

 

コツコツやっていれば
必ず価格差がある商品は見つかるのですが
それが出来ない。

 

先生が丁寧に教えていても、出来無いのです。

 

嘘っぽく聞こえますが、本当にあった事です。

 

理由は明確で、リサーチをした事がなく、
ツールの使い方だけを学んでいたから。

 

そのツールが使えなくなって
ebayを始めようとしたのですが、
結局はフェードアウト。

 

最後まで出来ませんでした。

 

そりゃ出来ませんよね、リサーチ出来無いのですから!

 

こんな悲しい事になるのです。

 

だから、力を身につけるって大切なのです。

 

その点カメラ転売は、カテゴリも絞られていて
リサーチそのものは非常にシンプルで分かりやすい。

 

誰でも短期間でリサーチ力が身につくのです。

 

ほぼ1ヶ月だけ。

 

だから初月からド素人から始めても、
初月から10万円以上稼いだり、
2ヶ月目で20万超えたアラフィフもいるのです。

 

 

嘘だと思うのであれば、
セミナーに参加してください。
その生徒さんも紹介します!
http://truscon.net/8u5f

 

つまり、ネットビジネス初心者が取り組むべき
ビジネスって本当にあるのです。

 

一番早く稼げるのは、
国内で完結する国内転売と呼ばれるビジネス。

 

しかも、有在庫の転売の方が実績は早く出ます。

 

その中でもカメラ転売って
リサーチも絞られていて稼ぎやすいのです。

 

しかも私が行っているカメラ転売は、
他の方とちょっと違うのです。

 

それは売れる商品を見つける事にこだわっているから!!

 

只でさえ、ファンが多くて早く売れるカメラ転売を
もっと効率よく、もっと早く売れる為に
実験と検証を重ねて来たのです。

 

だから自信を持って、
あなたに聞いてもらいたいのです。
http://truscon.net/8u5f

 

今週末は、新大阪周辺でセミナーを行います。
両日ともに、席をあなたの為に確保してあります。

 

このセミナーに参加して、
年内に月収100万円の壁を突破し、
そして来年の夏には家族全員で海外旅行。

 

しかも念願のファーストクラスだって
夢じゃありません。

 

私は飛行機苦手ですけど・・・(笑)

 

東京駅周辺の会場は
残席もわずかです。

 

セミナーで学ぶことに、
誰も反対はしませんよ。

 

安心してご参加ください。
http://truscon.net/8u5f

 

今回は、ここまで
やまとでした。
 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP