group of people using laptop computer

『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP誕生秘話(その2)

昨日の

『売れる商品の見つけ方』WS誕生秘話(その1)

読まれましたか?

 

こちらを読まれていないと

今日の話も面白くないので

是非、お読みください。

 

『売れる商品の見つけ方』WS誕生秘話(その1)

https://wp.me/p7rx96-gcO

 

今日は、(その2)

 

売上がゼロになったのです。
~~~~~~~~~~~~

 

・・・・・

・・・・・

 

まだ「カメラ転売」をはじめて

間もない頃。

 

家内からヒントを得て、

「そっか、自分が売りたいモノを売っていても

売れないんだ!」

 

そう思ったのです。

 

 

しかも自分が行って来たカメラ転売なんて

ライバルも多くて

カメラのキタムラネット中古なんて

早押しでほぼ負ける。

 

ヤフオクでは

競り負ける。

 

仕入れも出来なければ

売ることも出来ない。

 

となれば

自分が売りたいモノからシフトすべき。

お客様が欲しい商品を揃えよう。

 

そう思っていたのです。

 

 

ただ、そんな商品が、

どれかがわからない。

 

ましてや私に

カワイイなんてものはわからない。

 

シフトしようとは思っていても

何をどうすればいいのか

全く分からなかったのです。

 

 

そんな時にたまたまTVで

渡邉直美が出ていたのです。

 

ご存知、Instagramの女王。

 

そこで渡辺直美が使っているカメラを

紹介していたのです。

 

それがレアなカメラ。

 

SONYのILCE-QX1

レンズスタイルカメラだったのです。

 

たまたま出品していた私。

 

TVの放送終了後、

売れてしまったのです。

 

 

そりゃそうです。

Instagramも流行り出していた頃。

 

皆が憧れていたタレントが持っていたカメラ。

 

欲しいと思っていた人も

多いと思うのです。

 

なのにカメラ転売ヤーは見向きもしない。

 

現に翌日の夕方、

中古カメラ屋さんに行っても、

棚にスラーっと陳列されていたのです。

 

 

まぁ本音を言えば

私だって変な形をしたカメラと

思っていました。

 

たまたま安かったから仕入れただけ。

 

あまり売れるとも思っていなかったのです。

 

それが即売れ!

 

 

ところがTVが放送されても

カメラ転売ヤーとおぼしき人は

誰も見向きもしない。

 

別の棚をせっせと検索しているのです。

 

 

そこで私は

陳列された商品を全て棚から出してもらった。

 

そもそも年式も新しい。

別に状態をチェックすることなく、

そのまま大人買い。

 

まとめて一気に仕入れたのです。

 

 

そして翌日出品すると

大人買いした商品が一気に売れるのです。

 

しかも新品とそれほど変わらない価格。

 

数万円の価格なのに、

1万円ぐらいの利益が出る。

 

その時も安い価格で出品しているバイヤーもいたのですが、

ほぼ売れていない。

 

安くても逆に不審がられて

売れていないのです。

 

 

それも仕入れさせてもらって、

また売った。

 

ヤフオクの市場も

一気に握った感があったのです。

 

 

そこからヒントを得た私は、

それまで記録していた日計簿なるものからも

いつ、どんな時に、どんな商品が売れるのかを

調べたのです。

 

それがイベントと重なり合う。

 

卒業式、入学式、

春の学芸会や運動会。

 

旅行シーズンや長期連休等々。

 

その場、その時、

シチュエーションに合わせて

売れる商品も違うのです。

 

そして「カメラ女子」で検索して

ランキングに上がった商品もチェック。

 

TV等々でタレントがカメラの話をした時には、

そのまま仕入れることをしていたのです。

 

 

なにせカメラ転売ヤーは

その時間仕入れリサーチに集中しているはず。

 

だから情報を得ていない。

 

それを人が気づく前に仕入れてしまう。

 

そして一気に出品。

 

一気に出品することで、

相場価格だってコントロールも出来たのです。

 

 

同時にリアルな仕事でヒントを得た

リピータ顧客の作り方。

 

手書きのお礼状で

リピーターも増え、

注文販売や買取も行った。

 

リサイクル業者と手を組み、

遺品整理でカメラが出れば

必ず出向いたのです。

 

そうして出来上がったノウハウ。

 

当時、小玉歩さんにセミナーを

プロモーションしてもらった時には、

『市場支配型カメラ転売』と名付けて頂いたのです。

 

 

その後も順風満帆とは行きませんでしたが、

売れる商品の情報を集め、

誰よりも早く仕入れてしまう。

 

そもそもが狙いを定めた

リピート販売が主でしたから、

同じような商品も仕入れてしまって、

一気に売り捌く。

 

これを繰り返していました。

 

自分自身、月間商品回転率2回転以上を

目指していましたが、

それに届かなくても近いぐらい売れていたのです。

 

 

しかも当時から検証やテストを行い、

5つぐらいのチームでアカウントを作って

売っていました。

 

だから商品によっても

組み合わせや売り方によっては

売行きも変わることが分かったのです。

 

 

ところが、2019年の12月。

 

その前から少し兆しはありましたが、

いよいよ売れなくなって来たのです。

 

今まで売れていた商品も

売れていた売り方も

思う様に売れないのです。

 

例えば年式の新しい

ハイアマチュアクラスのデジイチ。

 

今まではカメラ本体のみの方が売れていたのも、

レンズがセットでなければ売れなくなった。

 

これもいろんな検証をしていたからこそ、

売り方も発見できたわけで、

間違いなくお客様の志向、

買い方の傾向も変わって来たのです。

 

そこに追い打ちを掛ける様に、

またもや逆風が吹き始めたのです。

 

そうコロナです。

 

 

デジタルの動きが穏やかに低くなったと思えば、

その後は一気に下火。

 

ちょうどダイヤモンドプリンセス号が

横浜港に停泊したころ。

 

パンデミックの危険性が

騒がれ始めた頃のことです。

 

 

それまでの私は

月間少なくとも300件以上は販売していました。

 

ということは

単純計算でも1日平均10件以上。

 

実際には数件から多い時で20件以上が

1日に売れていたのです。

 

それが、徐々に売れなくなって来たと思っていたら

一気に0。

 

なにも売れていない日が出来てしまったのです。

 

 

調べてみれば私の場合、

2015年の秋以降。

 

売れなかった日なんてありません。

 

悪くても何かしら売れていたのです。

 

 

しかも時は2月。

 

本来であれば

カメラレンズが売れるピークの3月。

 

その前の2月も

卒様式を前にして売れ始める時期だったはずなのです。

 

当然、売れることを期待して

仕入れる商品も増やしていました。

 

それなのに、0。

 

 

仕入れた商品の支払いもあるし、

外注のリーダーや外注さんへの支払いもある。

 

それが売上が止まってしまうと

一気に支払いも危うくなるのです。

 

 

本来、売上が成り立つから

支払い計画も成り立ちます。

 

それがピタッと止まってしまうと

恐怖しかないのです。

 

 

つい数か月前までは、

これが市場支配型だ!と

テングになっていた私。

 

一気に奈落の底に

突き落とされたようで

自信も喪失し始めた時でした。

 

・・・・・

・・・・・

 

ということで、

今回も長くなりそうですから

この辺りにしておきます。

 

いよいよ次回は、

奈落の底からの復活劇。

 

ただ、それも簡単には行きませんでした。

 

この続きは、また明日!

 

ということで、

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

『売れる商品の見つけ方』WS誕生秘話(その1)

https://wp.me/p7rx96-gcO

 

【追伸2】

6/20 ~『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP。

 

募集開始は17日(金)19:00から。

 

Zoom講義は、

■6/20(月)は22時から オリエンテーションと「売れる商品の探し方」の実践と講義。
■6/22(水)は22時から 「ライバルセラーの探し方」の実践と講義。
■6/24(金)は22時から 「リストの作成」実践と講義。
■6/26(日)は19時から 総括。

 

※Zoom講義は必ずご参加ください。

 

Zoom、チャットワークを

使いながら行いますので

参加される方は今からご準備ください。

 

ヤフオク、オークファンも

使い倒しますからね。

 

ご参加ください。

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。