うつるんです。

やっぱりね、リーダーは

病弱じゃダメだね。

 

 

最近の投稿で

病院嫌いの自分が

病院へ行った話。

 

検査により暴かれた不摂生と

私の症状。

 

そんなことをネタにしていました。

 

ただ、最近CTC内で

あまり顔を見せなくなったな~って方に

声を掛けると

病気になった方ばかり。

 

うちはどちらかと言えば

年齢層も高めですから

それもしょうがないのですが

元気だった方々も何故かボツボツと。

 

やっぱり病気はうつる。

 

自分は反面教師として、

もっとヤンチャ爺でいなきゃ

ダメですね。

 

その方がチーム全体的にも

活気が出ます。

 

 

さて、昨日、お渡しした

ヤフオク・カメラ光学機器

2022年9月度販売件数レポート

確認されましたか?

 

メチャクチャ市場が動いていましたよね。

 

私は簡単に、

 

フィルム系は去年よりも

出品数が増えて

販売件数は変わらず。

 

一方デジタルは

出品数自体が去年の2割以上減っていながら

昨年と比べて114.6%と伸びている。

 

とお伝えしていましたが、

その他にも変化は大きい。

 

 

例えば、カテゴリごとの

価格帯を見てくださいね。

 

少し前と比べて、

高単価の商品が売れているのが顕著。

 

フィルム系は悪くはないけど、

良いと言った感じではない。

 

デジタルは元気で活発。

 

レンズは変わらず

独り立ちは出来ていない。

 

そんな状況なのです。

 

 

この状況、

ここ最近の2年位では見られなかったのですが

2019年以前の状況に酷似しているのです。

 

だから一昔前から

「カメラ転売」を始めた方に有利に働いている。

 

CTCのメンバーで言えば、

SIMIZUさん、ICHIKAWAさん、それにYBさん等々。

 

たぶんDoiさんもいいはず。
(まだ報告がない・・・)

 

デジタルをメインにしていた方が

一旦はフィルム系に振って、

またデジタルに戻しつつある方が、

 

いいんです。

 

 

一方苦労している方が

フィルム系をメインにして来た方々、

特にebayをメインにされて来た方が、

低空飛行なのです。

 

 

ただ、販売件数表を見て頂いても

わかる通り、

だからと言ってデジタルなら

何でもいいってわけではありません。

 

無理やりデジタルに方向修正しても

たぶん上手く行きません。

 

なぜなら急に方向転換された方は

単価が低い商品からはじめられるから。

 

これ今、アツいデジタルの傾向とは

違うのです。

 

 

今売れているデジタルは

高年式、高スペック、高性能の

デジタル系カメラ。

 

低年式、低スペックの

安けりゃいいってデジタルでは無いのです。

 

特にデジタルに変更しようとして

コンデジ、ミラーレス一眼の

低年式、低価格商品に手を出そうとされる方。

 

ほぼ売れません。

 

これも売れていないセラーの傾向です。

 

売れていないセラーどうし、

なぜか売れない真似をされる方が多い。

 

ここ気をつけて頂きたいと思います。

 

 

その為にもWORKSHOPを

開催しているのですけどね。

 

今月も行う予定ですから、

ご興味ある方は

アンテナを立てておいてください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

ヤフオク・カメラ光学機器

2022年9月度販売件数レポート

 

昨日のメルマガで投稿しておりますから

確認しておいてください。

 

今回のレポートは

読んでいないとマジヤバいです。

 

もしかしたら迷惑メールフォルダに

紛れ込んでいるかもしれませんから、

救出のご協力を!

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。