person holding DSLR camera

【衝撃でした!】ゴミみたいなカメラやレンズとは?

「ゴミです!」

 

またもや、こんな発言を

聞いてしまった。

 

マジ、ビビる。

 

ただ、カメラファンの間では

「ゴミみたいな~」は

普通に使われる様で・・・・・。

 

 

最初に聞いた時には、

「この人、商品のことをなんで、

“ゴミ”なんていうんだろ?」

自分はそう思いました。

 

今まで転売ビジネスはしていなくても

商品を扱って来たのは言うまでもなく、

それはモノとしても人としても

商品は宝物だと思っていたから。

 

だから「カメラ転売」をはじめて

最初に聞いた時には衝撃でした。

 

 

その衝撃は、

カメラが好きな方が発言されたから。

 

 

百歩譲ってカメラ転売プレヤーの方が

言うのならわかります。

 

カメラやレンズに興味もなく、

単純に商品としか見ていない。

 

ただ儲けようとしているだけ。

 

しかも、ビジネス経験が浅く、

単純に“稼ぎたいだけ”の方であれば、

表現の仕方なんてイロイロだと思っていました。

 

 

別に、その方が

自分が扱っている商品を

「ゴミ」と言いながら売ろうが、

その方の勝手。

 

私は「ゴミ」という方から

買いたくはないし、

「言葉には魂が宿る」と考えれば

その方は商品もゴミ同様に扱っているはず。

 

それで売れるわけがない!

 

私は当時からそう思っていました。

 

ところが衝撃だったのは、

その言葉はカメラ転売ヤーから聞いたのではなく、

カメラファンの方がそう表現されたこと。

 

 

自分が好きで趣味としている

カメラやレンズを

そう表現されるなんて・・・・。

 

そう思いながらも

口にはしていませんでした。

 

 

しかし2度目に聞いた時は、

もっと驚きました。

 

それは自分の商品を買ってくれたお客様が

言われたのです。

 

そのお客様は自分が使っている

「Canonのカメラに合う安いレンズを探している。」と

言われたのです。

 

私には手持ちの商品が無かったから、

他の方の商品を探したのです。

 

その時にそのカメラファンの方が言われたのです。

「こんなゴミみたいなカメラやレンズばかりで・・・」

 

実際は、もっと辛辣な言葉が並びました。

 

私としては自分の利益を度返しして、

その方にとってプラスにでもなればと

思った親切心だったのです。

 

でも、その出品者の商品リストを見て、

「ゴミみたいな~」。

 

 

その後も幾度となく、

「ゴミみたいな~」と

カメラファンの方から聞いて、

やっと理解したのは、

「ゴミみたいな~」はカメラファンの間では

普通に使われる表現だということ。

 

同じカメラやレンズであろうとも

自分には興味がない商品。

 

使えない、欲しくない、

 

そんな商品全般を指して、

「ゴミみたいな~」と表現されていたのです。

 

 

確かに、それはカメラファンでなくても

そんな辛辣な表現は使われますよね。

 

車好きであっても走り屋の中では、

FFの普通車、小型車は「車じゃねェ」なんて

言われた時代もあったし、

まぁ趣味の世界では往々にしてあることなのです。

 

 

ところが昨日、

カメラファンのコミュニティに参加したのです。

 

まぁカメラのお勉強や

どんなカメラを使われているのが多いのか?って

市場目線じゃなく、

実際にユーザー目線で知りたかったから。

 

で、数年ぶりに

そんな“集い”に行って来たのです。

 

 

ところが、その場でも

「そんなゴミみたいなレンズ」という

フレーズが出て来た。

 

それで、またもや衝撃を受けたというわけなのです。

 

 

ただ、その場にいた方は別に驚きもしない。

 

笑顔でスルー。

 

ピクッと動きが止まったのは私だけ。

 

まぁカメラ好きの集まりですから

そりゃそいうことになるのです。

 

 

で、その時に話題に上がっていたのは、

サードパーティのレンズ専門メーカー。

 

その古いAFレンズ。

他・・・・・。笑

 

当然と言えば当然の話で

“売れない商品”ばかり。

 

 

休憩時間(雑談タイム)も

ヒアリングしていたのですが、

なかなかどうして、見る目は厳しいのです。

 

 

で、特にシビアだったのが

初心者の方々。

 

 

なるほど!と思える話が聞けたのと、

ココが売れない売り手と

買い手のギャップだと悟ったのです。

 

 

良く売れない商品を並べている方に、

「その商品はどんな方が買うと思いますか?」

と聞くと

「初心者の方々」と答える方がほとんど。

 

イメージとしては

初心者の方はお金もないし、

まだ、わからないから高額な商品は手を出さない。

 

それよりも安い商品に手を出される。

だから安い商品も売れるはず。

 

そんな論理。

 

 

でも実際は違うのです。

 

初心者の方はカメラのことも

詳しくない。

レンズもどれがいいのかわからない。

 

だから失敗したくな。

 

その場にいた方のほとんどが

中古を手に入れていた様なのですが、

中古商品だから安いのはアタリマエ。

 

という感覚。

 

それ以上に安い商品は

使えないJUNK品ばかりだから

買いたくないって発想。

 

 

現に、その場でいた方から

「中古でも高いもの狙うのがオススメ。」と

言われる方も見えた。

 

わからないから安い商品を買うのではなく

わからないから高めの商品を買う。

 

そうすれば“外れ”は少ないという考えで、

「ネットで買うのなら!」と

力説されていました。

 

 

なるほど!×2

 

 

これは少なからず当たっていると

思います。

 

失敗したくないから

安い商品で試してみるってのは、

ほぼ失敗するわけ。

 

これは買う側だけではなく

出品する側も同じだと思ったのです。

 

 

つまり、自分が「仕入れやすいから」と

仕入れてしまった商品は

売れない理由もコレ。

 

 

わからないから安い商品を並べる出品者。

わからないから高い商品を選ぶ購入者。

 

 

だから売れない人は

いつまで経っても、

売れないということなのです。

 

 

ただね~こうして外に出て

生のご意見を聞くとよくわかる。

 

売れていない人って

売れない商品ばかりを手にして、

たまたま売れたことで喜びを感じている。

 

商品さえ変えれば、

もっともっともっと売れるのに!!!

 

 

そういえば、先月月収10万円を超えた

60代のAさん。

 

以前とは取り扱う商品が違うのです。

それで単品益は5500円以上。

 

しかも出品している商品はわずかで、

月間商品回転率も1回転。

 

決して売れているという部類では無いのですが

それでも販売件数もたった20件で

月の利益が10万円以上。

 

ご本人さんの報告では

他の方がもっと売れているから

自分も売れる期間をもっと短くしたいとのこと。

 

売れるのは楽しいらしい。

 

 

60代になっても

アグレッシブな方ってホント多い。

 

 

まぁ、全く売れない

カメラファンの方が言われるゴミみたいな商品。

 

売れていない人にとっては

自分がゴミを扱っているのかも

わかりません。

 

というかそんなことを

意識したことも無いはず。

 

だって

「カメラやレンズは何でも売れる。」と

聞いているはずですから!

 

 

でもね、実際は

そうじゃないことを知ってください。

 

知らなければ

いつまで経っても売れません。

 

 

「売れる」とは

たまたま「売れた」ことじゃない!

 

ということです。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

今回のWORKSHOPは

新しいことも始めて見たいと思います。

 

但しベースは「売れること」に特化した

『売れる商品の見つけ方』が基本。

 

募集は14日(水)19:00から(予定)
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

現在の予定では

9/19~9/25までの1週間!

 

 

Zoom講義は

9/19 (月)祝日、22:00から

9/21(水)22:00から

9/23(金)祝日、22:00から

9/25(日)19:00からを予定。

 

毎回、約2時間を予定。

最終日の25日(日)は3時間ぐらいになるかも。

 

ご興味ある方は

スケジュールの調整をお願いします。

 

またZoomだけではなく

チャットワークも使える様にして

ご参加ください。

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。