フツーが一番稼ぐ!

フツーがいんですよ。

フツーが!

 

フツーが一番稼ぐ!

 

最近、高学歴、専門的な方もいらっしゃいますが、

ウンチクなんて必要ないのです。

 

何も捻らず、ストレートに考えた方が

成果が断然上がるのが、

カメラ転売なのです。

 

 

売りたいのであれば、

どうやれば売れるのかを考え、

仕入れたいのであれば、

どうすれば仕入れられるのかを考える。

 

こう単純に突き詰めていけば、

結局は小手先のテクニックにも頼ることなく、

王道の“道”が見えてくるはずなのです。

 

なのに出来ない人は、

何か魔法のようなことをしていると

うがった見方をしてしまいます。

 

結局、伸びないのです。

 

 

例えばです。

 

稼いで実績がある人は、

商品を見ます。

 

しかし、実績が上がらない人は、

仕入れる場所や方法が気になってしまいます。

 

売っている人は、

売り方にこだわり、

実績が上がらない人は、

どこで売るのかを拘る。

 

そんな状況が生まれているのです。

 

確かに、より効率よく

仕入れ作業も行いたいし、

より早く、そして高く売りたいと思うのは

誰でも同じです。

 

しかしながら、売るという行為には

必ず相手である買い手が必要になるのです。

 

その買い手、つまりお客様が

何が欲しいのかを考えず、

自分が仕入れた商品を提案したとしても

ほとんどの人が見向きもしません。

 

もちろん“ニーズの発掘”を考えるのは

悪くはありません。

 

しかしながら、カメラが趣味の方は

常にアンテナを掲げ、

新しい情報を手に入れようとしています。

 

そんな方に、

「この商品どう?」と言っても

そっぽを向かれ見向きもされないのがオチなのです。

 

だから王道で考えれば、

「何が売れているのか」を知ること。

 

これを知ることが大切で、

これはどんなビジネスでも通じる話なのです。

 

 

同じように、どこで売るのかについてもそう。

 

例えば、amazonがあります。

 

しかし、一般の方は

amazonで中古の商品のイメージはありますか?

 

確かに、取り扱いもあるし、

出品もされています。

 

しかし、中古のカメラやレンズを手に入れたいと考えた時、

パッと最初にamazonがイメージされるでしょうか?

 

それよりもヤフオクやメルカリの方が

イメージされることが多いと思います。

 

そしてヤフオクでは、

商品を見られるより、

出品者を見極めようとされる方がほとんど。

 

「この出品者は信用できるかな?」と

調べられる方がほとんどなのです。

 

であれば、どうすれば信用されるのかを

考えた方がいい。

 

騙して煽って売ったとしても

結局は「悪い評価」がついてしまい、

信用も得られなくなるだけです。

 

話をすれば、とても単純で

誰でもわかるような話です。

 

しかし、穿った見方をしてしまうと、

王道の道筋を見極めることできず、

結局稼げなくなってしまうのです。

 

それよりも、

コツコツと“売れる商品”を探し、

リサーチを行った方が時間の無駄にもなりません。

 

売れる商品さえ把握出来てしまえば、

仕入れる場所はどこでもいい。

 

それこそ、ネットショップでも

ヤフオク、メルカリ、ラクマでも

商品を探せばいいだけです。

 

そして売れる商品であれば、

どのプラットフォームでも売れます。

 

確かにプラットフォームによっては

集まっている方々の年齢性別趣味嗜好が

違うかもしれません。

 

それによって売れる速さが

変わるかもしれませんが、

「売れない。」と悩むことはないのです。

 

結局、単純明快

ストレートに物事を考え、

実直に取り組んだ方が早い。

 

しかも稼ぐし、成果もあがる!

 

イロイロ考えて

危ない橋を渡るのは

命を縮めるだけです。

 

王道が一番!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

2021年も

「売れる商品の見つけ方」WORKSHOPを

開催して参ります。

 

今年一発目は

1/18(月)~1/24(日)までの

一週間を予定。

 

過去参加された方の感想アンケートは

こちらをご覧ください。

https://truscon.net/5syz

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。