man standing next to brown fence beside body of water

【重要なお知らせ!】20万+20万→200万円越え!

この1週間、

ご案内させて頂いておりました

12/18~『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP3.0

 

のっぴきならない事情により

急遽、中止とさせてください。

 

参加をご検討頂いた方々、

本当に申し訳ございません。

 

少し込み入った

家の事情がございまして・・・。

 

尚、既に参加登録された方には

別途メール。

 

およびチャットワークにて

連絡させて頂きました。

 

その代わりと言ってはなんですが、

今月中に別のイベントを考えます。

 

とりあえずお詫びまで。

 

本当に申し訳ございませんでした。

 

 

さて、

 

本来であれば10日には、

仕入れ現金資金20万円を100万円まで

いかに早く増やすのか?

 

『デビット20!』の報告をさせて頂くのですが、

最後の大詰めとなって

少し修正が加わる様で報告を躊躇っておりました。

 

しかし、未確認ながら

matoさんは200万円以上となった様。

 

報告では220万円以上の現金が

口座に入って来たようなのですが、

ここから修正が加わるとのことだったのです。

 

 

参加した当初は

他の方と同じく20万円からスタート。

 

それが8月の早い段階で

確信を持ったとのことで、

プラス20万円を追加。

 

計40万円からスタートされたのです。

 

ですから

20万円スタートの方々が目標100万円に対し、

matoさんだけは200万円が目標。

 

 

もともと彼の場合、

山手線の内側、ド真ん中に居住しながらも、

月に2回から3回

車を走らせ郊外へ。

 

温泉旅行を楽しみながら

各地方で仕入れを行うスタイルでした。

 

「でした」というのも、

秋が深まってからは出ていないとのこと。

 

もともとゲーマーで

こもりグセのある彼ですから、

もしかしたら今が本来の姿かもしれません。

 

ただ、そんな旅行と

カメラリセールビジネスを

組み合わせたようなスタイルで

しかも、現金を増やされたのです。

 

 

彼の様なスタイルで

物販、転売ビジネスをされたい方は

本来多いと思いますが

実際はいかがなんでしょうか?

 

結局、クレジットの支払いに怯えるばかりで、

やりたいけど出来ない。

 

そんな状況ではないでしょうか?

 

 

別に地方へ仕入れに出掛けられなくても、

多くの方は数字上は利益が出ているのに

全然、潤った気がしないばかりか、

毎月の支払い日を超えることだけに

一生懸命になっている方。

 

それは利益が出ている様に見えて

その実、売れていないからなのです。

 

 

売れていないと言い切ってしまうのも

使ったお金、支払わなきゃいけない金額を

売上が大きく上回っていないからなのです。

 

これカメラファンの方が

カメラリセールビジネスをされた時に

必ず起きてしまうことの様なのです。

 

というのも

自分が好きなカメラを使って

ビジネスが出来るのならと始められる。

 

利益を旅先で使う資金にしたいと

思われる方が多いのです。

 

が、実際は

クレジットの枠はカメラの仕入れに使ってしまう。

 

使った分、

売上が入ってこればいいのですが、

結局、余裕もない。

 

そんな状況に陥ってしまうのです。

 

それは売れていないのと一緒です。

 

基本的にこのビジネス界隈では

売れた商品で売上を計算されるのはいいのですが、

利益まで

売れた商品の仕入れ額の合計で算出される。

 

実際の使った分ではないからなのです。

 

ただ、このmatoさんは

そんなことを考える必要はない。

 

なぜなら売れすぎるぐらい売れるから。

 

常に平均出品数の

2倍から3倍を月に売り上げるぐらい。

 

20品を平均で出品していても

月に50品以上を売り捌いてしまうのです。

 

100も200も出品しておきながら

月に数十品しか売れていない輩とは

ワケが違うのです。

 

1品あたりの平均単価、

1万円でも2万円でも計算してみてください。

 

どれだけ違うのかがわかるでしょう。

 

 

 

私はビジネスを行う以上、

名目上の数字が上がるだけでは意味がないと思います。

 

やっぱり家族の為に使えるお金が欲しい。

 

SHIMIZUさんのように

毎月旅行に出掛けたり、

エリートサラリーマンのIさんのように、

家族でスキーに行ったり、

別で温泉旅行へ行ったり、

外食をしたりして楽しみたいのです。

 

その為には

差額が出る商品を仕入れるのではなく

早く売れて利益が出る商品で

効率よくビジネスをしなきゃならないのです。

 

あなたが行っているビジネスは

いかがでしょうか?

 

それが実現出来ていますか?

 

 

死ぬほど辛い仕入れリサーチ。

眠い目をこすりながらの出品作業。

 

そんな労力に見合うだけのビジネスになっていますか?

 

もっと効率よく稼ぎたいと思いませんか?

というより

思ってください。

 

犠牲になるのは、

あなただけじゃなく

家族も犠牲になるからです。

 

もっと効率よく

売って売って売りまくりたいのであれば、

売れることに主眼を置いてください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。