たった15品の販売で15万円以上の利益。

最近は副業ってのを思い出し、

ボチボチ派の古屋さん。

 

春先の溶かしてしまった資金回収に

躍起になっているH山さん。

 

そろそろ突き抜ける“兆し”を

期待している本田さん。

 

7日までで三人揃って

約15万円以上という進捗状況。

 

そして少し出遅れ感が出てしまったIさんと

ブレないSIMIZUさんは約10万円の利益。

 

6月は中弛みがあって

給料日が見えてきた後に

盛り上がりを見せる月。

 

ボーナスの期待感もあって、

これからの動向に期待しているのが

CTCの状況なのです。

 

 

その中でも、

売れすぎて“危ない橋”を渡っている

本田さん。

 

ヤバいんです。

 

 

まず、出品数が

ざっと数えただけで28品程度。

 

後は小物が並ぶ程度。

 

なのに、7日の段階で

既に18品も売れている。

 

しかも安く売り切っているわけでもなく

18品で約15万円の利益。

 

売上は55万円程度。

 

利益率もいい。

 

 

平均単価は33,000円弱で

単品益は8900円弱。

 

理想的な脱力系でも

稼いでしまった感はあるのです。

 

 

ただ先程申し上げたように、

「危ない橋を渡ってる感。」

 

売れすぎて出品が追い付いていないのです。

 

 

基本的に本田さんの場合、

外注化は進んでおりません。

 

自ら一人で仕入れ、

出品の作業をしています。

 

その中で売れる商品を吟味し

出品を重ねている。

 

のですが、

瞬く間に売れていくから

出品数が増えないのです。

 

そして傾向として

新しい商品は売れて、

旧い商品は残る。

 

だから新しい商品が出品されると、

「おっ、いいじゃないか!」

となるのですが

1日持つかどうか。

 

ほぼ2日目には、

「ショボい、商品ラインナップがダメ!」と

なるのです。

 

 

ちなみに昨夜の段階では

ダメな部類。

 

売れる商品が見当たらないのです。

 

そうなって来ると

売れる時、売れない時の波があって

その波が人が買いたくなる時と

そうじゃない時が重なればいいのですが、

逆になった時にはヤバい。

 

高回転を維持出来なくなってしまう恐れもあるのです。

 

もちろん、

“今”はバシっとはまっているから

いいのですけどね。

 

 

ただ、この本田さんが上手いのは

毎月皆様にもプレゼントさせて頂く

ヤフオク・光学機器販売件数レポートを

じっくり観察される。

 

そして自分が得意な商品と

動向を見定めて狙い撃ちを行う。

 

デジタルの動きが出始めると

自分でもトライしてみる。

 

そんなことを

行われるのです。

 

ですから私も

検証やテストを行うことに、

やりがいってあるのです。

 

やっぱり自分だけが稼ぐのではなく

皆に稼いでもらいたい。

 

だから検証も行って

情報提供もしているのです。

 

 

例えば、こういった

検証結果を行うと

必ずやって見る。

 

【【メルカリ検証結果報告】う~む、グレー?】

https://wp.me/p7rx96-fTy

 

 

マジメでストイックな

カメラ転売を実践されるのです。

 

ただ私の検証結果も

無駄に終わる時もある。

 

その顕著な例がこちら↓

【【検証結果】200より100?】

https://wp.me/p7rx96-g2z

 

それに昨年の秋に行っていた

デジタル系とフィルム系の販売方法の検証結果も

彼には全く必要が無かった。

 

特に最近では

「出品数は50以上ないと

思うように売れ始めませんよ。」というのも

彼の場合は当てはまらない。

 

時々、

「50品に近くなると売上も安定し始めます。」

なんて投稿もあったりしますが、

「その前に、売れているだろ!」と

ツッコミたくなるのです。

 

ただ彼の真似は一般の方は

しない方がいい。

 

かなりマニアック路線を

類まれな商品知識で進んでいます。

 

もし、

最小の出品数で高回転、

高効率を攻めるのであれば、

SIMIZUさんの手法をオススメします。

 

実際今月も7日までで約10万円の利益。

 

しかも、たった16品で売り上げた。

 

出品数も30件台で推移している。

 

しかもデジイチが主力で、

狙う商品の幅を狭くし、

単純に状態にこだわりを持って出品をしている。

 

1ヶ月の間でも同じような商品を何度も売りまくる、

鬼のようなリピート戦術なのです。

 

(こちらのノウハウは、

一般には公開していませんが、

WORKSHOPに参加されると特典でプレゼントします。)

 

私が見ていて

SIMIZUさんは単純明快!

 

本田さんは、超絶マニアック。

 

ニコンのFの前期後期とか、

あんなもんじゃないのです。

 

もっとマニアックなカメラの

もっとマニアックなところを狙ってる。

 

 

この6月、二人共

同じような推移で動いていますが、

全く別々の路線。

 

これも「カメラ転売」の

面白い所だと思います。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

6/20~『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP。

1週間集中して行います。

Zoom講義は、

■6/20(月)は22時から オリエンテーションと「売れる商品の探し方」の実践と講義。
■6/22(水)は22時から 「ライバルセラーの探し方」の実践と講義。
■6/24(金)は22時から 「リストの作成」実践と講義。
■6/26(日)は19時から 総括。

 

Zoom、チャットワークを

使いながら行いますので

参加される方は今からご準備ください。

 

ヤフオク、オークファンも

使い倒しますからね。

 

ご検討ください。

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。