だから初心者の時なんてボロボロだったって!

「だから初心者の時なんてボロボロだったって!」

と叫んでしまった。

 

しかも話をしている最中。

 

 

昨夜、お伝えしたこと

覚えていますか?

 

日々の記録、

日計簿の話。

 

忘れている方はこちらから↓

【最も成果が得られる方法とは?】

https://wp.me/p7rx96-geP

 

活動している時は

最も効果が得られる方法だと思うのです。

 

ただ、自分で記事を作成すると

ついつい日計簿も読んでしまいます。

 

すると過去の記憶が走馬灯のように・・・・

 

辛かった自分や失敗談、

自分がダメ人間だと思ったこと。

 

文字からではなく

自然に記憶が蘇るのです。

 

 

最初は「自分は出来る」と思っていたのです。

 

だけど1週間もすれば

自分の間違いに気づき。。。。

 

 

特にレンズの焦点距離やF値。

 

自分が間違える度に

文句タラタラ。

 

カメラの名前に関しても、

「誰だ!こんな名前にしたのは!」と

覚えられなくてイライラ。

 

しかもMark〇としてくれれば

わかりやすいものを

RとかSとかTとか・・・。

 

だいたい、

非AiとかAiとかAi-s?

 

ROM改?

 

EF? EF-S?

ユニバーサルデザインだって

もう30年以上前からの話。

 

各社全てを統一出来なかったとしても

メーカー内では、それぐらいしろよ!

 

って何度も愚痴ってた。

(今でも思う。。)

 

車のグレードだって

まだわかりやすい?

 

というか自分には

トラップにしか思えなかった。

 

そのトラップに

ことごとく引っ掛かって。

 

 

ヤフオクの終了時間だって

完全に間違っているし、

取り消しミスなんてバーバー。

 

商品名と画像の間違いなんて

バカスカあったし、

商品説明がHTMLのまま

なんてこともあった。

 

そんな時に限って

注目のオークションは上位に設定し、

取り消し手数料と合わせて2000円も飛んで行った。

 

 

まだ出品していないのに

最初からマイナス2000円って・・・と嘆き。

 

 

仕入れをすれば、

相場を見誤った上に、

商品名も間違い、

しかも届いた商品はジャンク品。

 

二重どころか三重のミス。

 

しかも泣く泣く返品をお願いすると

手数料よこせ、送料負担しろ!

 

バトってもしょうがないので、

ジャンク品として出品することに。

 

またもや出品前から赤字確定。

 

まぁ地雷から地雷へ飛びまくっていたのです。

 

 

たぶん、今実績のある方でも

どれか一つは共感出来るでしょう。

 

ただ私の場合は、

全てモレなく経験済み。

 

ボロボロのダメダメだったのです。

 

それが日計簿の

最初の方を読むと蘇って来るのです。

 

“反省”と“気づき”なんて偉そうに言うけど、

実際は人間としてダメだと落ち込んでいたことも

“しばしば”だったのです。

 

40後半で

そんな状態は恥ずかしい。

 

 

だけど、そんな私でも

出来るようになったのは、

ネットじゃなく

リアルな飲み会。

 

これで仲間と話をして

同じようなことを悩んだいた人もいて、

「自分だけじゃない」と思った。

 

チャットワークでは出来ない話も

実際に会って話を聞いて。

 

トイレ行ってメモってた。

 

 

そこから、

いろんな人に教えてもらい、

助けてもらい、

まぁ迷惑を掛けまくっていた。

 

一人じゃ絶対出来なかった。

 

そしてネットだけの

コミュニケーションだけじゃ出来なかった。

 

 

今考えても

そうなのです。

 

人と会っていたから

支えられた。

 

 

良かったのは、名古屋近郊ということ。

 

大阪で飲み会があれば

西へも行けるし、

東京へ行くのも同じ。

 

 

そもそも“名古屋飛ばし”は

このネットビジネス界でも起きていて、

実際に大阪か東京ばかり。

 

そうなると

「遠いから行けない。」ではなく、

「東京で企画があれば参加しよう。」

「大阪でやれば参加しよう。」と

いう考えになる。

 

だから関東の方は関東の方と、

関西の方は関西の方と。

 

同じ地域の方と話をされる。

 

というのが通例だったのですが

私の場合は両方へ顔を出しに行けたこと。

 

コレが大きかった。

(まぁ博多も同じ発想でしたが・・・。)

 

 

結局、稼げたのは

そんな些細なことから。

 

人とは違うこと、

人がやらないこと。

 

そんな事ばかりで

稼げるようなったと思う。

 

そして人と会った数。

 

これも大きい。

 

それにこのネットビジネス界だけじゃなく

普通のビジネス界でも言われる、

「稼ぐ額と移動距離は比例する!」ってのも

実体験でそうだと思う。

 

 

お金も掛かるし

時間も掛かる。

 

私の場合は、

運送業を行っていたから

届出を出すだけでは留まらない。

 

元請け会社への連絡承認、

社員へのスケジュール調整や手配。

 

自分が休めば

他の社員の休日を奪うことになり、

別の日の休日の調整もしなきゃならなかった。

 

元請けには荷物量の調整も

しなきゃならなかった。

 

 

もちろん家族も同じ。

 

「ちょっと出張に行って来ます。」じゃ

済まなかった。

 

いろんな所に頭を下げ

時間を作り、

西へ東へ。

 

だから飲み会も必死で、

何かを掴もう、何かを得よう

タダでは帰らない。

 

そんなことを

行きの新幹線の中では考え、

仕入れリサーチ。

帰りの新幹線ではメモ、メモ、メモ。

 

そんな転売ビジネス以外、

ノウハウ以外で得られたものが、

今に繋がっている。

 

 

そう考えると関東の方って

気の毒。

 

あまりにも集中し過ぎていて、

移動距離だって伸びない。

 

飲み会を開催するにしても

東京を外すことはない。

 

だから「移動距離と比例する。」と

言われたって

どうしようもないのです。

 

意識して地方へ行くぐらい。

 

 

はじめて月収100万超えた時には、

そんなことも記録していた。

 

100万超えたことで

浮かれていた様。

 

限りなくお節介。

 

 

その当時のメモにあった言葉。

 

「ノウハウ知りたがる奴に

稼げるヤツはいない。」

 

「商品の話をするヤツに、

本当に稼げたヤツはいない。」

 

 

誰が言ったのかも覚えていませんが、

なんとなく記憶にも残っている。

 

今だからこそ、

「本当にそうだ!」と言えるだけで、

当時は、「注意しよう」ぐらいにしか

思っていなかったはず。

 

 

ただ意識して欲しいのは、

稼ぐために必要なこと。

 

自分で考える

「自分に必要なことじゃない。」ことは確か。

 

自分では「必要ない」と思っていたことや、

「えっ、こんなことが?」が

本当に稼ぐために必要なこと。

 

それは飲み会だからこそ、

引き出せることが出来たと思う。

 

 

そして記憶と記録。

 

実際に今になって

どれだけ大事なのかもわかる。

 

やっぱりこれもノウハウじゃない。

 

私のようなボロボロだった初心者でも

浮き上がる為には

ノウハウ以外が大事だと思います。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。