カメラが好きな方は多い!

こんにちは、篭橋です。

 

**********************************

『トレンド・カメラ転売特別セミナー2019』

https://truscon.net/semmi2019

6/29(土)東京神田周辺セミナーの募集は

6/27(木)で締め切らさせて頂きます。

*********************************

 

『カメラ転売』というのは、

中古のカメラやレンズを

安く仕入れて高く売る。

 

そんなビジネスなのですが、

成果が出る人、

成果が出ない人がいます。

 

いくら頑張っても、

仕入れが出来なかったり、

出品していても売れなかったり、

そんな方々も沢山見て来ました。

 

一方で『頑張る』なんて程遠く、

軽~い感じで仕入れて、

ササっと出品。

しかもいきなり高額利益。

 

こんな方も沢山いらっしゃいました。

 

その違い!

 

最初に答えを言っちゃいますね。

 

「カメラやレンズを

欲しいと思っている人が沢山いる」

 

そう思っている人は売ります。

成果が出ます。

 

「えっ、それだけ???」

そう思われるかもしれません。

 

だけど、そうなのです。

 

大体『カメラ転売』を始める時は、

「カメラやレンズは売れる」

そう思って始められます。

 

そりゃ「売れない」と思って

始められる方はほぼいません。

 

だから、「売れる」と思って

始められます。

 

だけどずぅ~っと「売れる」って

思える人は少ない。

 

そりゃ人間ですから

時にはスランプに陥ってしまうことも

あるのです。

 

そんな時に「売れないんじゃないか」と

思ってしまうのです。

 

 

 

えっとクラブの仲間の方々は

よくご存じだと思いますが、

私と食事や飲みに行ったりすると

私が、

「あの子はカメラが好きなはず」って

良く言います。

 

それで声を掛けると

ほぼ「興味あります。」とか

「欲しいです」なんて答えを頂きます。

 

去年は大阪で、たまたま声を掛けたら

写真部の学生さんで、

「カメラが数台欲しい」なんて

リクエストも頂きました。

 

その場にいたクラブ生の方に

この案件を担当してもらったこともあります。

 

それぐらい、欲しいと思っている人は

意外に身近にいたりします。

 

まぁ先日大阪に行った時には

二匹目のどじょうを狙ったのですが、

「興味ありません」って

言われてしまいました(汗)

 

たしかに、そんな時もあります。

 

だけど、こらからも声を掛けたりしていると

必ず「興味ある」って人は出て来ます。

 

それは『必ず』なのです。

 

 

でも、成果が出ない人って

「欲しい」と思っている人はいない。

という前提で話をするのです。

 

だから最初に声を掛けて

「興味ない」なんて言われてでもしたら、

みんな欲しいと思っていないって

結論付けてしまうのです。

 

そんな方もいました。

 

最初からいきなり利益を出した

看護師の方がいました。

 

その方は自分の周りには

カメラが好きな方が沢山いるって

言っていました。

 

一方で看護学校の先生は、

生徒に聞いても

誰もカメラが欲しいと言っていない。と

言って来ました。

 

もちろん同僚の関係と

先生と生徒の関係もあるかもしれません。

 

だけど、このご時世、

看護学校の生徒全員が

カメラに興味がないとは思えません。

 

たぶん、この段階で

ココロ折れていたのかもしれませんよね。

 

実際私は初心者初月の時に、

仕入れたカメラを知り合いに売ろうとしました。

 

同級生の友人は、

「いらない」でした。

 

でも、知り合いに声を掛け続け、

何人目かの方が、

たまたまカメラ好きな方でした。

 

そこで直接販売を行って、

その方の友人知人を紹介してもらいました。

 

それでなんとか初月10万円を

クリアした覚えがあります。

 

そこからカメラを好きな人は

必ずいると思って取り組んでいます。

 

 

そうなると自分の行動も変わります。

 

もし商品が売れなかったとしたら、

それは商品や価格の問題ではなくて、

自分が欲しいと思っている人に

届けていないんじゃないかと

考えられるようになります。

 

意外に売れる商品を出品してあっても

「売れない」と言われる方がいます。

 

成果が出ている人が、

「それ、絶対に売れるって!」と

言っても納得されません。

 

たしかに売れていないんだから、

「売れる」という感覚がないかもしれません。

 

だけど、その結果

必ず価格を下げようとする。

 

価格を下げると売れにくくなるのも

カメラ転売の世界なのです。

 

どうしたら欲しいと思っている人に

自分が仕入れたカメラ・レンズを選んでもらうか!

 

ここにもコツがあります。

 

ですが、まずは

「カメラやレンズを

欲しいと思っている人は沢山いる」

そう確信を持つことから

始めてください。

 

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

**********************************

『トレンド・カメラ転売特別セミナー2019』

https://truscon.net/semmi2019

6/29(土)東京神田周辺セミナーの募集は

6/27(木)で締め切らさせて頂きます。

*********************************

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP