アセルナキケン

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

こんにちは、篭橋です。

 

コンテンツを買ってしまって

「失敗した~」なんてことありませんか?

 

思っていたモノと違とか、

「これじゃない」って思う時。

 

つまり自分がイメージしたモノでは

なかった時。

 

 

これね最近多発しているのです。

ええ、私の周りにも 笑

 

 

転売ビジネスであれば、

わかりやすいのです。

 

ebay輸出、amazon輸出、輸入ビジネス、

バイマとか国内転売とかリサーチツールもそう。

 

名前通りのビジネスだから、

わかりやすい。

 

だから転売ビジネスの

教材コンテンツって、

まぁ期待通りの内容かどうかは別として、

ほぼ間違いはないのです。

 

ただ、最近は

コンテンツ販売とかyoutubeとか

TWitter Facebook youtube等々広告を使ったビジネス等々、

多岐に渡って来ているのです。

 

新しいビジネスもあったりして

先行者利益を狙っているモノもある。

 

隣りの芝~じゃありませんが、

目移りする方も多いのです。

 

それで転売ビジネスに飽きてしまったりとか、

稼げなかったから

別のビジネスを探そうとしたりとか、

もう一つ稼ぐ為の柱を作ろうとしていたりとか、

 

別のビジネスを行おうと思う方って多いのです。

 

2020年になって

新しいことを始めようとしている方もいる。

 

飛びつく方って多いんです。

 

だけど、「思っていたのと違う。」

そう言われる方も多いのです。

 

先日もご相談頂いたのです。

 

自分で

「こんな動画だったらYouTubeで皆が見る」

そう思っていた方がいたのです。

 

だけど、その動画があまり伸びない。

どうやって視聴回数を伸ばすのかも自分でわからない。

 

それで教材を購入。

 

だけど購入した教材は、

検索キーワードから視聴時間、視聴回数を伸ばす

そんな方向性の教材だったらしい。

 

キーワード検索からはじめる教材だったらしいのです。

 

そこで落胆。

「失敗した~」って

なってしまったらしいのです。

 

本人からしたら数万円を

ドブに捨てたような気持ちになって

落ち込んでしまったらしい。

 

 

だけど、よくよく考えてみれば、

その教材を使って、

もう一度リサーチを行えば、

 

自分が伸びると思った動画は

あまり人からは見たいとも思われていない。

 

それがわかるだけでも

その教材の価値はあると思うのです。

 

しかも、その教材通りに進ませれば、

自分のチャンネル登録者も増えて、

それから自分が「やりたかった動画」も

生きてくるかもしれない。

 

だから、あながち失敗じゃないと思うのです。

 

それが自分の思い通りにならなかったと言って

「失敗だ!」と

言ってしまう。

 

それで、

「損した!」とも言ってしまう。。。

 

 

そもそも、

自分が思いついたことって

他の人も思いついていることは多いのです。

 

「自分だけ・・・」と

思いたい気持ちはわかります。

 

 

しかし、一旦冷静になって考えて頂きたい。

 

そもそも人がやろうと思って

成果が出なかったから続けていなかったとか、

視聴者の方やお客様も求めていないモノだったりとか、

まずは市場調査をしないと行けないのに、

 

「凄い、思いついた!」と

舞い上がってしまう方って多いんです。

 

しかもね、人に聞いて

感想を聞いてみるってしない。。。

 

人にバレたら先を越されてしまうと

思っているとか、

言わずに自分だけで~って思っているのか、

独占欲とでもいうのでしょうかね。

 

資金がある人に先に越されたら、

自分は負けてしまう って方もいますね。

 

だから本来調べなきゃならない事を

調べない。

 

兎に角、

自分が思いついた事は凄い、

売れる。って思っている様なのです。

 

 

その自信はどこから来ているのか

全く分かりませんけど・・・・笑

 

 

ホント、みんな都合よくしか考えていない。

だからイロイロと失敗する。

 

教材を購入する時でも、

自分にアイデアが生まれた時でも、

リサーチをしっかりしていない。

 

中途半端な思い込みが

先に立っているのです。

 

自分でいいアイデアが浮かんだと思ったら、

本当にそのアイデアが

人にとってお金を払うだけの価値あるものなのか、

大切な時間を使って“見たい”と思うモノなのか。

 

ちょっと冷静になって調べた方がいい。

 

教材を購入する時にでも

自分が求めているものが

そこにあるのかも調べないと・・・・。

 

よろしいでしょうか、

オジさん。

 

オジさんに多いんですよ。

そんな事例。

 

急ぎたい気持ちはわかりますが、

まずは、

アセルナキケン。

 

一度冷静になって見ましょう。

 

間違っていることを正しいと思い込む。

そんな中高年は多いです。

 

気を付けて下さい。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。