すべての方に感謝です!

こんにちは、篭橋です。

 

 

昨日までの

『カメラ転売EXPANDERTEXT』

追加コンテンツキャンペーンに

お付き合い頂きまして

誠にありがとうございました。

 

購入された方も購入されなかった方も

本当にありがとうございました。

 

今回のキャンペーンは

すでに購入されたていた方にとっては、

少々ご迷惑だったかもしれませんね。

 

でも嬉しかったのは、

今回ご購入された方の中には、

2年ぶりに転売ビジネスに取り組まれる方、

4年ぶりにカメラ転売を復帰しようとされる方、

 

そんな方からもアツいメッセージを頂きまして

本当に嬉しかったです。

 

ありがとう!

 

今回のキャンペーンの目的でもあった

諦めかけていた方にも

メッセージが届いた様で!

 

個人的には大成功でした。

 

また同じように

神谷さん市川君からも

ご購入して頂いた方も

大変多い様で、こちらも嬉しかったです。

 

 

ただ、教材って

手に入れてもお金が湧いてくるわけでもなく、

これから実践しないと稼げないので

頑張りましょうね。

 

転売ビジネスも情報発信系でも、

最初っから『自分のペースで』って

考える方がいますが、

自分のペースでって考えると

ほとんど長続きしません。

 

最初は思いっきり自分の限界を試すつもりで、

軌道に乗ったら『自分のペースで』って

考えないと結局「元の木阿弥」ですから

まずはフルアクセルで頑張りましょう!

 

 

さて、この週末。

池袋の暴走事故、運転していた

旧通産省工業技術院の院長が

退院して来ました。

http://bit.ly/2VO7AUl

 

この映像を見た時に、

本当にショックだった。

 

こんな『動き』の方が運転していて、

3歳のお子さんとお母さんが

亡くなってしまうって、

居たたまれなくなってしまいます。

 

なぜ運転していたんだ!

命を返せ!って

個人的に言いたくなってしまいます。

 

事故の映像を見た時、

死んだ親父が

「車は凶器だ!」って言っていたのを

思い出しました。

 

実は親父も小学生時代に

弟を交通事故で亡くしており、

車が好きだった私に

よく忠告をしていたのです。

 

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

 

田舎だと車は必需品で

18歳で免許を取得すると

スグに車を購入。

 

同級生が

「○○を買った」なんて

話題になっていたのです。

 

そして車好きが集まって

深夜は山の方へ行き、

仲間でタイムアタックをする。

 

週末は名古屋港付近で

0→400を見に行く。

 

流行り廃りはあっても

そんな時代がありました。

 

ええ、昔のことです。

 

 

学生がそれだけ車を乗るのですから

事故に合う確率も高く、

 

私も山の中にツッコんだり、

後席に座っている時に

横転事故にあったりと、

まぁいろいろあったのです。

 

そんな時に親父が言うのです。

 

「車は凶器だ!自分が勝手に死ぬのはいい、

ただ人様に迷惑は掛けるな!」

 

 

 

結婚した時

子供が出来た時、

それぞれターニングポイントがあって、

その都度、平均速度も変わりました。

 

もちろん、

50過ぎると車は好きでも

安全運転になります。

 

今まで見えていたモノも見えなくなり、

動体視力も反射神経も極端に落ちる。

 

結局、スピードが怖くなったし、

いつ自分がアクセルとブレーキが

わからなくなるのかも不安です。

 

そうならないように

気を付けたいのですが、

きっと事故を起こした本人も

そう考えていたのではないかと思います。

 

 

しかし、いつも交通事故は

交通弱者が大きな犠牲を払うことになるわけで、

いくら謝っても

失われた命は戻りません。

 

ましてや今回の様に

幼いお子さんの命まで

奪ってしまったとなると・・・・。

 

 

そんなことはわかっていても、

公共交通機関が乏しい田舎では

今でも車は必需品です。

 

手放せと言っても、

手放せない人がいるのもわかります。

 

スピードを出さなければ安全運転だと

勘違いしている人もいます。

 

となると

車の技術革新に期待するしかないのですが、

それも法整備が必要となると・・・。

 

こちらも思う所は

いくらでもある。

 

 

結局、運転しているのは

いつも「人」で、

人がどれだけ気を付けるのかだと

思うのです。

 

私も小さな命を奪うまで、

自分の利便の為に運転したいと

思いません。

 

誰でも同じだと思います。

 

でも事故は予期せぬところで

起きてしまいます。

 

うちの子供も2年前に

事故に合ったこともあります。

 

事故ってする方もされる方も、

その家族も、

全ての方が不幸になる。

 

それだけは間違いなく事実ですよね。

 

滋賀の大津の事故もそう。

駐車場から公園の砂場にツッコんだ

事故もそう。

 

なんだか車に乗っていない方が、

気を付けられない事故が

多く発生しているのが気になります。

 

悲しすぎることにならないように、

お互いに気を付けましょうね。

 

今回は、ここまで

それでは、また明日!

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP