オジサンは自分の年齢を忘れている!

さて8月に入って

新しい出会いもあれば

別れもある。

 

2年間もの間、

CTCカメラ転売クラブに参加をしてくれた

古屋さんが卒業された。

 

最初のうちはナンダカンダ言いながら

伸び悩んで去年一気に伸ばされた。

 

月利100万を超えられると

満足してフェードアウトされる方が多い中、

 

副業でありながら

既に月利100万円を何度も超えていたし、

その都度助けられもしました。

 

本当に感謝!だけなのです。

 

よくぞ、CTCカメラ転売クラブに

参加をしてくれた!

 

ちょうど2年前の7月に参加をされましたから、

いい機会だったと思います。

 

これからの彼の活躍に

期待します。

 

 

さて、そんな彼も

厄年前に参加され、

気づいてみれば後厄も終わった。はず。

 

見た目は若かったけど

世間一般ではオジさんと言われる年齢だったのです。

 

で、最近思うのは

オジサンは自分の年齢を忘れているということ。

 

 

平気で「自分にはまだ早い。」と言われる。

 

これ、おかしくないっすか?

 

もちろん既に稼がれていて

生活に不安もなく余裕もある。

 

それならわかります。

 

でも、今現在の生活に満足されていない。

お金にも不安がある。

 

なのに、

「自分には、まだ早い!」

 

それって、いつになったら?と聞きたいのです。

 

 

で、良く言われるのが、

「今取り組んでいることがある。」と

言われます。

 

だけど、それを行っても

なかなか伸び悩んでいるのでしょ?

 

それは、ご自分にも問題はあるし、

もしかしたら自分には合っていないことだってある。

 

それがわかるまで

待つつもりなのでしょうか?

 

それ、わかるの何時?

 

 

そもそも考えても見てください。

 

今まで自分が生きてきた人生と

これからの人生。

 

どちらが長いのでしょうか?

 

ほとんどの方が折り返しを過ぎ、

これからの人生の方が短いと思います。

 

ということは

今まで出来たいたことも

これから出来なくなることの方が多いはず。

 

身体のことも、頭のこともそうです。

 

出来るようになることよりも

出来なくなることの方が多くなるのです。

 

なのに、

「自分には、まだ早い」なのでしょうか?

 

遅いぐらいだと思いませんか?

 

 

それに、

「今取り組んでいることがある。」と言われる方。

 

自分の取り組み方にも問題はありませんか?

 

そもそも取り組む量を

自分で絞り込み過ぎていませんか?

 

それって自分で自分の可能性を

潰しているだけですよ。

 

 

例えば、私の場合

全くの初心者でカメラ転売に取り組み始めたのが

47、8歳の頃。

 

パソコンも苦手

カメラも知らない。

 

そんな状態で始めました。

 

もちろんヤフオクにも

はじめて登録して・・・・。

 

それでも2ヶ月目には

カメラ転売をしながらブログを始めています。

 

アーカイブで確認してみてください。

 

ああ言い忘れましたが、

その時は運送業でしたよ。

 

自分でも配達していましたし。

 

その後に動画コンテンツも作り始めていましたから、

まだ月収も数十万程度。

 

やっぱり私も100万円を目指していましたから

実際は試行錯誤の真っ最中でした。

 

もちろん自分でも出来るかな?と思いましたし、

無理し過ぎかもしれないと思いましたよ。

 

自分は出来る人間だとも思っていなかったし!

 

 

だけど、人間。

 

やってみれば出来るもので、

「出来るわけない」と思いながらでも

やってみれば出来てしまうことだってある。

 

やり始めてしまって、

やりながら出来る様になってしまうことだってある。

 

 

それよりも

「やらない。」と決めてしまうことに問題があって、

しかも

「自分には、まだ早い!」って

「何時になったら?」と聞きたくなる。

 

 

今のご自分の年齢に

3年を足してみてください。

 

おいくつになられますか?

 

その時の自分に

“出来る”期待が出来ますか?

 

 

私は3年後の自分に

今よりも量をこなせる自信はありません。

 

 

もう目の前に老化が始まっているのですよ。

 

今は下降線の真っただ中なのです。

 

だから時間を空けてしまうと

出来ることも出来なくなる。

 

今出来ても、来年には出来ないこと方が多い。

 

だからこそ、今負荷を掛けて

少しぐらい無理をしないと

出来ることも出来なくなります。

 

 

私を含めて、

ほとんどの方は凡人のはず。

 

類まれな才能もなければ

天才でもない。

 

なのに、

「今の自分には、まだ早い。」は

自分に期待し過ぎているのかもしれません。

 

 

 

そもそも「一歩づつ確実に!」と言っている人ほど、

前に進んでいません。

 

稼いでいる人を見てください。

 

一歩づつと言いながら

一歩づつの方はいません。

 

複数のことに取り組みながら

選んでいるだけです。

 

 

3年後、来年じゃなく

今日出来ることも明日には出来ない人もいます。

 

というか

そんな方の方が多いはず。

 

1分1秒を大切にし、

即断即決即行動を心掛けてください。

 

それが一番生き抜くコツかもしれません。

 

 

 

来年のあなたは

いくつですか?

 

若いと言えますか?

 

厳しいですが現実です。

 

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

 

【追伸】

今月もWORKSHOPを行います。

 

現在、講師と調整中。

 

スケジュールが決まりましたら

お知らせします。

 

ご期待ください。

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。