雨の日はバケツを持って!

こんにちは、やまとです。

 

 

雨が降っていると憂鬱な気分と共に、

「梅雨」を感じますよね。

 

私が思い出すのは中学1年の頃。

 

テニス部に入部していたのです。

 

小学生時代は柔道をしていて、

そのまま柔道部に入ればよかったモノの、

アニメの影響でテニス部へ。

 

下手くそだったんですけどねー。

 

そのテニス部の梅雨時の風物詩が

テニスコートに溜まった水たまりを無くす作業。

 

テニスコートなのに水はけが悪く、

スグに大きな水たまりが出来るコートの

水たまりを無くすのです。

 

トンボを使うとか、

放棄で掃き出すとかではなく、

雑巾とバケツを持って

ひたすら水に浸してはバケツの上で絞るという作業。

 

酷い時には雨が降っているにも関わらず、

バケツと雑巾で搾り取っていました。

 

練習試合が近いという理由で!

 

しかも雨が強いくて練習が出来ない時は

1年生の体力づくり。

ダッシュを何度もさせられたり、

腕立て伏せや腹筋を雨のグランドでさせられました。

 

面白いのはそれがテニス部だけではなくて、

野球部、バレー部、陸上部も同じ様な感じ。

 

まぁ当時の体育会系の部活はそんなもので、

うさぎ跳びもさせれましたし、

練習終了後にグランド10周とか

走らされていましたからね。

 

こんなの「絶対に嫌だ~」と思いながらも

自分たちが上級生になると

「俺たちが一年の頃はこんな楽じゃなかった」と

言いながらも同じ事をさせていました。

 

今じゃ考えられません。

 

流石に高校の時のテニス部はもっとスマートでしたけど・・・。

 

こんな事によって私は確かに持久力と根性は付きましたよ。

不本意ながら!!

 

 

ただ持久力と根性。

 

言いたくはないのですけど、

私はコレに助けられたのが大きいですね。

 

結局、少しやって出来ないからと言って

やめてしまう人も多い中、

出来なくてもやり続ける事は出来ましたし、

その分、いいアイデアも生まれて来ました。

 

 

正直、何かを始める時の苦しみ。

産みの苦しみと言うのでしょうか?

この苦しみに耐えられない人が多い、多すぎ!!

 

ほんの3ヶ月、ホンの1週間。

 

耐えてしまえば、必ず出来る様になるのに、

その「ほんの」を耐えられない。

 

良く言われる『3日坊主』。

 

まぁ飽き性の私も同じ様なモノなのですけどね。

 

でも、コレって決めた事に対しては

いくら苦しくても辞めなかった。

 

 

 

ホント、中学の時のテニス部って下手くそ過ぎたし、

いい思い出なんて、コレっぽっちもない。

 

しかし諦めずにそのまま高校でも

テニス部に入って、

 

まぁ人並みに出来る様になったし、

県大会でも入賞してるし・・・。

 

ホントは硬式のテニス部が少なかっただけだけど(笑)

 

だから、継続する人が一番強いという事を知っているのです。

つまりはやめない奴が一番強い!!

 

ビジネスもホント同じ。

 

何年も継続させる事が一番大切で、

一時の収入に左右された人は

ほぼ居なくなっていますからね。

 

創業3年で90%が倒産もしくは撤退。

 

コレも本当ですよ。

だから起業しても3年の間は苦しいはず。

 

普通に起業するのであれば、

この3年間を耐えられる根性と持久力を付けなきゃいけない。

 

 

しかしですよ、ネットビジネスであれば

3ヶ月苦しい時を乗り越えれば

必ず成果が出るのだから、

どれだけ楽かわかりません。

 

たった1年の4分の1。

 

3ヶ月間。

それだけは逃げ出さずに頑張って頂きたい。

 

どんなに諦めようとも、

どんなに挫けても、

どんなに頭を下げたっていいじゃないですか!

 

また、一から始めれば。

 

私もRestartは何度でもあるし、

再出発や再起動する時だって

何回でもしていますよ。

 

一番の『悪』はやめてしまう事。

 

続けていれば、

必ず成果は出ますから。

 

逃げ出してばかりいると、

いつまでたっても

何も変わらないばかりか、

悪くなるだけ。

 

石にしがみ付ても頑張っていれば

何かが変わりますよ。

 

私は、コレで変わりましたから!!

間違いありません。

 

「継続は力なり」とは良く言ったものです。

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP