「そんなデータよりも 売れる商品や利益が出る商品を教えてくれ!」

昨日、お渡しした

7月の『ヤフオク』カメラ光学機器

販売実績レポートはいかがだったでしょうか?

 

おかげさまで多くの方に手に取って頂いたのですが

感想は少なかったですね。汗

 

今月のレポートは

特に私見も減らしましたし、

その分データを細分化しましたからね。

 

数字だけが並んでいる。

 

そう思われた方も

多いのではないでしょうか?

 

 

このレポートも5月から行っているのですが、

レポートを手に取られても

自分で考えない人も多いのです。

 

だから、今回は変えて見ました。

 

私が話を先にしてしまえば、

「そうだ、そうだ」で終わってしまうし、

自分で“見よう”“考えよう”としない方が多いから!

 

そもそもこのデータは誰でも見られるし、

誰でも集めようと思えば集められる。

 

だけど、ネットビジネスで

特に転売ビジネスでも

データを集められる方は少ないのです。

 

「そんなデータよりも

売れる商品や利益が出る商品を教えてくれ!」

 

そう思われている方が多いのではないでしょうか?

 

 

ダメですわ。

 

自分で考える事が出来なければ、

これからのビジネスは発展しないのです。

 

5月の時もそうですが、

売れていた商品だけを調べようとする。

 

実績データは、あくまでも過去のデータ。

今ではないのです。

 

それに、

私が、「コレ売れている」と言うと

そればかり。

 

それで「仕入れられない。」

 

そりゃそうですよ、

同じ商品を多くの方が一斉に狙えば

そりゃ仕入れることも難しくなります。

 

特に新品じゃありませんから!

 

あくまでもピックアップするのは“例”。

 

それを理解しなければ

データも意味が無いのです。

 

そもそも『カメラ転売』は

中古の商品を扱うのですから、

同じ商品で、同じ様な状態、同じような価格で

大量に仕入れる事は難しい。

 

これがわかっていない。

 

 

だから市場にも大手は入っていない。

だから個人レベルでも充分に戦える。

 

ということはライバルも同じ様な方ばかり。

 

であれば、他の方が行っていないこと、

目を向けていないことにも

“勝機”はあるのです。

 

 

特に

「そんなデータよりも

売れる商品や利益が出る商品を教えてくれ!」

というのは、過去の転売ビジネスの話。

 

それがどれだけ自分で稼げなくしているのか!

そう考えを張り巡らせてほしい。

 

 

そもそも稼げる(売れた)商品リストって

よく出ています。

 

だけど、あの稼げる商品リストで

同じように仕入が出来て

売れた人はどれだけいますか?

 

なぜ、同じように仕入が出来なかったり

同じ様な価格で落札されないのでしょうか?

 

 

今の転売ビジネス、

もちろんカメラ転売も『想像』。

もしくは『創造』。

 

どうして、この数字になったのか、

去年と比べてそうなのか、

先月と比べて何が変わったのか、

 

外部要因、内部要因は?

 

そう想像し仮説を立てて

検証立証してみる。

 

 

実際に売れている商品なんて

カメラ転売を続けている人は、

みんなが扱っている。

 

だから数多く売れている。

 

であれば、自分で“狙い目”を

見つけるべきで、

それが自分の強みになる。

 

 

これ、

『売れる商品の探し方』

リモート勉強会の時にも

最初に話したこと。

 

「売れる商品だけを知っていても意味が無い。」

 

「売れる商品や売れている商品とは、

“売れた”商品とは違う。」

 

「では、売れる商品とは何だ?

その定義付けを考えて欲しい。」

 

「人が“売れる”商品は、

自分が“売れる”商品とは限らない。」

 

等々・・・・・

 

そんな小難しい言葉も連発した。

 

だけど、それを深く考え、

リスト化をした時、

この7月実績データも

「なぜ、この数字がこうなったのか」が

見えてくるはず。

 

そして自分が作成したリストも

使えるものと確信が持てるはずなのです。

 

実際に参加されたYさんからは

オリジナルリストから5品仕入れて

すでに4品が売れたと報告を頂いた。

 

そして

「リストとこのデータを見比べるとなるほどとわかりました。」

とコメントも頂きました。

 

 

今回特別に出品数も参考として

載せて見ました。

 

そうなると出品数と販売個数のバランス。

この数字が近ければ回転率につながるはず。

 

そしてカタマリとして

どんな商品を扱えば有利なのか?

 

そんな答えも出てくるはずです。

 

時代は変わっています。

 

『カメラ転売』も変わっています。

 

その変化に誰が気づくのか!

 

私は自分自身でありたい。

そう思っております。

 

是非、データの感想もお願いします。

 

https://truscon.net/ni4t

 

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。