神様は見ている!

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数
こんにちは、やまとです。
最近私の流行は断捨離!
事務所の中もスッキリし始めました。

古本やDVDを棚の中から出しては出品。
出品作業をするたびに家内がニヤリしているのがわかります(泣)

整理整頓をすると意外に使わないものや
不必要なモノが出てきます。

特に事務所は
「いつかは、使うのでは」
と考えた資料が多くて・・・。

結局は使わないものなので
帳票類以外はすべて焼却処分しました。

すると引き出しが軽い!!

なんだか心まで軽くなってきた気がします。
それをたまたま社員が来て、
「ありますね~」
と言い放ってカメラの出品作業をしていました。

その姿を見ながら思いついちゃったんですよね。

実は社員が撮影する機材と、私が撮影する機材が2セットあるのですが、
これも良く考えると、ほぼタイミング的には重なる時は少なく
1セット出品する事にしたのです。

しかし、社員同士で論争が始まったのですよ。

ニコンのカメラやフラッシュを出品するのか、
それともCanonのセットを出品するのか。

結構意見が分かれるのですよ。社員同士も!!
ほぼ出品以外ではカメラで撮影なんてしない私は、
どちらでもいいと考えていたのですが、
どうやらカメラ転売をするうちに、カメラが好きになってきたのでしょうね。

結局手放そうと考えたカメラは社員が買って行きました~。

結婚したばかりだし、カメラで奥さんでも撮影するのでしょうかね(笑)
そんな彼が言うのですよ。
「神様が見ている!」

実は、昨日休日だった彼、
週末に一生懸命に帰宅後PCの前で張り付いて仕入れを行っていたらしいのです。
ただ、全く成果が出ない0の仕入れ。

こんな時は誰でもあるようで、
ムキになってその後もいろんなサイトを見ていたらしいのです。

が、結果は0。

そこで昨日は店舗に仕入れに行ったらしいのです。
奥さんを連れて!

すると、商品がドンドン出て来たらしいのです。

まぁかなり満足するぐらいの仕入れで、
レシートを見たら彼の月収ぐらいの金額の仕入れをしてきたのです。

しかも、商品は結構いいものばかり。

なんだか週末の時間がモッタイナイという事だったのですが・・・。

「神様が見ている!」
らしいのです。

あきらめなかったから、コレだけ仕入れられたとの事。
なんだか、わかる気がします。

もう1年ぐらいはカメラ転売を行っている彼ですし、
自分でもアカウントを作ってやっています。

しかし、出来ない時は全く出来ない。
でもしっかり行った翌日は必ず良いことがあるというのが
彼の持論なのです。

体中はピアスの穴だらけ。
舌にも穴が一杯で、
当然体にもTATOO(イレズミというと怒る)が
入っている様な今風の彼なのにです。

なんだか宗教ジミていますが、
私も同じ事を考えます。

出来ない事や悪い事が起きた時に
悪あがきするのって、
その時は出来なくても、その後に必ず身になって帰ってくるのです。
もちろん、開き直りが大切な時もありますよ。
時には勇気を持って止める事だってあります。

ただね、やり方を間違っていなければ、
必ず成果は上がるのです。

もしかしたら、彼が週末悪あがきの様に
リサーチしまくって、
商品の相場が頭に入ったから
店舗で仕入れが出来たのかもしれません。

というか、たぶんそうだと思います。

私は、神様は必ずいると考えています。
ただ、神様に頼るのはちょっと違うと考えているのです。

自分で努力した結果は、
必ず良い方向へ向きます。

ただ中途半端では何も残らないと考えています。

やるのであれば、しっかり自分でやったという実感が
得られるぐらいに頑張るべきだと思います。

「神様は見ている!」

今日は社員に教えてもらった1日でした。

今回は、ここまで
やまとでした。

 

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。