woman in blue shirt standing on water during daytime

【2022年6月、潮流は変わった!】ヤフオク・カメラ光学機器販売件数レポート

突然ですみません。

 

本来であれば、

前日に告知。

 

そしてプレゼント配布と

毎月させて頂いているのですが、

今月はヤバイ。

 

過去、2020年5月分から

皆様に無料プレゼントさせて頂いている

ヤフオク・カメラ光学機器

月度販売件数レポート。

 

2年以上プレゼントさせて頂いているのです。

 

だけど、この2022年6月。

いよいよ流れが変わった!

 

 

まず、出品数。

 

去年の7月4日12時の時点で

カメラ光学機器での出品数は、

367,334件に対し、

 

今年7月1日12時の時点では、

304,008件。

 

82.7%

17.3%の減。

 

およそ2割の出品数が減っています。

 

 

なのに、カメラ光学機器のカテゴリ全体。

 

昨対比、98.1%なのですが、

これは1万円以下の商品の動きが悪かったため。

 

1万円以上では、

106.4%

と昨年を上回っているのです。

 

で、驚くべきは

デジタルカメラの伸び。

 

今までは、

フィルム系>デジタル系

 

だったのに対し、

明らかに逆転。

 

デジタルカメラ全体で

昨対比105.6%。

フィルムカメラ全体で

昨対比98.3%。

 

確かに件数を見れば

デジタルカメラが

22,115件に対し、

フィルムカメラが

34,738件と数は多い。

 

だけど昨年との比較では

フィルム系カメラは明らかに減っているのです。

 

 

そもそも出品数が

17.3%の減に対し、

販売件数では、

たった1.9%の減。

 

デジタルが伸びているのに対し、

フィルムが落としている。

 

残念ながら金額ベースでは

数字が出ませんので

件数ベースでしか考察は出来ません。

 

ただ、明らかに

客層に変化が見られる。

 

これは捉えないとヤバイ!

 

特にebay輸出カメラ転売をされていた方は

フィルム系ばかり注目されています。

 

しかし中古カメラ市場では

明らかにデジタルカメラの動きが

活発化してきています。

 

この市場の動きを頭に入れていないと

「あれ?なんだか売れなくなったな?」と

売れなくなってから気づくことになります。

 

と、お伝えしたいことは

“山”ほどあるのですが、

まずは、ご自分の目で確かめて頂き、

 

時代が変わった。

 

潮流が変わった、その“時”を

確認してください。

 

PDFファイルになっております。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ヤフオク・カメラ光学機器

2022年6月度

販売件数レポート

https://truscon.net/g6q4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。