今じゃないんだよ!

確かに、「売れない商品」を

引き当ててしまって、

それを、「どうやったら売れるのか?」

それを悩み、考え、解決法を見つけることも大事。

 

というか、そんなことで

“売り方”なんてモノは見つかることが多い。

 

だから考えること、研究する、探究することは

大事だと思っているのです。

 

 

そもそも、一番いいのは、

売れない商品なんて仕入れないのが一番いい。

 

そんなことは決まっています。

 

今でこそ、

見向きもしないようになりましたが、

初心者の頃はそうじゃない。

 

わかっていても

仕入れてしまうことだってあります。

 

 

で、一番やっちゃ行けないのは

売れている時に悩み考えること。

 

これが初心者の方や

稼げていない方に多いのです。

 

 

先日からお話している通り、

最近はデジタルの動きが良くなりました。

 

ということは

定番のフィルム系に加えて、

デジタルを求める方も多いというタイミング。

 

こんな時は、

次から次へと売れる商品が

雨後の筍の様に湧いて出てくるのです。

 

そんな時に

売れない商品と格闘していれば、

そりゃ売れる商品だって見つけること出来ません。

 

 

確かに、気持ちはわかりますよ。

 

時間を掛けて仕入れリサーチをしたことでしょう。

一かバチかでナケナシノお金で

仕入れた商品なのかもしれません。

 

だから“こだわる”のもわかります。

 

 

だけど、間違いなく、

今は売れない商品に拘っていたら、

いろんなことを見逃してしまいます。

 

それよりも

サッサと手放して“次”の商品を仕入れて

売った方がいいのです。

 

その方が1ヶ月終わった後には、

自分の知識もスキルも

そしてお金だって入って来ます。

 

 

そもそも商品は回して、

売って回収して、

お金に変えるものです。

 

回すことが出来なければ

お金は入って来ません。

 

それなのに、

今、この売れている時期に

売れない商品と格闘していれば、

いろんな意味でモッタイナイとなってしまうのです。

 

 

と、そんなお話をさせて頂くのですが、

これ稼いでいない人ほど、

天邪鬼にこだわり続ける。

 

手放そうとしないのです。

 

 

稼いだ人から

「手放した方がいい。」と

言われれば、

言われるほど拘ってしまう。

 

コレ“あるある”なのです。

 

悪循環を断ち切れない人が多いのです。

 

 

これも先日あった件です。

 

 

最初は出品していない商品が

大量にあるということでした。

 

そんな話を聞けば、

「1分1秒でも早く出品しなさい。」と伝えます。

 

出品していなければ

売れることもなくお金も入らないのは明らか。

 

だから出品をしてもらったのです。

 

 

ですが、なかなか進まない。

時間も掛かって出品した後、

今度は、「売れない。」と悩まれる。

 

そりゃそうです。

 

売れない商品ばかりが並んでいたから。

 

 

カメラマニアの北陸の本田さんは、

「ゴ〇みたいな~」とまで

言い出すシマツ。

 

本人の顔もありますから断っておきますが、

カメラファンの方々は

カメラファンが見向きもしない商品のことを

「ゴ〇みたいな」と言います。

 

だから悪気があって

言っているのではなく、

カメラファンとしてもご意見だったのです。

 

 

その売れない商品。

 

オークション会場で

仕入れた商品だったのです。

 

低価格の商品を

一度に大量に仕入れていた模様。

 

一度に大量に仕入れてしまうから、

出品作業も捗らない。

 

商品の山を見ると

やる気も失せてしまう。

 

しかも出品しても

売れれば利益率は良くても

売れる商品は少ない。

 

悪循環の典型だったです。

 

もちろん、

そこのオークション会場が悪いわけではありません。

 

そのオークション会場に

固執してしまうから悪いのです。

 

 

だから、

「止めた方がいい!」そうお伝えしたのです。

 

稼いでいる人は全員、うなずかれる。

 

本人は首をかしげる。

 

こんな状況でした。

 

 

考えても見てください。

 

オークション会場に固執しているから

通常の仕入れリサーチも出来なくなる。

 

売れる商品も身に付かず、

仕入れてしまうのは

売れない商品。

 

しかも売れていないから

資金も乏しくなり、

低単価の商品ばかり。

 

そしてまた掴むのは売れない商品。

 

という悪循環。

 

だから、何が売れる商品なのかも

わからないままなのです。

 

 

通常、仕入れリサーチを行うことで

市場のリサーチも自然に出来ます。

 

でも、仕入れリサーチを行わなければ、

市場の動きだって把握出来ないのです。

 

 

でも、というか、

やっぱり、オークション会場で仕入れてしまった。汗

 

本人曰く、

「今度は単価が高めの商品もあります!」と

言われるのですが、

問題は、そこじゃないのです。

 

そりゃ自分が仕入れた商品が、

「ゴ〇みたい。」と言われれば

ムキになるのかもしれません。

 

だけど、それでは

問題解決にならない。

 

たぶん、また振出しに戻る!

 

 

まず出品までに時間が掛かり、

チャンスロスを発生させてしまう。

 

これも通常の仕入れリサーチであれば

ボツボツ商品が届き、

ボツボツ出品が出来るのに・・・・

 

一度に大量に届いてしまえば、

たぶん、出品までにも時間が掛かる。

 

そして何より、

いつまで経っても

仕入れリサーチが出来ないままに

なってしまうのです。

 

 

基本的に仕入れリサーチが出来るようになるのも

売れるという成功事例があるから。

 

売れなければ、成功体験も出来ないということ。

 

だから、またオークション会場に頼ってしまう。

 

唯一の救いは、

売れれば利益率は高い。

 

ただ、そこばかりを気にされるのですが、

売れればの話で、売れなければ利益率なんて

1mmも意味がない。

 

しかも、利益率は良くても

利益額は高くない。

 

だから、いくら売っても

月額利益の額は上がらないままなのです。

 

 

これも他から見ていれば

当たり前に見えるかもしれませんが、

本人からすれば見えていても

見たくない話。

 

オークション会場だって、

売れる様になってから活用すれば

大きな武器になるのですが、

今、行ってしまうから振り回されているだけなのです。

 

今じゃないのです。

 

 

必死になってやっているのは、わかります。

 

だけど見えていない。

 

意味や意図を伝えても

耳から入って来ないのです。

 

唯一の救いを止められらのですから、

頭の中がパニックで

人の話が聞けない状態だったのかもしれません。

 

 

それでも素直に行って頂ければ、

スグに改善され、

行ったことによって

意味や意図も入って来たと思うのです。

 

でも間違ったことを

再度してしまった。

 

 

今じゃないのに

今やってしまっていること。

 

稼いでいない人は

ズレていることが多いです。

 

早急に見直してください。

 

後からは大変になります。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

追伸】

8月の『売れる商品の見つけ方』

WORKSHOPのスケジュールです。

■8/22(月)は22時から オリエンテーションと「売れる商品の探し方」の実践と講義。
■8/24(水)は22時から 「ライバルセラーの探し方」の実践と講義。
■8/26(金)は22時から 「リストの作成」実践と講義。
■8/28(日)は19時から 総括。

 

毎回およそ2時間を予定。

最終日の8/28(日)は、3時間程度。

 

Zoomは必ず参加をお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。