カメラ転売で利益率を上げる為の3つの方法。

こんにちは、やまとです。

 

「利益率が低いのですが・・・。」

 

この質問をシークレットセミナー時に

『カメラ転売クラブ』のメンバーから

頂きました。

 

その彼の先月の利益率は10%未満。

 

つまり100万円の売上では10万円の

利益が残る計算。

確かに、私の利益率から見ても

半分以下ですし、

少々厳しい状況が伺えるので、

ここはホンネでお話しして参りましょう。

 

その1、『カメラ転売』初月のリサーチや販売方法からの脱却が出来ていない。

 

これは良く見受けられます。

 

そもそも『カメラ転売』というビジネスは、

職人的な要素が含まれるネットビジネス。

 

他の転売と比べ

撮影作業や出品作業に大きなウエイトが締められます。

 

ですから、『カメラ転売』の流れとしたら、

 

第一段階(初月)・・・数を目標に、販売個数に拘る。

第二段階(二ヶ月目)・・・単価に拘る。

第三段階(三ヶ月目)・・・利益に拘る。

 

と言うのが正しい。

 

副業であれば、

初月50個以上の販売個数が欲しいですし、

専業であればその倍

 

この初月の個数が、

作業スピードの効率を上げ、

同時に販売した実績によって、

仕入リストの作成も出来る。

 

この仕入リストと言うと、

過去の落札相場から作成する方が見えるが、

『カメラ転売』は中古の商品を扱うビジネス。

 

出品者の評価や出品数、出品ページの出来不出来によって

価格が変わるので、

過去の落札相場と言うのはあくまでも目安としかならない。

 

よって一番リアルなリストを作ろうと思ったら、

自分が売ったリスト。

これが一番使えるリストとなるのです。

 

そのリストの商品を集めるにも、

やはり一個や二個ではリストと呼べない。

だから初月、五〇個以上は欲しいのです。

 

同時に作業スピードも初月に五〇個以上販売出来れば、

5~6倍のスピードアップは図られます。

 

だから、初月の個数と言うのは非常に大事。

しかも販売個数に的を絞ることによって、

自分が目指すPOINTも明確になるのです。

 

ところが、販売個数に拘るとうことは、

基本的に「売ってしまえ~」というパターン。

 

例え、その売ってしまった商品が利益が出なくても、

もしかしたら赤字になったとしても、

販売した価格と言う実に重要なリストが一つ追加されるのだから、

【次】の仕入れからは、その販売価格を加味して仕入れを行えば

確実に利益を出せる様になるのです。

 

が、リストを作成していない人は、

仕入価格が頭に残っているのです。

 

○○円で仕入をしたという記憶が!

そして、その仕入れた商品が少しでも利益が出ていたとなると、

その仕入れ価格が自分の中でセイフティーゾーンに

なってしまっている。

 

実際に最低利益率を20%として

考えているのに、

例え5%であったとしても、

『自分の中でOK』としてしまっているのです。

 

これはリスト化をしていないのが問題。

 

例え、リストを作成したとしても、

仕入ていい価格というのを明確にしなければ、

リストの意味がなく、

「自分の中でOK」という妥協点を作ってしまえば、

利益率の改善は出来ない。

 

また、このリストは

およそ200件の商品がピックアップされてから

攻撃力を増す。

 

それまでの間は、

上記の3ヶ月目までの第3段階にステップアップしながらでも、

個数を落とさなければ、

確実に利益率は向上し、利益額が倍増する。

 

現に初月50個以上の販売個数の方で

月収10万円を下回った方は見たことがないぐらいに少ない。

 

これは2ヶ月で50個売ればいいとか、

50個売ったら次のステップとか、

勝手な解釈をされる方がいるが、

それでは同じ様に稼げない。

 

あくまでも初月、1ヶ月間で副業であれば50個、

専業であればその倍は目指して欲しい。

 

そして、リストを作る意義。

最初の1品目は売れる価格を知るため、

次からは利益を出すためにリストを作る。

 

その意義を正しく理解をすれば、

利益率の低下は確率的にも限りなく低くなります。

 

 

 

その2、『カメラ転売』は商品の選り好みをしない。

 

 

これは好き嫌いというだけではなく、

自分が勝手に「これいい」と思い込んでいるのも多分にある。

 

そして、利益率が低い方は、

確実にその傾向にあるのがコレ。

 

ほぼ同じような商品が自分の出品ページに並んでいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これはカテゴリ分けを自分で行うと

よくわかる。

 

「カメラもありますレンズもあります」と

いいながらも、

じゃ、自分でカテゴリに分けてみると、

ほぼ同じようなカテゴリに入ってしまう商品ばかり。

 

もちろん、狙って行っていれば、

スグにでも修正は出来るのであろうが、

ほとんどの方は、『自然に~』なっているパターンが多い。

 

そして、「利益率が上がらない」と言いながらも、

同じ様な商品をまた今日も仕入れてしまっている。

 

もちろん、出品をした時に

利益が出る様な価格で出品はするが、

それも出品時だけ。

 

結局、売れないから、

クレジットカードに支払いが心配と言って、

安易な値下げに入る。

もしくは1円オークション出品で売り捌くシマツ。

 

そもそも、「その1」で上げたように、

正しくリストを作成し、

正しくリサーチを行っていればいいのではあるが、

いつの間にかなし崩しの状態で、

同じような商品が集まってしまっている。

 

自ら意識して、『いろんな商品』を仕入れることによって、

自分が好きな商品と、利益が出る商品との違いが

データとしても蓄積されます。

 

一番いいのは「自分が好きな商品」&「自分にとって仕入れがしやすい商品」が

「利益が出る商品」となっている場合。

 

ただ利益率の悪い方のほとんどは、

「自分が好きな商品」≠「利益が出る商品」となっている。

 

ここを冷静に判断出来れば、

利益率の改善はほぼ出来たとも言える。

 

 

その3、全部の販売した商品がプラスで終るとは限らない。

初心者の方で、最初に月収100万を突破された方は

だいたい販売個数が160個~190個の間。

180個台が多いかなと記憶している。

 

そして、そんな方々の日報に

注力してみると、

・〇万円の利益が出ました。

・利益40%です。

・1品で10万円利益が出ました。

なんて報告が目に飛び込んでくる。

 

それがいろんな方から情報提供されると、

「どうして自分の利益率は低いのだ」と

焦ってしまう。

すると冷静な判断が出来ずに、

商品を売り切ってしまう方が見える。

 

結局利益率に改善は見られない。

 

そもそも考えて頂きたいのは、

もし、1個1万円の利益が出たとして、

全ての商品が同じように利益が出るのであれば、

月間100個で月収100万は到達できるはず。

1個2万であれば、50個で到達できる。

 

しかし、現実問題として、

販売個数は150個以下で月収100万を

最初っから到達した方は少ないのです。

 

では、この数のギャップはなんなのかというと、

利益率が低いモノも、時には赤字になったモノも

含まれているのです。

 

そして最終的に計算したら

20%以上になっていたという方がほとんど。

 

つまり、最初から利益率だけを見て言るのではなくて、

利益額を少しでもいいから積み上げた結果が、

月収100万に到達するということ。

 

最初から利益率の高い商品ばかりを探して、

効率良く達成した方は皆無であるのです。

 

この辺りが『カメラ転売』が職人的と

言われる所以。

 

そして、「その2」で話した通り、

実は利益率を気にしてばかりに方は、

調べる商品にも偏りが見られ、

隣にある大きな利益が出る商品に目を向けない傾向にある。

 

 

これは月収100万を到達したメンバーや講師にも

時には大きな利益を出した商品を仕入れた方にも

聞いてみるといい。

「〇万円の利益が出ました」と

投稿があった時にでも、

「どうして、その商品を見つけたのですか?」と

ほとんどの方は、

メルカリだ、ヤフオクだ、○○店だと言いながら、

結局

「なんとなく~」と言われる。

 

気が利いたメンバーであれば、

「商品が呼んでいた」という人もいる。

 

つまり、ここは経験。

 

一つ一つの商品をくまなくリサーチをしているから

見つけられた商品であるという事。

 

だから大きな利益が出た商品の傾向を伝えたとしても、

ほぼ見つけることは出来ないし、

「言われた事をしているのですが見つけられません」と

必ず返答がある。

 

それはそうで、

まずはくまなくリサーチしていることが前提なのに、

大きな利益が出た傾向の商品だけをリサーチして、

見つけられる人はいない。

 

そもそも、

「自分が見落としているだけに過ぎない。」という
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

単純な答えに気づいていないのです。

 

だから高額利益が出る商品にたどり着けない。

 

もっといろんな商品にも情報にも

アンテナを張る必要があります。

 

まとめ

基本ビジネスはPDCAのサイクルで回します。

利益率が低いとか利益が出ない人の特徴は、

P、DO,DO,DDDDDDDDDのサイクル。

 

CのCHECKにたどり着いていないのです。

 

だから、利益率に改善が見られない。

 

そもそも自分が利益率が低ければ、

高額商品を狙いさえすれば、

利益の額は取れ、個数も少なく済みます。

つまり作業は『楽』。

 

しかしながら、資金の問題も残るでしょうし、

商品の回転の問題は残ります。

 

つまり、『楽』を求めれば求めるほど、

ドツボに陥りやすい。

 

それよりも確実に一歩一歩進むことが大切。

昨日よりも今日、今日よりも明日。

 

少しづつの進歩が

気が付くと大きな差となって表れます。

 

結局、利益率の改善は、

『同じ過ちを繰り返さない。』
~~~~~~~~~~~~~~

 

ここが一番重要です。

 

もちろん、その他にも

1円オークション出品をして

オークションの取り消しを忘れたというのも

あります。

 

この事故は数は多いのですが、

問題点が明確であるが故、改善も簡単なので

省きました。

 

それこそ、

『同じ過ちを繰り返さない。』
~~~~~~~~~~~~~~

 

という事なのですけどね。

 

まずは、実際に自分が出品している商品ページを

確認する事。

 

ココから始めて下さい。

 

そして、外注化に取り組むと、

利益率は格段に上がるという事を

付け加えておきますね。

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP