とある方限定の投稿です。

****************************
9月17日(土)東京セミナー
9月24日(土)大阪セミナー
カメラ転売特別セミナーはこちらから
http://yamatocamera.com/wp/tokubetsuseminar
****************************
こんにちは、やまとです。

8月最後の投稿です。
子供たちは、明日の学校に備えて・・・・。
宿題中です(笑)

さて、今回の投稿はとある方に向けてです。
もうしかしたら、同じような考え方の方もいるかもしれませんね。

というのも、お金の使い方についてです。
ケチとか慎重になられている方って見えるじゃないですか?

私ね、お金の使い方を知らない方が多いような気がするのです。

例えば、絶対に上司にしたくない人の中に
ケチな人って必ずあげられますよね。

自分が部下だった場合、
ケチな上司の下では絶対に働きたくないですよね。

自販機の前でも部下に出させたり、
飲み会でも同じ。

こんな人って、お金のあるなしに関係なく
モテもしませんし、理想の上司とは程遠い存在になります。

例えばですよ、
1本の缶コーヒーで周りの人がうまく仕事をしてくれたり、
1杯の生ビールで職場環境が活性化するなら
上司としてはうれしい事じゃないですか!

でも、自分がお金ないからと言って、
なかなか財布を出そうとしない人って
人間関係も仕事も上手く回りませんよね。

もちろん、奢ったからと言って、
全てが上手く行く訳ではなく、
当然ベースとなる事って言うのはありますよ。

でもね、ベースとなることが出来ていて
もっと上を目指すべきであれば、
自分の財布から出すべきだと思うのです。

と言うと、
「いえいえ、仕事中の事なので会社の経費で・・・。」
全く分かっていない人の言う言葉です。

さも当然の様に話をされますが、
会社の経費で奢られて本当に感謝してくれますか?

会社の経費を勝手に使い呑み代を払う上司を
あなたは尊敬できますか?

という事なのですよ。

別に高いお金を払う必要はないです。
でも少しぐらい自分が使うお金を我慢したって
周りの方に使う事って、
悪い事は一つもなく、いい効果しかないと思います。

お金の使い方が下手な人ほど、
周りに人がいなくなるのです。

一方でネットビジネスに費やすお金も一緒です。
稼げたら、教材を買う
稼げたらコミュニティに入る。

そんな言葉をよく聞きます。

稼ぐために教材を買うし
稼ぐためにコミュニティに入るのにです。

稼げたら・・。
という事は稼げなかったら何もしないという事ですよね。

と言うと、そう言う意味ではなく・・・。
と行って来ます。

稼ぐと心に決めて、覚悟を持って取り組めば
必ず稼げると思うのに、最初っから逃げ道を作っているのです。

男らしくないし、
稼げたらと言う人が稼げた例を私は知りません。

最初っから逃げ道を作っているから
稼げないのです。

稼ぐ人のほとんどは、ほぼお金もなく
始めている方が多く、
乾坤一擲で始められている方がほとんどです。

だから稼げると思うのです。

私もネットビジネスに費やすお金は
年間100万円では効きません。
そのほとんどが分割払いで、
早く稼がないと支払いが出来ないからこそ
頑張るのですよ。
恥ずかしい話ですが・・・。

私も次の目標が月収1000万円ですよ。
単発で1度でもいいから達成させたい!

だから勉強をさせてもらうのです。

なんだか最近はお金の使い方というか、
ケチと言うか、知らない方がいますよね。

部下への飲み物ぐらい、
奢ってあげればいいじゃないですか!

お金が無いというのであれば、
稼げばいいじゃないですか!!

ちょっとは、男らしくしましょうよ。
と言うお話でした。

今回は、ここまで
やまとでした。

追伸、
こちらのカメラ転売Revivalbook。
https://truscon.net/revivalinfo
先行発売は、もう間もなく終了です。
本日23:59までとなっております。
ご確認をお願いいたします。

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

 

 

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。