それ“以外”じゃなく、それ“以上”がキーワード。

先日、30代のMさんから、

「お、これいいかも!」と思った

やり方を聞いてみた。

 

 

流石に実績者。

 

こういった稼ぐためには、

常に“別”のやり方も考えていて、

とりあえず自分でやって見るということも

出来ているのがMさん。

 

教科書通りじゃなく

教科書を超えて来る辺りが

やっぱりイイのです。

 

ただ本人曰く、

「グレーなのですが・・・」と

前置きがあったので聞いてみたのです。

 

ところが・・・、

 

グレーどころか完全ブラック!

 

この辺りが以前amazonヤフオクメルカリの

各転売ビジネスでも

毎月数百万を上げていた方。

 

ネジが一本抜けてるのです。

 

稼ぐためにはガンガン攻め込むタイプで

起きた出来事に対しても耐性が出来過ぎている。

 

「今は、そんな時代じゃないぞ」と言っていたのですが、

横から入って来たのは、

元ブラックビジネスの経験者H山さん。

 

「あ、その手法、昔ありました。」と

言って来る。

 

だいたいH山さんが「知ってる」と言い出すと

マジ激ヤバビジネスの部類に入る。

 

しかも、H山さん自身が

「やらない方がいい。」と

言って来るぐらいだから、

言わずもがななのです。

 

 

このMさんにしろH山さんにしろ

時々、過去のヤバさをチラ見せして来る。

 

ここにSさんが加わると

「ダメだ!」って話で盛り上がるのが怖い。

 

 

マジで今の時代は

そうじゃない。

 

各プラットフォームの規制も厳しくなり、

取り締まりも行われています。

 

真っ当に行って

稼ぎ続けるのが定石。

 

確かに私も聞いてはいたけど、

今生き残っていることは、

ほぼない。

 

だから私は正統派で、

これからも行おうと思っております。

 

 

ただMさんにしろ

Sさんにしろ認めなきゃ行けないのは、

稼いだという実績。

 

そして稼ぐまでの

ビジネスの取り組み方。

 

言われたこと以上、

教材にあること以上、

ズレているのではなく

ズラすことが出来ている。

 

そして二人の共通点は

『研究者』であるということ。

 

同じビジネスをしていても

研究しているのです。

 

だから思い付きじゃなく

アイデアや仮説を伝えて来る。

 

(今回は違いましたが・・・)

 

やっぱり突き抜けた実績を上げた方々は

ビジネスに対する取り組み方が違う。

 

真面目で真摯。

 

今自分に何が必要なのかを

常に問いながら取り組まれる。

 

だから力を付けるのも早かったし、

今の様に同じビジネスを取り組みながらでも

研究に研究を重ねる。

 

そんな稼ぐ癖がついているのです。

 

 

もちろん本人達にも

合う合わないはあるかもしれません。

 

だけど、自分で理解を始めると

ダッシュが凄い。

 

最初は他の方以上に

ダメダメだったのですが、

「わかっって来た」と言った後の

反撃が物凄かったのです。

 

 

テストを行い

検証を行い、

成功事例はGIVEしてくれる。

 

自然にPDCAのサイクルが出来ているのです。

 

そうそう最近、Sさんは

個別での相談が多く、

だいたいグルコン後やWORKSHOPの後に

質問攻めにあうのです。

 

カメラ転売のこと

カメラ転売以外のこと。

等々、多岐に渡る。

 

まぁ若い方に興味を持ってもらえるのは

嬉しいことなのですが、

切り口が毎回鋭いのです。

 

そして毎回、課題を出せば、

必ず次回までに行って来る。

 

そして自分で行った感想までくれるのです。

 

この辺りは流石としか言いようがない。

 

オジサンも見習うべき姿勢だと

思います。

 

 

ただ私も聞かれるだけじゃ

面白くなく・・・、

 

彼の活動もヒアリングしたのです。

 

それが圧倒的!!

 

いやぁ~、よくぞココまで

作り上げたなと感心するのです。

 

カメラ転売じゃないですよ。

彼のサイトアフィリのノウハウ。

 

これが圧倒的なのです。

 

 

そもそも私の様に

毎月数百点を仕入れ販売していると

一人でビジネスは出来ません。

 

だから私の場合はチームを組んで

ほぼ外注化、組織化を行っています。

 

そうなって来ると

一人では何ともしがたいこともあるのです。

 

例えば先日も外注さんのお一人、

メインで出品をされている方のご家族が

コロナの陽性反応が出たらしいのです。

 

お陰様でご本人は陰性だったらしいのですが、

やっぱり作業は止めなきゃならない。

 

この7月の書き入れ時ですから、

大きなチャンスロスが発生するのです。

 

これ私だけの力じゃ

なんとも出来ないのです。

 

でも、もしサイトアフィリだったら

この様な事態にならない。

 

一人きりで稼ぎ続けることも出来る

アフィリエイトですから

自分が動けなくなったとしても

稼ぎ続けることが出来るのです。

 

しかも初期費用も

ほぼ掛からずランニングコストも

限りなく安い。

 

商品を仕入しなくても

売上がほぼ利益になるというメリットもある。

 

積み上げ算式に

稼ぐことが出来るのです。

 

 

ただ私の場合、

恥ずかしい話ですが続かなかった。

 

先が見えないことに耐えられなかった。

 

「いつになったら稼げるのか!」と

言いたくなってしまっていたのです。

 

簡単に言えば

待ちきれなかった。という感じ。

 

であれば、

商品を仕入れて売る

転売ビジネスの方が私には合っていたのです。

 

 

そんな否定的な話をSさんにすると、

「やまとさんなら、そうでしょうね。」と

笑ながら言ってくる。

 

だけど、Sさん曰く、

そんな方は多いらしいのです。

 

世の中に私のような人間が

そんなに多くいては困るのですが、

多いらしい。

 

ただ、そこからSさんは

単なるサイトアフィリから方向変換させたとのこと。

 

“組み合わせ”を考えられ

日本最速で稼げるサイトアフィリを作られたそうなのです。

 

・・・・・・

・・・・・・

 

コレってさぁ、

自分の為に考えるだけならまだしも

人の悩みから新たなノウハウを作るのって

凄くないっすか?

 

 

「最短で1ヶ月」なんて言われていましたから、

私もツッコんだのですが

サラッと

「まぁ1ヶ月は出来すぎでしたけど

平均でも3ヶ月あれば充分」と言い切られる。

 

「嘘だろ~」って一般の方と

同じ反応をしてしまった。

 

 

だけど研究の度合いが桁違い。

 

まぁ私から見れば

センスのカタマリ。

 

ほらGoogleでも最近同じ検索を行っていても

表示される内容が変わって来たでしょ?

 

そこからヒントを得て、

後はテストテストテスト。

 

検証に検証を重ねて

ノウハウを作ったらしい。

 

私が想像するに時間がメッチャ掛かったと

思うのです。

 

 

転売ビジネスなら検証も

それほど時間は掛からない。

 

私なんて

2週間経っても成果が出ない事なんて

スグに放り出すぐらい。

 

だけどサイトとなると

一定期間は必要。

 

だから一度にいくつもサイトを作って

テストを行ったらしいのです。

 

 

そりゃSさんだって

最初は誰かに教えてもらったのは

間違いがない。

 

だけど、そこから

自分のモノにするために

研究を重ねられた。

 

それぐらい没頭したからこそ

ご自分でも稼がれるのでしょうし、

積み上げ式なのに、

最速で稼げるサイトアフィリ

(ごめん、言葉が浮かばなかった)を確立された。

 

 

本当はノウハウも

イロイロ聞き出したから

言いたいことは沢山ある。

 

だけど、ソコじゃないのです。

 

私だって

キーワードが~、とか

H1,H2,H3 にとか

記事の文字数や出現率等々は聞いたことがありますよ。

 

ただ彼のノウハウはそこじゃないし、

見て頂きたいのもソコじゃない。

 

稼がれた方、

稼がれる方の取り組む姿勢。

 

教材を読みながらも、

それ“以外”じゃなくて、

それ“以上”を行おうとされる。

 

 

我々も

「若いから出来るんでしょ。」

という見方ではなく、

「若い人でもやっている。」という

見方が必要だと思います。

 

 

ビジネスの世界は年齢じゃない。

 

お客様も年齢で

選んでいるわけじゃありませんから。

 

若いモンに負けない様に

頑張りましょう!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。