「売れない商品」をいかに売るのか?

「売れない商品」をいかに売るのか?

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

今の稼ぎ方をお伝えする!

カメラ転売のセミナーを11/17に行うのですが、

「北海道」から参加される方も見える様で

嬉しい限りです。

 

その他に、

「どうしてもこの日はスケジュールが

埋まってしまっている」という方からも

メッセージを頂いたのですが、

確かに「なぜ、この日なんだ~」って

思いになりますよね。

 

こればかりは、

巡り合わせです。

 

もしスケジュールが空くようでしたら

是非お越しください。

 

参加者の申し込みの勢いがいいので、

会場も、空き具合も見て、

もう少し考えようかな~とは

思っております。

 

参加希望される方は、

お早めに登録をお願いします。

 

****************

『市場支配型』

トレンドカメラ転売特別セミナー

日時:11月17日(日)午後1:00開始

場所:東京神田周辺セミナー会場

参加人数:25名

申込み詳細はこちらから

https://truscon.net/seminar

*****************

 

今日は、リアルな話をしましょう。

 

 

どうしても我々の様な「情報発信者」は

自分が行っているビジネスの

「いいところ」をメインに発信しようとする。

 

これは、まだ行ったことがない方に、

「これだけ稼ぎやすいんだよ」

「これだけ稼げるんだよ」

ということを、

わかりやすく伝えたいから。

 

それでも私の場合は、

結構「難しい」ところを

お伝えしてはいるはずなのですが、

それも他のライバルから抜きに出て

稼いでもらう為。

 

全ては読者様に、

どうやって伝えようかと

思案しているからなのです。

 

ただ実際に良く売れる商品や

早く売れてしまう商品、

高額利益が出る商品も沢山あるのですが、

それって全体の2割ぐらい。

 

1万円以上の利益が出る商品も、

1週間以内に売れる商品も、

全体の2割なのです。

 

だから100品のうちで考えれば

20品の話。

 

だけど、この2割の商品が大事で、

ほぼ全体の売上の8割を引っ張り上げる。

 

まぁこれって商売の原理原則で、

販売系の仕事をされている方や

営業関係の仕事をされている方って

ご存知だと思うのです。

 

だから今でも

「稼げるリスト」は重宝するし、

正しく活用すればそれだけで稼げる。

 

「じゃぁ全てを売れる商品、

利益が出る商品で埋めつくせばいいじゃん」と

思うのでしょうが、

そうは上手く行かないのがビジネス。

 

そう思って転売ビジネスをしていても

やはりその中でも2割は出て来る。

逆に言えば、

「売れない商品」も出てくるのです。

 

で、大騒ぎしてしまうのが、

この「売れない商品」。

 

どうしても人間。

不安があったりして

ネガティブな思考の時には

「売れない商品」が目についてしまうのです。

 

確かに「売れない商品」があったとすると、

例え「売れる商品」があっても

在庫を圧迫もするし、

現金も手に入らない。

 

「売れない商品」も

「売れる商品」に変えて行かないと

行けないのです。

 

そうお話しすると

「売れればいいんでしょ」と

勝手に値下げをする。

勝手に赤字でも売り切る。

そう考えてしまう方が多いのですが、

 

それは違う。

 

値下げをするのも、

自分の血や肉を削っているのと同じ。

だから最後の最後の手段なのです。

 

なのに、思いつくのは

そんな安易なこと。

 

だから利益が出なくなるのです。

 

まず、私は初出品をしてから

2週間売れなかった商品を

常に監視している。

 

ココが違う!

 

ほとんどの人は

“自分”の「売れている商品」を

注目しているのですが、

「売れている商品」を注目するのは

“他人”の「売れている商品」。

 

自分の「売れている商品」は

放っておいても売れて行くのです。

 

だから自分で行う作業としては、

「売れていない商品」に

注目、監視する。

 

私は2週間ですが、

これを3週間にしている方も見える。

 

「こんなの大変」と思うことなかれ!

 

常時見ていれば、

50品出品している人でも

10品ぐらいの事。

 

だから、「あっ」という間に終わる。

常時行っていれば、

瞬殺で終る作業なのです。

 

そして、監視と言っても

「眺めている」だけでは意味がない。

 

その時の『行動』が重要なのです。

 

まずは、今現在のライバルの出品状況と

比べる。

競争できる価格なのかを見て欲しいのです。

 

といっても「安い」のは

売れない。

 

これは

「安かろう、悪かろう」と

判断されて売れないのです。

 

だからあくまでも

【競争力】がある価格かどうか。

 

中古品だから状態も良し悪しもある。

そこは見ておいた方がいい。

 

そして、自分が出品している期間中に

どんな商品がどんな価格で売れているのか、

 

これをチェックする。

 

オークファンで見てもいいし、

ヤフオクの「過去の落札相場」でもいい。

 

その間に「売れて行った商品」と

自分が「出品している商品」。

 

この違いを見る。

 

つまり、『今』と『過去』を見て

比べて修正を行うだけ。

 

たったそれだけなのです。

 

この時に意識して欲しいのは、

自分が仕入れた価格を見ない。

 

これを見てしまうと

主観が入って客観的に

見ることが出来ないのです。

 

そして、もし最悪。

最悪ですよ。

 

値下げをすることになったとしても、

売れればいい。

 

現金化も出来るし、

リスト化も一つ増える。

 

だから「売れた」という事実を元に

今度は利益が出る仕入れを行えばいいのです。

 

だけど安売りしてしまった商品。

 

この場合の「安売り」とは

相場価格よりも安く売った商品ということ。

 

これは、リストには入らない。

 

イレギュラーなことですし、

早く売れたとしても、

利益が無ければ意味がない。

 

実際に利益が出ないリストであったり、

売れないリストでは意味が無いのです。

 

早く売れて利益が出る商品のリスト。

 

これが『宝』になるのです。

 

そして私が意識しているのは、

「その場で仕入れる」こと。

 

だってもし利益を削られるようになった時には、

悔しいですから!

 

だから、その直後に再度仕入れて

今度は早く売れてしかも利益が出る様に

出品を行う。

 

この作業を繰り返せば、

「売れなかった商品」が

「売れる商品」に変わる。

 

こうして利益が倍増してくるのです。

 

 

誰しも一品目の仕入れの時は、

「海のモノとも山のモノとも」

わからずに仕入れることが多い。

 

それは私もおなじこと。

 

だから、「売る」。

 

売れればその商品の素性がわかる。

人気があるのかないのかも、

供給が多いのか少ないのかもわかるのです。

 

 

 

出品を行えば

それで作業はお終い。

 

それは、「売れる商品」でのこと。

「売れない商品」を管理する。

 

ちょっとだけでも意識をすると

売上は本当に倍増します。

 

「商品管理」。

覚えておいてください。

 

やってみれば

カンタンな作業ですから!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

****************

『市場支配型』

トレンドカメラ転売特別セミナー

日時:11月17日(日)午後1:00開始

場所:東京神田周辺セミナー会場

参加人数:25名

申込み詳細はこちらから

https://truscon.net/seminar

*****************

 

【追伸】

私宛のメッセージやコメントは

必ず読まさせて頂き、

出来るだけこうしたメルマガやブログでの返答

もしくはメールでの返答をさせて頂いております。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

ですが、

 

○○がブログを更新しましたとか、

反省もしていない様です。とか、

必要ありませんし、

あえて私も返信しませんので

悪しからずご了承ください。

 

なんかさ、

有吉のラジオ。

「SUNDAY NIGHT DREAMER」の

いちコーナーみたいになっている!(笑)

(youtubeでしか聞いたことがないけど・・・)

 

私としては、

ご自分を信用信頼して

購入された方やファンの方々を

『蔑ろ』にしたり、背いたり。

期待を裏切って自分だけが稼ぐって

大っ嫌いなだけなのです。

 

もっとさ、ネットビジネスの事

カメラ転売の事、

聞いて来てほしい。

 

もちろん、

たまにはプライベートの相談もありますけど、

そんなお悩みにはお答えしていきますからね。

 

もっと前を向いて行きましょう、前!

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP