早く走りたかったら、コーナーの先を見よ!

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

中途半端だって!

 

旅行とか、遊びに行くなとは言わないよ。

行けばいい、遊べばいい。

 

だけど、今それをやるべきなの?

 

「仲間が~」「友達が~」etc

 

へぇ~、あなたの友人知人は、

そちらを優先しないと関係は続かないんだ!

 

「それで、友人なの?」

「3ヶ月、待ってくれないの?」

 

そんな疑問符が打たれる、

今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。笑

 

あまり攻めるつもりはないけど、

自分がやらないことを

「個性だ!」

「俺は友達が大事!」

「〇〇が優先!」

って、言われちまうと・・・・・。

 

それでもいいのですよ、

やってさえ頂ければ、活動さえして頂ければ!

 

やっていない事、出来ていない事の

『イイワケ』にはして欲しくないのです。

 

家族や仲間が不満に思うぜってことなのです。

 

まぁ人生、楽しいこともやりたいことも、

沢山あってキリがない。

 

同時に誘惑も多いし、

飲みにも誘われる。

 

でも、それに答えれば応えるほど、

ドンドン先に抜かされる。

 

自分と同じ時期にやり始めても、

なぜか進捗に違いが出る。

 

その「差」をみてしまうと、

途端に『やる気』が失せていく。

 

なんとか、モチベーションを再構築しようとし、

1から始めようとするが、

誘惑は後を絶たない。

 

「挫折」が目の前に覆いかぶさって来る。

黒い霧の様に自分の体にまとわりついて来る。

 

人間、一度違う方に目を向けてしまうと、

同じ様になってしまいませんか?

 

 

私の生まれた地域は田舎で、

学生であろうとも、就職しようが、

ほぼ18,19歳で車を買っていたのです。

 

それで、車+田舎となると、

すぐに走りに行ってた思い出がある。

 

ヒルクライムのタイムトライアルと

名古屋港の方でゼロヨン。

 

ほぼ一般の車が来ない様な山道で行う

ヒルクライムはコーナーの連続。

 

曲がりくねった山坂道でタイムを競っていたのです。

 

この山坂道を走るにもコツがあって、

それが、コーナーの先を見ること。

 

近くばかりを見ていたり、

目線が外れていたりすると、

車はそちらに向いてしまう。

 

 

つまり、車は自分が見ている方向に

進もうとするのです。

 

と、後にプロになった人に聞いたことがある(汗)

 

こんな簡単と思えるようなことでも、

いざやってみると出来ない。

 

だから意識して遠くを見ようとしないと

早く走れないのです。

 

早く走らなくても、

近くばっかり見ている人の助手席は、

すぐに車酔いしちゃいます。

 

 

つまりいくら技術が進歩しようとも、

人も車も同じ。

 

運転している人間が見ている方向に

車は進んでしまうのです。

 

人も自分の目が見ている方向に進んでしまう!

 

慣れてきたら別でも、

慣れるまではやっぱり意識しないと行けないのです。

 

 

なのに、目移りばかりしている人。

 

見なきゃいけないことから、

目を外して違う方ばかりに気を取られてる。

 

今やらなきゃいけないことを

後回しにしたら、

それこそ時間が掛かるだけ。

 

たった3ヶ月。1年の4分の1.

それだけでもいいのです。

 

優先順位を上げるのではなくて

MAXにして取り組んで頂きたい。

 

それだけで、誰よりも早く、

道は開けてきます。

 

今日は個別に伝えたいことがあって、

ちょいマジメ。

 

 

今回は、ここまで

やまとでした。

 

 

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP